GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 一期は2014年4-6月、春アニメでした。

皆! 心ぴょんぴょんする準備は出来たな! ってな感じの一話目だった!

イメージ 34

イメージ 13

 いやはや、中学生組ふくめてオールスターだった上、シャロちゃんの貧乏設定とか盛り込みつつ
 面白いし可愛いし、ティッピーでダンディな良い一話目だった!
 お姉さん(多分)も楽しみ!

 あとエンディング、スタッフが何人死んだか心配なくらい動いてたし、絵コンテ演出がきんモザ監督だった!

ナイスダンディ!
 しっかし、OPED正規で流した上にCパート付、時間感覚がおかしいくらい盛りだくさんな初回
 予告も安心のダンディ&ガーゴイル様。

 私基準では、期待を上回る一話でありがとうございますとしか!

ポイって今日を投げださない♪ 約束しましょう―――♪

イメージ 2

 ノーポイッ!ってそういう意味ね!

生真面目無愛想で他称妹
 ココアは、実家に写真を送ろうと思い立ち、皆に次々と声をかけていくのだったが
 肝心要の「妹」、チノが撮らせてくれなかった。

 実は、チノは笑顔下手に悩み、ラビットハウスに取材が来なかった事も悩みに拍車をかけた。

 ココアの励まし
 また、取材もちゃんと訪れてくれた事で笑顔になっていくチノ。

 やたらフラッシュをたきまくる、チノの自称姉との生活は、まだまだこれからも続いてゆくのだ。

 次回、第2羽「灰色兎と灰かぶり姫」。

はじまりは「おかえりなさい」と「ただいまです」から!

イメージ 8

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7

 街をふんわり歩いて帰ってくるチノちゃん、一期冒頭のココアみたいだった!

さあ写真を撮りましょう!
 下宿開始から早一年近くが経ち、実家に送る為に、チノの自称姉・ココアは写真を撮りたいという
 おかげで、初回からオールスター出演!

 あまり無理強いするなよ?

 軸は、写真を嫌がるチノちゃん
 彼女の写真をとる為に、方々に相談して回るって寸法よ!

 今期も、リゼちゃんとシャロちゃん、気持ちよいくらいノせられててかわいい!

チノ『ココアさんのようには、出来ないです…』

ティッピー『健気じゃのう…』

イメージ 5

 そんなチノが撮られたがらない理由は、うまく笑えないからという……。
 落ち着いてるようで、コンプレックス多い子なのよね

 これは爺ちゃん心配ですねえ…。

千夜『はぁっ! お盆三刀流ーーーーっ! そぉれそぉれっ』

ココア『それでこそいつもの千夜ちゃんだよー!』

イメージ 6

 一方、千夜ちゃんは安心の通常営業っていうか、ココアの対応がおかしいよ!
 いつもってどんなんだよ!

ココア『チノちゃんに合わせるから、無理に笑わなくて良いからね♪』

チノ『そうですか…?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 ワシもチノに合わせよう、とかいうティッピー清川氏ボイス好き。

笑顔笑顔!
 結局、くどき倒して撮ってみたらダウナーだったり、千夜ちゃんが乱入したりでグッダグダ!
 けれど、それこそ幸せのツボで――――

 ココアさんは、本当にしょうがないココアちゃんです。

 ありがとうございます!
 お盆両手に、キラキラした笑顔のチノちゃん!

 笑わない子の笑顔って良いですよね!

 二期初回から良い最終回だった…、なお。

リゼ『それ…、笑顔じゃなくて嘲笑だ……』

イメージ 13

 カメラさん、正直すぎるやろ……。ティッピーがムダにかわいい!

看板娘の前衛的なセンスに脱帽って、ソレ褒めてないでしょ!

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

 美人さん目当てにプライベートで来店、接客の兄ちゃんと意気投合したとかいう記者の日記。
 
青山はらぺこマウンテン
 続いては、千夜の実家の甘兎庵が雑誌に紹介され、よくよく見ればフルール・ド・ラパン
 ココアの実家のパン屋さんまで掲載

 なんかティッピーがすごい悔しそうな顔してる!?

 ちなみにココア、本名はホットココアこと「保登 心愛」というそうな。
 なんて強引な苗字!

 にしても、雑誌の紹介文もビミョーに遊んでるな!

 ここが天国か!

青山しりもちマウンテン『まさか! これはマスターの意思!?』

『仕事をしないからっ!?』

イメージ 17

イメージ 18

 じゃあ何故ラビット・ハウスは載らないの? そりゃ座っただけで椅子が壊れるくらい古いからじゃね?
 なんて騒動に。

 オンボロですまんのう………

 なお、当のマスターは店の古さを孫に詫びていた模様。

マヤ『ラビットハウスが載るのも、時間の問題だねー♪』

メグ『そうしたら私達、有名人の友達かー♪』

イメージ 19

 一方、小学生にしか見えない中学生組は、割りと前向きに事態を受け止めていたり
 ヤギの声の防犯ブザーを鳴らしたりしていた

 ツッコミ役なのに、メグちゃんも適度に常識ないな!

 ブザー鳴らしたら大変だよ!

ティッピー『結局、取材には来なかったのう……』

チノ『ココアさんみたいにもっと笑ったら、お客さん、来てくれる…?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 笑う為にむにっと顔を伸ばすチノちゃん、健気かわいい!
 
ナイスダンディ!
 再び、自分の笑顔下手を責めるチノ、そんな彼女を励ますココアと呆れるティッピーだったのだが
 実は取材が入っていたと判明

 本当にしょうがないココアさんです。

 三人娘って言ったの誰だ!
 取材を伝え、壁際で事態を見守っていたタカヒロさん、ナイスダンディ!

 最後は奇麗に笑顔で締めて、良い嘲笑の第一話だった!

ココア『できそこないじゃないよ、そのライオンの木彫り、好きだな♪

チノ『これはタンポポなんです…、顔のついたタンポポなんです……ッ!』

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

 やたらと良い動きのエンディングの後、しまいこまれてた「写真立て」を引っ張り出すココア
 チノは、恥ずかしそうに取り返すのだったが―――

 懐かしいやりとりじゃったなぁ…、お前の母親と、褒め方が同じじゃ

 あら、そんな過去が。
 ココアさん、お母さんと性格が似てたのか。

 お母さんって亡くなったのか…?

タカヒロ『親父、マスターは俺だ』

ティッピー『ヌヌ!』

イメージ 8

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 予告の二人も、一期そのまんまでワロタ。
 
青山ご家族マウンテン
 正直、今期は「うたわれるもの」と同会社で並行制作、との事でちょっと心配していたんですが
 共同制作、キネマシトラス社さんのパワーもあってか
 素晴らしい一話でした!

 脚本も、こういう暴走日常モノだと、ふでやすさんの作風が合うと思うんです!

 笑ったし可愛かったしティッピーだったしダンディだった!
 すごくいい二期一話!

 また、実家への手紙とかチノの母とか、オープニングで千夜ちゃんの後ろにいる婆ちゃん?とか
 二期は家族の話もあるのかな、みたいな予感もさせる
 なんていうか、いい一話目だった!

 次回、第2羽「灰色兎と灰かぶり姫」。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事