GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

涙のマッスル! ハッスルマッスルその手首は…!? あ、チビ太も狂気でした

イメージ 1

イメージ 12

 ごくまっとうに悲恋過ぎて辛い。なんだよ…、Cパートで「クズでしたー!」じゃねえのかよ…
 エスパー回といい、十四松って奴はなぜこうもこうなんだよ!
 バロォコンチキショー!

 まさか十四松の新ネタに、そんな由来があったとかナニソレ心が温かいよ!?

あと頑張れクソ松兄さん!
 せっかくのメイン回がチビ太に翻弄されっぱなしで、「今日は良く喋るなクソ松兄さん」とか
 前回以来、すっかりクソ松定着したクソ松兄さんも幸あれ!

 おそ松兄さんもイケメン!

『おそ松と』『一松の』『『デリバリーコント!』』

イメージ 3

 あらゆる意味でカオスしかねえ!

恋破れて松野あり
 ある日、カラ松はチビ太の元に弟子入りさせられかけ、からくも脱出し
 無事「クソ松兄さん」のあだ名が定着。

 十四松は「自殺しようとした」彼女と仲良くなるが、彼女は田舎に帰る事になってしまう。

 なんとか笑って別れられた二人
 その陰には、AVコーナーで葛藤したおそ松兄さんの助力があった。

 次回、第10話「イヤミチビ太のレンタル彼女」

チビ太『仕事はもう見つかったのかよ? …って、もしかしてもう!?』

カラ松『―――仕事の事は、ノー・プランだ!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 キメ台詞なのかよ!

この人も終わってた
 以前、誘拐事件を起こしたせいかちょっとだけ仲の良いカラ松とチビ太、仕事について
 親身になって聞いてくれるが―――

 アレ? なーんだよコレ、完全に一致してんじゃねーかっ!

 えっ…?
 カラ松の夢を理解するチビ太。

 え、いや多分カラ松自身も、何がやりたいか理解してないと思うよチビ太!?

 何を理解したの!?

チビ太『オメー、オデン屋になりたかったのかよっ!』

※バリカンの音

イメージ 7

イメージ 8

 何言ってんのと思ったら、何やってんのこの人!? 貴重なカラ松の毛が!?
 けがなくてよかったね!?

 えぇ!? ヤバいよ予想外の勘違いを引き起こしてるよ!?

 大丈夫、誰も予想できなかったから!

チビ太『知っての通り! オデンは、“料理界の王様”と呼ばれていたんだッ!』

カラ松『聞いた事ない!?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 過去形!? ねえ過去形なの!?

おでんの後におでん無し
 知っての通り、おでんは有史以前から宇宙戦争時代に至るまで人類に寄り添い、その調理には
 輝かんばかりのテクニックが必須であった!

 味見ってのは、料理人自らが全身全霊をかけてする最後の作業だ…ッ!

 なにこれこわい。
 ウチの知ってるオデンと違う。これ違う。

 割りと人格者のチビ太、おでんの事となると、狂気に走ってしまう男だったのか………ッ!

 カラ松のツッコミはもうゼロよ!

チビ太『てやんでてやんで旨えーぞコンチキショーハーッハッハハハァ!』

カラ松『怖ァ!?』

イメージ 13

イメージ 14

 文字通り全身全霊で味わうチビ太スーパーモード、逃走するカラ松、投げっぱなしエンド!
 収拾ついてない! 収拾ついてないよね!?

 すげえや、身体の芯まであったまる料理パートだったよ!

 収録風景がカオスだったよコレ!

十四松『行って来マッスルマッスル! ハッスルハッスルぅ!!!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 風呂シーン、座り方に性格が出とるのう。

狂気が正気になった日
 改めて、十四松の日常がマッスルすぎて堪りませんが、急に普通になられても困るのも確か。
 特に一松、困惑しすぎだよ!

 これが十四松、地獄みたいに滑っても、手数が多いのが十四松―――

 滑ってるのは自覚してたのかよ!
 しかし、そんな近接パワー型の兄弟が一変してしまう

 十四松、今日はやらないの…? マジか?

 自分で準備したのかよ!

一松『フツーの人間になってる…!』

チョロ松『元から人間だよ、一応』

イメージ 21

 戦慄する五つ子、言ってることは真っ当なのに、トークセンスが壊滅してるクソ松!
 いちいち、溜めるから痛いんだよ!

 クソ松、お前今日、いっぱい喋るな。

 一松のツッコミが残酷かつ妥当。

五つ子『え?』『『『『『えええええええええええええええ!?』』』』』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 1

 むしろ、彼女の前でこそ「いつもの彼」になる十四松。フツー逆だよね!?
 
十四松の恋
 実は、というかサブタイネタバレだった理由は、十四松が恋をしているからだと判明
 ていうか、彼女の前だといつも通りだよ!

 無論、笑いすぎて死に掛けるなど、彼女のほうも只者じゃなかった!

 でも十四松に好意的だ…
 何だよ、この薄汚れたおそ松さん世界にも天使がいたのかよ!

 トト子ちゃん以外にも天使がいたのかよ!

 シェー!

チョロ松『いや、どんだけそのギャグ好きなんだよ!?』

イメージ 27

 幾度も死にかける「彼女」、チョロ松のツッコミが適切すぎますが
 まさか、コレが伏線だったとか…。

 お前らもどんだけ見守ってんだよヒマ人か!

おそ松『つまんねえ〜、俺なら乳首から水飛ばせるし!』

『ま、いっか。俺にもいっぱい彼女いるからっ! ……!?』

イメージ 28

イメージ 29

 しかし、おそ松兄さんは、アダルトビデオのパッケージで「この子は!?」と驚愕。
 帰った兄は、絶賛オシオキ中の十四松に話そうと…

 俺より先に彼女作ろうとしてんじゃねーーーーっ!

 言わなかった…。
 てことは、つまり彼女は出演していた……?

トド松『―――彼女のこと、聞いていい?』

十四松『一ヶ月くらい前、彼女、死のうとしてて……。僕が命を救ったんだけど』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 逆だよね? それ十四松が救われたよね?

夜中の新幹線
 だが、勇んで告白した十四松はフラれ、彼女との馴れ初めを泣きながら話してくれた。
 出会いのネタだったのか…

 もう会えないって…、田舎に帰るらしいんだ、夜中の新幹線で。

 AV出演を苦にして自殺?
 思いとどまったけど、もう暮らせなくなった…?

 しかし兄は言う、引越しの日に誰かに会うって、結構めんどくさいことだよ?

 目はあるぜ、行ってこいと。

おそ松『ダメ! ……俺、今日、金ない』

チビ太『は?』

イメージ 44

 この時、兄さんの謎シリアスの理由は、「あのAVを店舗から買い取った」のでしょうか?
 兄弟、十四松の目に触れる可能性があるから。

 だとすれば男だ…!

“彼女”『十四松くん、私』

十四松『また―――、会えマッスルマッスル! ハッスルハッスル!』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 良かった、せめて笑顔で別れられて本当に良かった…。

また会えマッスル
 滑り込み、何とか最後まで笑って別れる事はできた、兄の気遣いで十四松の恋は笑顔に終わる
 泣いて笑って、泣いたままよりずっといい―――

 ありが特大ホーーーーーーーーーーーーーームラァァンっ!

 いい恋だった…
 互いに、別れ難い恋だった…。

 十四松は、今、確かにひとつ大人の階段を登った

 切ない恋物語だったわ…。

その手首の「14」は…

イメージ 37

イメージ 55

 よく見ると、自殺未遂のシーン、「左手首に包帯が」巻いてあるんですよね。
 リストカット、手首を切り死のうとした跡か…?

 しかし別れ際、そこには14の文字が。

 もう死のうなんて思わないように、見るたびに、十四松を思い出せるようにって事なのか…?

予告チョロ松『レンタルの方が、効率的って言いますよね』

『決して、彼女が出来ないから言ってるワケじゃないよ! いやマジで!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 ED,「アレどこ行くのトイレ?」って、十四松がスルーされてるよチキショウ!

一生懸命頑張りマッスル!
 グ、グムー、まさか十四松回がこんな切ない恋になるなんて、想像の埒外だったザンス。
 エスパーニャンコ回といい不意打ちだわ…。

 今回、AV出演を苦にして自殺、思いとどまったが田舎に帰ったのか…?

 当人は幸福に決着
 視聴者には、想像の余地を残す決着。ビターな恋だった……。
 
 次回、第10話「イヤミチビ太のレンタル彼女」


この記事に


.


みんなの更新記事