GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

「またいつか、会いてえよ」。潮とヒロイン達、ささやかに望む激戦回!

イメージ 43

イメージ 1

 最後の最後、会ってしまえば傷つけるからと、敢えて踵を返すヒロイン達! まったく果報者だよ潮殿!
 とらと組んでの大乱闘も、スカッとする決着だった!
 なんか解らんが大技だった!

 お前は人間だろうがよ!と、どっちでもなくなった潮を叱咤するとら、いい激昂の回だった!

覚醒うしお強すぎ問題
 サブタイ、「そして遂に」ってのは槍の継承を果たすためっぽいですがさて。
 目指すは白面の者の一部分、前哨戦みたいな…?

 てか鏢さん、しれっと事情ぜんぶ察してるとか有能すぎィ!

『私を、名前通りの子にさせてね…、檜山 勇、テイクオフ!』

イメージ 3

 崩れかけの橋を疾走する勇ちゃん、かっけえ!

出会う為の背中合わせ
 親父殿ら全員一丸、縁ある少女たち五人がかりで梳り、鍛冶師の妹ジエメイが直談判してなお
 槍の意思、鍛冶師ギリョウの怒りは止まらなかった

 だがうしおの為、命をも投げ出した麻子に、うしおは己に立ち返り婢妖共を殲滅。

 事件中の記憶が朧な潮
 一行は、敢えて「夢だった」ことにし、彼を傷付けぬよう気を配る

 ぼろぼろの潮は、おぼろげに覚えていた「槍の意思」に応え、白面の一部が眠る洞へと踏み込んでゆく。 

 次回、第拾九話「時逆の妖」。

勇『一瞬だけど、確かに蒼月くんの眼にもどったっ! 真由子さーん!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

 とらちゃんって、とっても良い人なのよ! だからきっと今度も助けてくれるよう! 

「洞」に眠るモノ
 勇の一櫛! 希望を見出した一行は、とらをも巻き込み「伝承者の洞」へと先回りする。
 実は、白面の体の一部が安置されているのだ

 こうなったらオメーを戻して、この女と一緒に喰ってやるぜぇ!

 とら殿、なんか企んでた。。。
 が、信頼してくれる真由子を無碍に出来ないとら殿、今週もツンデレ。

 梳いて振り返る、勇ちゃんの「ひと梳き」もカッコ良かった!

 ちょっとハラハラした!

槍の潮『邪魔するなぁぁぁぁぁぁあ!』

イメージ 12

 しかし真由子、櫛で受けるとは予想外というか、霊的なアイテムなのね。
 初代、“ジエメイ”の形見なのか?

 が、衝撃で吹き飛ばされてしまい―――

麻子『両手で掴まってっ! いま助けるから!』

真由子『できないよ…、この櫛は、潮君を助ける櫛だもの…、大切な櫛だもの…』

イメージ 13

 櫛を庇い、ロクに掴まる事もできずに崖から落ちる真由子。
 今週、声がすごく擦れてましたね

 必死な感じが出てて、いいなあと思いました。

とら『なんだかだんだん、腹たってきたぞ……』

『ワシはバケモノだから良い、人を喰おうと無茶しようとよお…』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

 己の為に生きるバケモノ、他人の為にも死ねる人間、どちらでもない「復讐道具」となった潮。

だけどよお
 やがて、この状況に「怒る」とら、人間ってのはずるいし汚い、生きようとあがくイキモノだ
 だからこそ殺しがいがある 

 お前は人間だろうがよ! それが何だ! お前なんかバケモノでも人間でもねえや!

 それが白面退治の獣となった?
 バケモノも人間も持つ、「自分の意思」を手放した潮

 面白くねえからやめろ

 って理屈は、実にシンプルでいい!

とら『呪符! まさか…、鏢!』

鏢『十二枚の符を張ったが、三分と持たんだろう……』

イメージ 17

 が、父ちゃんたちの防衛線が決壊してしまい、ズタズタな彼らや無防備な少女たちの危機に…!
 スッと現れたのは、先に符を張って待っていたらしい鏢!

 まさかこんなに出番が早いとは!

 しかも全てを察している…!

『兄さん…、人々の魂を犠牲にするのはもう、止めて下さい…』

イメージ 18

イメージ 19

 一方、槍の中の鍛冶場では、初代「お役目様」が鍛冶師の妹だったと判明。
 兄妹二人揃って、白面退治の人物だったのか

 つまり何がどういう事なのか…?

 cv宮野の兄、cv花澤の妹って濃い家系だな……!

『なんで、こんな事に、なったのよ…、アンタはバカで考えなしで落ち着きなくて』

『だけどさあ、あたし、あの潮がいいよ…、だから、帰ってきてよ……』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 おいコラ…、勝手にくたばんじゃねえ…、お前は、お前はワシが食うんだぞぉ!

「あさきち」の想い
 最後の一人、麻子の一櫛で事態収拾かと思われたが、槍の意思はまったく揺らぐこと無く
 やむなく、麻子が身体を張ることに

  麻子に何すんだよ!

 そして回想
 当時、男みたいだから「あさきち」とか読んでた小4時代。

 しかしいざって時は「麻子」と呼び、二年も年上にたった一人立ち向かってくれたうしお!

 これは惚れる!

とら『うしおーーーーーーー!』

イメージ 27

イメージ 28

 その想いに、ようやく復活した潮! てか、とらちゃん驚きすぎィ!!
 顔がギャグだよ!

 ココ、尺八みたいな効果音もカッコ良かった! 

うしお『とら、来い! 蹴散らせ!』

とら『わかったよお!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 いつものやりとりに、とら殿、楽しそう何よりです。

とら殿の三段笑い
 かくて、正気に戻ったうしおととらは、バカバカしくなるほどの大火力を以って敵を一層!
 デカい雷を放ち、槍に落としたらどうなる?

 なぁるほど…、そんな手が、あったかぁぁぁぁぁ!

 槍と雷の連携戦!
 ことばのいみはよくわからんが、とにかくすごい火力だった!

 チリも積もれば何とやら、紫暮とっつぁんすら苦しめた、婢妖の大群が一掃…!

 白面の全婢妖、これにて全滅!

うしお『とら、おめえには笑われるかもしれねえけどよ…』

とら『笑っちゃるよ』

イメージ 37

 戦いを終え、意識朦朧としたうしおは「乗っ取られていた間」を、まるで覚えていなかった
 が、少女たちに夢で出会ったと口にし―――

 また、いつか……、みんなと会いてえよ…

 うしお、ささやかな願い…。

うしお『行くぞ…、槍が目指してた所だって、言うんだ…』

とら『ああもう! ワシも付き合っちゃるわい! 中に興味がわいてきた!』

イメージ 32

イメージ 36

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 夢で出会ったと思い起こす中、オチ要員になる日輪さんにどうしても笑う。。。

そして、ついに
 だからこそ、少女達は敢えて彼と顔を合わさず、ただの悪夢だったという事にして帰路に就く。
 事情を話せば、彼が傷付くに決まっているからだと―――

 潮くんはね、私達じゃなくて…、あなたの元へ帰ってくるのよ?

 分かり合う少女たち
 そして、洞へ向かううしとらコンビ

 せっかくの機会だってのに、会わない辺りが健気だった!

 さて、洞の中の「一部分」とは…?

次回、「時逆の妖」。時が逆、時間をさかのぼる妖怪?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 前回、「全婢妖出撃」だったハズなので、しばらく白面軍団はストップか?
 
夢幻の如くなり
 復活回、独自の「人間とバケモノの区分け」を持つとら、その言葉が熱かった!
 麻子にしても、前回みたいに困ったところを全部知ってて
 けど、あっちの方が良いんだと…

 嫌いを知ってるから好きといえる関係、麻子尊い。

 そしていよいよ「槍」の真相か?
 白面の一部、九尾の狐の遺骸というなら、玉藻前の殺生石とか思い出しますが…?

 次回、第拾九話「時逆の妖」。



この記事に


.


みんなの更新記事