GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

成程、お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないんですね。わかります!

イメージ 7

イメージ 41

 結果からいえば、新ヒロインこと妹の参戦によりステラさん暴走、いやー乱世乱世だった回!
 やはり、下手にプレッシャーをかけちゃいけないんですね
 あのヒト暴走癖があるからね!

 悔しい、諦めないって気持ちを大切にするテーマも良いよね!

ライバルだから水属性
 ってなワケで、挑発され悔しがった姫様が暴発した回でしたが、雫ってアレ妹さんだったのね
 髪の色からして、遺伝子が仕事しなさすぎィ!

 巨乳炎使いと貧乳水使い、対比になりすぎてなにこれひどい!

『別にイヤだなんて言ってないでしょ! むしろ逆っていうか…』

イメージ 2

 冒頭から完全にデレていくステラ。まぁ前回が前回でしたし。

戦友たちの入浴
 黒鉄一輝は、大戦時の英雄の家に生まれながら、一切の素質がない事から冷遇された少年だった
 だが、その冷遇と曽祖父が「諦めない」大切さを噛み締めさせ
 少年を強く育て上げた

 その妹、兄に対する冷遇を知った雫は、四年ぶりの再会に愛を囁く少女となる。

 家族が兄から全てを奪った
 なら、自分が兄に全てを、愛を与えられる存在になろうと。

 彼女との邂逅に危機感を覚え、また一輝の過去に想いを強くしたステラもまた、浴場で欲情するのであった。

 次回、第3話「落第騎士掘廖

担任『校内選抜戦は、3日に1回は必ず試合があるって思って良いよ♪』

モブ『えー、めんどくせー…』

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

 機会だと考えるか、めんどくさいと考えるか。

略して学戦
 入学式、新高校一年生である面々に、今年の学園対抗戦に向け「校内選抜戦」が開かれると告知
 希望生徒の対抗戦で、実力によって選抜する

 カタログ値による選抜でなく、実力が物をいうワケだ。

 去年は数値選抜だった
 それゆえ、一輝は成果も残せず留年したらしい。

 だが今年から理事長が代わり、また、前回の大暴れで一躍有名人に。

 いかにも腹黒そうな眼鏡も参戦って寸法よ!

ユリちゃん『実は先生、一日一リットルは吐血する体質でね……』

イメージ 4

 去年は、とある理由から前理事長に冷遇されており、そんな彼を入学まで導いたのが彼女。
 痛々しいフレッシュ先生であった

 どんな体質だよ!

 でもまぁ、現理事長の庇護が無い頃から導いてくれた、良い先生なのね。

雫『ようやく見つけました…、お久しぶりです、お兄様♪』

イメージ 7

 そんな一輝くんを(性的な意味で)襲った少女は、彼の妹であった――――。
 ていうか、完全に糸を引いてるんですが

 外国では挨拶みたいなものです♪

 ねえよ!

外国の王女『あたしの国では、そんなキスはしないわ!』

雫『他所は他所、ウチはウチです♪』

イメージ 10

イメージ 11

 外人にツッコミを喰らい、即座に都合よく修正する妹「黒鉄 雫」、なんて逞しい子なんでしょう。
 どうも、四年ほど会ってなかったとか

 今の私達には、夜のまぐわいすらただの挨拶――――

 学内総ツッコミであった。

雫『―――どんな関係ですか?』

ステラ『一輝はあたしのご主人さまで、あたしは一輝の下僕なんだからぁ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 この姫さまを追い詰めてはいけない(教訓)。

ただの大惨事だった
 結果、生徒の面前でステラまで大暴発してしまい、引火した雫も殺意の波動が目覚めたことで
 見事な爆発オチとなってしまうのだった

 この二人、むしろ相性ピッタリなんじゃね的な口論!

 昭和感すらある言い争い
 その結果、二人は校内全てのトイレ掃除という、これまた昭和感のあるオチに。。。

 ハーレム展開が急加速しすぎだぞオイ!

 だが嫌いじゃない!

雫『血の繋がっている者にしか、解らないこともあります!』

イメージ 21

 その帰り道、身体の相性の話じゃなくて真面目な話、雫は兄への思いを口にする。
 一輝は、ずっと誰も教えてくれなかったから
 見取り稽古で強くなった

 彼は、名家でありながら才能がなかった為、家族から黙殺されてきたのだと。

 普通の家庭より、逆に辛い環境だったってワケね。

明らかに男『あたしは有栖院 凪、友達はアリスって呼ぶわ♪』

イメージ 22

イメージ 23

 その雫、あてがわれたルームメイトは、やたら飄然としたオカマさんだったが
 彼の雰囲気に飲まれ、全てを話してしまう。

 雫は兄の冷遇の事実を知り、妹だけじゃなく、彼の「家族」そのものになろうと決めたのだと。

 それが愛だと。
 めっちゃ暴走してたけど、そんだけ兄ちゃんが大切なんですな。

アリス(男)『雫って、人間嫌いでしょ?』

イメージ 34

 対するアリスは、「似たような人間を知ってる」と笑ってましたが、彼自身の事なんでしょうか。
 人間嫌い同士、仲良くなれそうだと。

 なるほど、異性同士をルームメイトにしたがるアホ理事長、ちゃんと考えがある人なのね。

 トラウマが故のオカマさんなんでしょうか?

一輝『それでも一方で思ってたんだ、このまま終わるなんて悔しいって…』

回想の曽祖父『―――その悔しさを捨てるな。まだ諦めてねえ証拠だ』

イメージ 26

イメージ 29

イメージ 31

イメージ 36

イメージ 37

 実家は、家の恥だと学園に手を回して「評価されないよう」にした為、去年は留年。

戦友だから問題ないね
 一方、一輝は「環境に屈しなかった者同士」の共感で、ステラにその過去と戦う理由を話す。
 諦めない孫に、庇護を与えるような真似はせず
 戦うよう促した曽祖父

 互いに、天才と凡人の違いはあれ、才能に甘んじずに上を目指すと決めた者同士!

 再び意気投合する負けず嫌い
 しかし、負けず嫌いのステラさんは今週も大暴走

 胸…、好きなの? さっきから、あたしのも見てたしずっと〜〜〜…!

 完全にいやらしいお店だコレ!

ステラ『どうなの、(女の人のムネ)好きなの?』

一輝『……好きです』

イメージ 41

イメージ 42

 要はアレだ、貧乳だけど確かな絆がある妹さんに対し、優位性を確認する行為、プレイだよ!
 やがて、水着が取れるほどに夢中になって押し付けた結果
 無事、一輝が死亡した模様。

 ってコレ、ただの国際問題ですよ理事長!?

 下僕宣言といい不味いですよ!

次回、「落第騎士供廖もうちょい捻ろうぜ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 エンドカード、妹さんではないのか!

侍の妹はニンジャ
 なるほど、大剣使いで巨乳で火属性のステラに、小刀で貧乳で水属性の雫という寸法…。
 ラスト、水滴が流れる描写がとてもアレだと思いました
 同居生活のお約束だからね!

 しかし、PVで口げんかしてた気がしますが、まさかここまでアレな子だとは。

 いいぞもっとやれ!
 実家が名家、家の恥だと冷遇されたのがバネになったって事か。

 次回、第3話「落第騎士掘


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事