GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

※2017年8月追記、新章スタートとの事。

今シリーズで完結…、だと…!? いい最終回だった! ※続刊

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像は右下隅クリックで拡大可能。

 実は、体内の主要臓器が「別人」と化していたネオ麻雀仮面、その種明かしといい怒涛の巻だった!
 残念ながら、終戦後に関してはほぼ語られず
 現代政治には触れないまま

 とはいえ、驚きも笑いもツッコミも盛りだくさん! いい最終巻だった!!

復活のジュンイチローエンド
 実際、現実に照らし合わせると「小泉氏は、甦らないほうがよかった」オチも予想できましたが
 丸く収まるスッキリした最終巻に。

 政治ネタから歴史ネタに移行、ナイスフィニッシュな最終巻だった!

体一つと、あと相応の道具があれば、麻雀はどこでだって出来るから

イメージ 4

 爽やかな最終回だったんだぜ!

ナイスフィニッシュ!
 眠りより目覚め、原初共産主義回帰を謳うネオ中華ソビエト連邦共和国、その首魁を打倒した真田達
 彼らの切り札、“真祖”レーニン復活は自滅に終わったが
 その“兵器”麻雀仮面は猛威を振るう

 彼は月で死んだ小泉ジュンイチローの肉体に、元ソ連No.2トロツキーが寄生した共生体だったのだ。

 ジュンイチローの攻撃麻雀力
 そこに、トロツキーの、“消麻雀力”が同居する矛盾した最強生物!

 だがアシモが捨て身でトロツキーを切り離し、魂を失ったジュンイチローに、愛息・真田は渾身を叩き込む!

 凪を取り戻した海には、ただ無邪気に楽しむ麻雀バカ親子だけが残ったのだった―――(完)。

「なんだあれは!」って言いたいのはこっちだよ!!

イメージ 8

 しかし、麻雀仮面の正体は衝撃的だったというか、「無の力」はトロッキーのものだったのかよとか
 ならネオにならなくても、最初から使ってればいいじゃんとか
 もう、色々すげえ展開だった!

 体の主は、ソ連建国の立役者、元No2から「代替わり」で凋落した男だったとは…。

 ていうか知ってたけどスターリンひでえ!

大変雑な方法で暗殺された

イメージ 9

 本来、レーニンの跡を継ぎソ連のトップとなるはずが、スターリンがその地位を得た事で凋落
 一転して亡命の憂き目を見たという元英雄。

 現実主義であったスターリンに対し、彼は、レーニンの政策継承を夢見て死んだ男だと。

 しかも最期がこんなんとか、そりゃ化けて出ますわな。

まあ、もっと怖いのがこの元アイドルだが!

イメージ 7

 この真相に、即、レオン・トロツキーを爆殺にかかる元国民的アイドルすげえ! 躊躇いがねえ!
 さすが酒井 法子、いやうさピーさんやで!
 最後まで謎だったこのヒト!

 てゆーか、なんで手榴弾もってんの…?(ごくつぶしのタイゾー)

 全くの同感であった!

アシモ『私はこの為に派遣されたのです、真の姿をお見せしましょう!』

イメージ 6

 アシモ・デストロイモード!

可能性の獣
 そして、ジュンイチロー氏を物理的に救ったのはかつての友、マシーン・アシモ!!
 もう、ホントこのメカ野郎やりたい放題だな!

 どこのユニコーンガンダムだ貴様!

 まさかのアシモホームランも炸裂するし、大活躍だった!!

収録内容

イメージ 5

 覚醒小泉氏も、ナイス笑顔だった!

 近代麻雀コミックス「ムダヅモ無き改革 16集(完)」。大和田広樹。
 近代麻雀(月2回発行)連載、蠱歃駛屡行。
 2015年10月発売(前巻5月)

 第130〜138話、血戦!! 尖閣諸島沖波高シ!! 55〜63まで収録。
 思えば、現代政治ネタにあまり触れなくなった時点で、終わる事は決まっていたのでしょうか?

 現実に小泉氏、首相として最後の年となった2006年にスタートし
 当初、不定期連載から9年の長期連載に
 お疲れ様でした


この記事に


.


みんなの更新記事