GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

うしとら解散の危機! 急げ潮、それを壊すだなんてとんでもない!

イメージ 33

イメージ 35

 キリオ出生の秘密、さすが白面様「盗んできました」とか、さらっと言っちゃう恐怖! 思わず正気になる狂気!
 さすが九尾の狐、人の心に入り込むのはお手の物なんですね
 さて「エレザール」の秘密とは…?

 サブタイ通り窮地に陥った槍、ジエメイとギリョウの槍は果たして助かるのか…!?

本格的に壊してる!?
 無論、壊されたら再建は不可能でしょうし、助かるとは思いますが…?
 さすが白面様、壊し方も本格的!

 臨時コンビ、ながれととらも良い感じだった!

うしお『おれが…、おれが弱かったばっかりに……』

イメージ 2

 強すぎた(絶望)。

「キリオ」の秘密
 キリオは、人間の赤子をベースに魔術的に作られた、「武法具を操る為のマテリア」であった。
 製造者・破戒僧の引狭は、「獣の槍」に頼らぬ技術を求め
 白面の分身、斗和子に魅入られた

 キリオは同調する若手武僧とクーデターを起こし、槍を奪い破壊を目論む。

 全ては「槍に頼らない」為
 だが、白面の分身である斗和子が暗躍する以上、その結果が悲劇となる事は想像に難くない。

 次回、第弐拾参話「永劫の孤独」。

とら『本気を出してみろ! どうした、弱ぇなぁ、おめえはこんなに弱えのかよう!』

潮『そうだよ…、だから負けたんだ…、俺は強くなりてえよ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 うしおととら、攻撃性の違いによりユニット解散

不和不吉不協和音
 お役目様の死、それが己の弱さだと落魄するうしおを見かね、とらは散々に彼を挑発
 結局、別れ別れになってしまう。

 ヤメだヤメだ! 今の弱っちいお前なんか喰ったって、旨いワケがねえ!

 一方、光覇明宗にも亀裂
 あの戦いでの、「方便」を武僧が真に受けたのだ

 獣の槍、切り札が通じなかった動揺を抑えるべく、「鎌」が倒したと武僧に説明したことが仇に!

 我らには白面と闘える力がある、というウソが仇に!

和羅『あの時、“くらぎ”を倒したのはお役目様の力であった…』

イメージ 8

 本当はお役目様が倒したが、彼女が失われ、槍が通じなかったとなれば武僧は動揺するだろう
 そこで、「鎌」が倒した、と説明した。
 鎌なら戦えると。

 あの状況からの政治的判断が、「エレザールの鎌」量産を後押ししてしまった

 一番やらせちゃいけない奴が、止めを刺しちゃったのね。

キリオ『お兄さん、獣の槍を貰いに来たよ』

『ここに居る人たちは、伝承者になる為に、凄い修行をしてきたんだ―――』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 13

 帽子のつばがえらくゴツいですが、この帽子、何か仕込んであるんでしょうか?

「伝承候補者』の決起
 結果、槍に頼れなくすれば「鎌」を採用するに違いない、とキリオと伝承候補者が決起
 封じの布で、槍をうしおから奪ってしまう

 鎌が量産されれば、「候補者たち」の修行の日々も報われるからだ、と。

 流は、これを事前に察知
 しかし間に合わず、とらと合流し独自にキリオを追う事に

 ながれととら、結成!

 とらさん、思った以上に気に入ってたのね。

日輪『情けない! 結界すら一人で壊せないのか』

イメージ 14

 一方、ご丁寧にどこか離れで拘束されていたうしおは、ツンデレ日輪により解呪されるや
 喧々囂々の光覇明宗の下へ

 俺は、槍を助けてやりたい!

 槍をモノでなく、「助けたい」といううしお! かっこいいよね!

引狭『<強ければ強いほど、武法具は良いじゃないか……>』

『<そう、獣の槍よりも強くたってなあ!>』

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

 二年前、ドヤ顔でキリオを連れて戻ってきた引狭ですが、なんだか辻褄がおかしい気も…?

作ってしまえばよい(提案)
 やがて、和羅はキリオの手がかりとして「彼を連れてきた」破戒僧の話に。
 武法具開発の天才でしたが―――

 武具も使い手も、みんな作ってしまえば良いんですよ!

 マッド開発者!?
 その為に、西洋魔術を組み入れ破門に。

 しかし二年前、その「成果」たるキリオを連れ戻り、幹部は喜んでキリオを迎え入れたそうな。

 戦力欲しさの余り、爆弾を抱え込んだわけね。

流『なんでここが、“囁く者たちの家”なんて呼ばれてるか知ってるか?』

『アイツらが囁くのよ、“人間め、羨ましい、妬ましい”ってな…』

イメージ 17

イメージ 18

 一方、先んじて「引狭」の拠点に突撃した二人は、クインの試作品群を次々と撃破し
 流の過去が語られる

 彼は何でも出来たが、だから何も面白く感じず、「楽しむべく」法力僧になった。

 僧というか快楽主義者!
 彼の武僧採用も、キリオ同様「戦力欲しさ」の焦りか。

 でも、その存在は結果オーライ! 

とら『よぅ流、ワシが閉じ込められていた間、人間はボケたのか?』

流『―――そうだ、何故キリオの鎌だけは特別なんだ?』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 26

イメージ 33

イメージ 35

 鎌は全て斗和子=白面の作、最初の一本で信用させ、後は見た目を作っただけなのか?

盗んできました
 やがて四人は合流し、「引狭」の遺体と、彼が恐怖したという開発日記を発見する。
 幾多の失敗の末、人工生物「クイン」が誕生

 だが「槍」に対応する武器と、その使い手の製造は難航した

 成功は斗和子の尽力だった
 だが「使い手」製造に、彼女は躊躇いなく赤ん坊を犠牲にしてしまう。

 以来、彼は斗和子に怯え始めるが―――?

 斗和子怖い…。

引狭『<私は怖い…、斗和子の目を見てしまったから……>』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 頭上に槍を括り、その下に鉛やら入ったプールを作ってドボン!

獣の槍、破壊のこと
 あまりに説得力のある引狭のまとめ、その意思を継ぐキリオは「槍の破壊」を敢行。
 鉛などを用いたプールで、じっくりと破壊する

 斗和子の策とは、「槍破壊」を狙った遠大なものだったのか?

 クインを誕生させた手腕
 実際、引狭の技術もとんでもないものだったらしい

 さて「キリオ」の部屋に残ったものとは?

 次回、決着か?

次回、「永劫の孤独」。永劫、永久=とわ、とわこ=斗和子の話?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 没頭しすぎて道を踏み外すマッドさん良いよね…。そんな人すら正気に戻す、白面の怖さ。

仲良うな
 と、御角さまが言い残された通り、「槍」を巡る内紛に突入してしまった光覇明宗。
 キリオや流のように、僧としての精神修養を無視した
 実力重視の編成も仇となったか

 鎌の量産性も嘘っぱち、白面の一部でも組み込んでいるんでしょうか?

 若い武僧の焦りもっともなんですよね
 彼等にしてみれば、槍にこだわる上層部は「老害」だと、義憤で戦っている面もあるのかも……。

 次回、第弐拾参話「永劫の孤独」。



この記事に


.


みんなの更新記事