GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 ガンダムUCと同時期、一年戦争終戦記念式典から始まる“初代ガンダム”モチーフ作品。

「ガンダムもどき」の真の姿! 金色ユニコーン、どうなってんだ!?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 1巻表紙で描かれた、支援メカとの合体形態が遂にお披露目! アレは「ガンタンク」担当ってトコか?
 同じく、2巻表紙を飾った金色ユニコーンの襲来
 一体なにがどうなってる!?

 前作ラストで、連邦軍の「ナイトロ」搭載機となったハズのフェネクス、何故こんな場所に!?

幕間劇はどこだ!
 どうも、前作との境目でフェネクスは暴れまわったようです。また暴走したのか?
 対抗するガンダム、オッサン艦長がんばれ!

 期せずして敵も味方もなくなる戦場、ちょっとプラモが欲しくなったぞ!

「ガンダム」の支援機は、なんと艦長が登場。死ぬなよオッサン!

イメージ 4

 搭乗時、「エラい奴が無茶しに来るぞ」と叫ぶ整備班、相棒感が快かった!

金色夜叉
 宇宙世紀0096、連邦地球軍の「一年戦争終戦式典」用に、WB隊を模した部隊が襲われる。
 彼らは、手柄を立てることで「袖付き」加入を目指す
 ジオン残党の一党であった。

 式典用のガンダムG-ファースト、キャノンガンは護衛部隊と共に奮戦

 しかし、敵が引き始めたころ「黄金のMS」が襲来
 意味も解らず襲われる

 その機体、フェネクスはニュータイプ抹殺を意図していたが、彼らはそれを知る由も無かった。

「消えていた」ガンダム、RX-0 フェネクスの猛威!

イメージ 5

 ユニコーン、その本来の目的「ニュータイプ殺し」を行う殺戮機に。

「不死鳥」の一角獣
 ガンダムUCにて、2号機バンシィが獅子を模したように、こちらは鳥=不死鳥の名を冠する。
 予備部品から、連邦軍が勝手に組み上げた機体である為
 デッドコピーかと思われた

 が、乗った者を強化人間のように変質させるシステム「ナイトロ」が搭載。

 本来の「ユニコーン量産」に有益な機体に
 しかし、どうも前作の後で姿を消し、再び現れた模様。

ジオンの「袖付き」も、特務部隊を結成!

イメージ 6

 ハンマ・ハンマの盾に加え、クィン・マンサの大型ソードを無理やり搭載した改造機に。

隊列無用の愚連隊
 通常、「部隊」が行動するなら、足並みを合わせないと上手く機能しません。
 その意味で、量産機に大きな意味があります

 結果的に扱いにくく余った旧世代機、ZZ時代の高級量産機が勢ぞろい!

 当時は一騎当千志向。
 装甲も出力も、非常に優秀な旧世代機、彼らの珍道中はどうなるのか。

「戦争」をしているつもりか?

イメージ 7

 また今回、強くギャップを感じたのが、「連邦」「ジオン残党」の戦いに対する意識の違い。
 戦争じゃないから、相手を投降させようとする連邦
 優等生だと呼ぶジオン残党

 自分を殺しにかかってくる相手に、足かせめいた戦いをするんだから辛い。

 止めてくれた副長の優しさ、良い意味で「平時の軍人さん」って感じで、なんだかホッとします。

収録

イメージ 8

 艦長いいキャラしてますが、昔はモビルスーツ乗りだったんですかね。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・サン、2巻」。
 シナリオ:関西リョウジ、漫画:葛木ヒヨシ、メカデザ:カトキハジメ、キャラデザ:蒼依ふたば。
 角川書店、ガンダムエース連載作品。
 2015年10月(前巻2015年6月)

 第5話「キャノンガン激闘」
 第6話「結成ブランダムール隊」
 第7話「突き刺さる黄金」
 第8話「暴威振るう一角」
 第9話「声が聞こえて」

 カバー下は「ガンダムG-ファースト」の設定画が掲載。



この記事に


.


みんなの更新記事