GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

空のキモ妖怪、フスマとの大決戦! とらさん、今週頑張りすぎィ!!

イメージ 38

イメージ 26

 とらさんスゲェ! 物知りだし火も吹けるし、飛行機まで持ち上げちゃうとか、さすが! マジリスペクトッス!
 一話完結、妖怪がどうたら説明している暇もない
 忙しい大決戦だった!

 アイツに遭わずに済んで、良かったかもなぁ……!

壮烈なるオープニング詐欺!
 ただアレだ、OPでの大立ち回りは演出だったのかなーってのは、ちょっとアレでしたね。
 今週も友情パワーだ!

 しかし、妖怪にまで嫌われてるとか、白面さまどんなヤツなのか。

機長『勇…、負けるものか、この化物めぇぇぇぇえ!!』

イメージ 2

 冒頭は「一ヶ月前」、熱い人だったのに……。

苦手なヤツ
 さて、空路で北海道を目指すうしおだが、偶然、居合わせた少女の父が「空の妖怪」に殺されており
 同じ空の妖怪、フスマの襲撃によって窮地に。

 そいつは火が弱点だが、巨体ゆえ、少々の火では通じない厄介な怪物。

 うしおは「勇」と協力して槍で戦い
 とらとの連携で、フスマを「実体化」させるや、自衛隊に焼却処分にして貰うのだった。

 次回、第九話「風狂い」。

とら『なんだコイツは! でっけぇなぁ! 飛行機っつったな?』

『な、アレに乗るんだろぅ?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

 この長飛丸さまノリノリである。

明暗の空港
 さて、初めて見る「飛行機」にはしゃぎまわるとらだが、その後ろはシリアス130%であった。
 冒頭の機長の娘、勇がいたのだ。

 でも…、本当なんだ。アレは化物だった……。信じられないが…。

 勇ちゃん!
 彼女に説明する自衛隊のオジさん。

 厚沢さんは、あの「化物」を目撃したのだったが、レーダーに映らず証拠は無く―――。

うしお『(妖怪だよ…、化けものの話だよ……!)』

『オイとら! 今の話のヤツは、どんなヤツなんだよ!』

イメージ 5

 オープニングの「空の巨大な怪物」、ソイツは衾<ふすま>という怪物だった。
 空を住処とし、人間を時折ごそっと食う怪物

 しかも、切っても殴っても雷でもダメという難物。

 会わずに済めば越したことは無い。

とら『あいつの弱点は…、お歯黒の歯と、いっぱいの炎よ……』

『そんなもん、空にある?』

イメージ 6

 フスマ、弱点少なすぎ問題という事で、とらが「戦わない」と明言するほど。
 無論、こちらには獣の槍あれど
 ヒトは飛べません。

 しかし、とらさんホントに物知りだなぁ。

とら『え!? 空飛んでるじゃねェか!? すげぇぞ潮ーーーっ!!』

イメージ 8

 そんなとらも、あの巨大な鉄の塊が「空飛ぶ道具」とは知らず、離陸にビックリ仰天する!
 なお、多数の人が巻き込まれた模様
 迷惑な子!

 とらのビックリ現代記、毎回めっちゃ楽しそうで何より!

 一方―――

勇『あたしは、近くに居られるだけでもいやなのよ…、人殺しのおじさん』

うしお『―――人殺しとは、尋常じゃないな?』

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

 おじさんの言葉も、どうにも直球なのよね。 

絶対に許さない
 勇は、自衛隊の厚沢さんが父を殺し、その罪を“妖怪”のせいにしてると思い込み
 空で死んだ父に、震えが止まらぬ想いをしていた。

 不思議だな? ハナから、この突飛な話を信じている顔だ。

 隣り合わせ、彼女の震えを支えるうしお。
 流石にテレてる…!

 一方、厚沢氏は保護者の心境だが、言い訳のしようがない事に亀裂は深まる。

 彼はうしおに、「勇の父」の事情を語るが―――

厚沢『まさか…、でもこの圧迫感! あの時と同じじゃないか!?』

イメージ 11

 しかし、以前「鏢」との一件で語られたとおり、獣の槍は“妖怪を引き寄せる”性質をも持ち
 そのせいか、フスマに襲われてしまった

 バケモノが出たなら、例のクソ槍でとっととヤッつけんかい!

 アレが「獣の槍」だと忘れるな!
 一話の頃に比べ、槍がどんどんスゲェシロモノだと感じてくるシナリオ!

とら『落ちたなら、飛べば良いだろうが!』

うしお『人間は飛べんのだバカたれェ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 やるしかない! こんな事で根を上げてたら、怒られますよね、檜山飛行長!

空妖「フスマ」
 高度が下り、パニックに陥っている乗客のド真ん中で槍を取るわ、独り言だわ髪が伸びるわ!
 不審者と化したうしおだが、とらを送り出すことに成功
 乗客びっくりである。

 あ? なんだ長飛丸か? ヒッヒッヒくたばったって聞いてたのによぉ?

 喋るの!?
 対するフスマって割とチンピラっぽい!?

 昔と同じ個体だったのか。

とら『おめぇが要らん事するから、ワシがこんな目に遭うんじゃぁぁぁぁッ!』

ふすま『ひぇぇぇぇぇぇぇぇっっ!?』

イメージ 15

 怒りのとら、火炎放射でふすまをなぎ払う―――、っていうか火も吐けたの!?
 とらさん多芸すぎィ!

 おかげで、飛行機は一旦安定を取り戻すのだが―――

とら『おい潮! おめぇまさか、安心してんじゃねェだろうな?』

『まだ試合続行中よォ!!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ヒッヒッヒッ! それっぽっちの火じゃあ俺はヤれねぇ!!

八方塞がり火を求む
 やはり、とらの火力では巨体を焼ききる事はできず、自衛隊の協力が必要だと結論するが
 ふすまは、厚沢が出会った時と同様
 レーダーに映らない

 怪物に襲われ、操縦不能<アンコントロール>! 至急、武装した戦闘機を要請します!

 要請が突飛すぎィ! 
 無論、こんな寝言では自衛隊は動かないワケで!

 せめてレーダーに映ってくれれば、「不明機」相手に、自衛隊が動くはずなんですが―――!

とら『ケッ! 何でアイツは、他人の為にあんなに怒れるんだ!』

イメージ 21

 とらは、獣の槍なら壁を透過し、直接フスマを狙う事も可能だろうと推測
 奴を機上に留めるべく、再び近接戦に

 とらさん頑張りすぎィ!

潮『くっそぉフスマぁ! 人間がいつも食われるだけだと思うんじゃねえぞ!』

勇『蒼月君! 私もやる、私だって泣いてるばっかりじゃ、イヤだ!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 まーたこの子は!

「獣の槍」入刀
 やがて、まったく事情の解らない乗客のド真ん中で、うしおは勇と「獣の槍」を天井へ!
 上のフスマを易々と切り裂いてしまった
 さすが!

 ヒェェェ! だが、これぐらいではくたばらねェよ……!

 が、まだ生きてる!
 フスマさん、大概しつこい妖怪である!

 幸い、「透明化」は解けたものの、機体と密着していては自衛隊も手を出せず――――

うしお『とら! 俺をこの飛行機の背中に連れてってくれ―――!』

『皆がんばってんだ…、なら次は俺の番さ!』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 お前も、こんな事までよくやるよなァ……

化物を信じる
 ならば、次は俺が頑張る番だと言い、うしおはとらに連れられ飛行機の機上へ!
 さすがの槍も、飛行能力までは貰えないらしい

 アイツに遭わずに済んで、良かったかもなぁ……!

 とらが燃やして!
 逸らして、うしおが一刀両断!

 飛行機から引き離し、仕上げはミサイルで炎上させるコンビネーション!

 可燃性だったのか大炎上! フスマは、白面に会わず済んだ幸福を口にし、焼け落ちる――――

厚沢『車輪が出ないんだ!』

イメージ 32

 かくて、フスマは退治したものの、散々締め上げられた機体はガタガタになっており
 着陸脚が出ず、このまま飛び続けるにしたって
 いつ分解するか判らない

 倒したのに、置き土産で絶体絶命になっちゃった!

うしお『怖ぇ……、やっぱ死ぬのか……?』

とら『あーっはっは! 死ぬ? 怖い? いつもイバってるお前が!?』

イメージ 33

 なお、自分は飛べるとらさん、「死」を実感した潮を言葉責めにするファンサービス。
 この大妖怪様、性格悪ィ!

 なお

うしお『解ってるって……、飛行機持ち上げる事もできねーだなんて…』

『でも…、ハッ。何が大妖怪だか』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 いや、車輪を叩きだすのかと思ったよ!

いよいしょォォォッ!
 窮地は、うしおの特売レベルの挑発にノッたとらが、一人でなんとかしてくれました……
 とら、パワーありすぎィ!?

 また…、会えるよね?

 胴体着陸同然!
 てか、滑走路の二次被害で地方経済が大変だ!?

 ともあれ、超人めいた二人に、厚沢さんは「事情がある」と察してくれる。

 彼ら二人の感謝を背に、二人は北海道の地へ―――!

次回、「風狂い」。北海道で風使い………?

イメージ 20

 一応、時間軸は現代になってますけど、格好は原作そのままなのね。多分。

怒涛の一話完結回!
 以前の、先輩の一件同様に展開が早い! めっちゃ早い妖怪退治回だった!!
 ゲストヒロイン、勇の制服の古めかしさに
 なんとなく時代を感じます

 さて、北海道に移動するだけで一話使っちゃいいましたが、彼らを待つ「おじさん」とは?

 しかし、たぶん「槍」が引き寄せてるとはいえ
 妖怪との遭遇率高いね!
 コナン並み!

 次回、第九話「風狂い」。




この記事に


.


みんなの更新記事