GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

他人の為に戦えるからこそ「人間」だ! だが、この変貌は無惨だわ……

イメージ 21

イメージ 1

 ただただ、目の前の涙を捨てておけず、代わりに自分の身を投げ打つうしおがカッコいい!
 人間だから見捨てない、その誠意が彼を獣にしちまうんだから
 まったく、世の中は帳尻が合わん!

 ハッピーエンドが仕事をしなかった今回! では、一体どうやって槍を乗り越えるのか?

展開早いィ!?
 特に、潮を調べ上げていた流の兄貴が、ところどころで信頼してくれるのが熱い展開!
 ただ身を呈すイズナ、純の力まで発現する展開は
 ちょいと詰め込み気味。

 ギュッと凝縮され、原作では何話使ったのも気になるエピソードでもありました。

『男って、一生の内に、何人の女の子の涙を止めてやれるんだろうな…』

イメージ 4

 身を投げた杜綱を一瞬で救ううしお! 早い、早いよ!!

清算の時
 潮は、涙する純を見ていられず、山ン本が寄越したイズナととらを連れ杜綱の体内に挑むが
 押し寄せる婢妖、その総大将「血袴」は強く
 苦戦を強いられてしまう

 だが、他人を見捨てられない潮の意思に、流が純がイズナが感化され彼を助けた。

 血袴を討ち杜綱を救った潮
 しかし、槍に魂を食わせすぎた潮は、遂に獣へと身を変じる―――。

 次回、第拾七話「カムイコタンヘ」。

イズナ『うるっせえ! 人間の名前なんて、誰が聞きてえもんか!』

とら『ほう、イズナとは…。長の奴、相当うしおに入れ込んでんな?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 婢妖、奴婢=奴隷階級の妖怪って意味なんですかね。

片道切符
 やはり、槍に飲まれる覚悟を決めたうしおを、流や「山ン本」はさもありなんと認め
 道案内に「イズナ」が託された

 おめえが、バケモンに変わり始めたら、美味しく喰ってやらあ!

 とら殿、華麗なバックステップ!
 だが兄に吸い込まれる三人、傍から見ると奇怪な光景、純ちゃんは呆然であった。

 こういうケースは、プロでも対処不能なんですな。

流『大丈夫だ、コイツは助かる!』

純『秋葉アンタ、なんでそんなこと言いきれるのよ!?』

イメージ 10

イメージ 11

 外の面々は、除霊中のショックから杜綱を押さえ続けますが、兄ちゃんのアニキっぷりがね…。
 うしお、「槍を奪った」と責められてますけど
 放り出しても良いんです

 好きにさせときゃ良いんだよ…、妖怪に他人が襲われたって、自分が痛いワケじゃねえ!

 それで「痛い」と感じる潮だからこそ信じる、秋葉さんカッコ良かった!

とら『こんなの雷で!』

イズナ『よせ! 血管が破裂するぞ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

 杜綱さんの中から、出て行けぇ!!

人間だから
 だが、体内には想像を絶する婢妖の群れが取り付いていたっていうか、もうこれ婢妖の固まりじゃねえか!
 純の力が目覚め、除霊に力を貸すも―――

 ここで命惜しさで降りちゃあ、マジで獣みてえじゃねえか!

 だからって費やしすぎ!
 後先など関係なく、妖怪化を進行させつつ、暴風雨の如く荒れ狂ううしお!

 台風みたいな少年だなホント!

 その在り方に、ついてきたイズナも感嘆する。

『我は血袴! この身体を支配する婢妖の大将!』

うしお『そうかい!』

イメージ 20

 が、婢妖も雑魚ばかりではなく、うしおと真っ向から渡り合えるほどのスゴ腕が総大将!
 弁慶じゃ! 武蔵坊 弁慶の仕業じゃ!

 しかしこの期に及んでも、うしおは「白面とも和解できるかもしれない」と模索。

 恨みなんてない、と繰り返すのだが―――

血袴『ならば手向けとして御姿を見せてやろう…』

イメージ 22

 その白面、「陰の力」の結晶として生まれたソレは、全てを滅ぼすことしか頭になく
 圧倒的な存在感を見せ付ける

 勝てる気が、しねえ…!

 中学生のメンタルでは、幻だけで戦意を折られるレベル!

血袴『我が主の偉大さが解ったかぁぁ!!』

うしお『イズナ!?』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 改めて、なりふり構わぬ白面を敵認定する潮。強い。

足を止めるな
 だが、実は当初から「噂の小僧」に興味があったというイズナが、彼を庇って正気にしてくれる
 白面は怖い、だが「今」救うべき相手がいるだろう

 順番ってのがあるだろう…? ボスは後よ。へへ……

 高い目標に屈するな
 今、目の前にある問題から片付けていけ、と血反吐を吐くイズナ。

 イズナ、狐のクセに良いこと言うじゃあないか…。

 フェレットみてえなツラしやがって!

イズナ『血袴は強ェ…、だが、倒す方法はある……!』

イメージ 27

イメージ 28

 また、純が垣間見せた「悪霊払い」の素質に気付き、目から叩き込めとアドバイス。
 彼女は流水で禊を済ませ、攻撃態勢に入る―――

 多分、「穢れ払い」の一種だから、清める為に脱いだんですね!

 でもガン見すんな男衆! 

とら『わーーーっ、たすけてくれーーーっ』

うしお『わざとらしいな!』

イメージ 29

 にしても、とら殿ってばノリが良過ぎるでしょ! 白面と渡り合えるほど強いくせしてさ!

血袴『あの女の力で殺すつもりか!?』

イズナ『嫌うなよ! 一緒に逝こうぜえ!』

イメージ 31

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 1

 こんだけやらなきゃ倒せなかったって、どんだけだよ血袴!
  
そしてまた朝日は昇る
 作戦成功、イズナが身を呈するトラブルもあったが、潮が「槍」に身を任せ、二人はとらが救い
 三人は血袴を打倒し脱出に成功

 お前いったよな、男って、一生のうちに何人の女の子を涙を止められるんだろうなって…

 きっと望んだ数だけ救えるさ
 そう、うしおの肩を抱く流の兄ちゃん、アニキしてた!

 兄妹も声が届き、また互いに解っていたと言葉にし、心からの和解を果たす。

 涙で出てくるたぁ、洒落てるじゃないの!

流『俺は候補者降りるわ。お前ら見てたほうが気持ち良いからなあ』

イメージ 39

 が、「槍を使い続けた代償」が高まり、奇麗に締めくくろうとした兄貴の眼前でうしおは変貌
 サブタイを回収してしまう――――

 この叫び、中の人も大変そうだ! 

次回、「カムイコタンヘ」。北海道旭川、神居古潭<カムイコタン>へ…!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 1

イメージ 38

イメージ 39

 ちゃっかり純に抱かれているイズナ。

カムイコタン
 さて、候補者筆頭の杜綱と流が辞退、最後の一人は戦闘力より、技能に優れるタイプか?
 或いは、次回が旭川の地名ってことは「叔父」か?

 誰かの力を借り、オープニングに出ている「槍の作者」と出会うのでしょうか…?

 次回「カムイ」は神、コタンとは宅地(集落)。
 アイヌ語、実在する地名のようですが、或いは霊的な場所って意味なのか?

 次回、第拾七話「カムイコタンヘ」。




この記事に


.


みんなの更新記事