GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

プール転じて、“二人”でストレッチ回! 意外に素直なのね

イメージ 44

イメージ 10

 意外やあさみ不在回、基本ツンデレのえりも、静乃お嬢には素直だったりするんですね。師匠っぽい。
 内容も割りと異色で、トレーニングといえばストレッチ
 柔軟体操にコンビで挑戦!

 要は筋肉を伸ばし、筋肉痛を軽減する運動。これも必須ですね。 

一応リーダーはえりです
 また、ミョーに素直だったり上からだったりしますが、そういやリーダーって言ってた気が。
 熱意は人一倍っぽい。

 しかし、本作でまで水着回があるとは。

えり『はぁ? 準備運動?』

イメージ 7

イメージ 12

 今週は自宅のプールで汗を流す展開です…、ってそんなん真似できねーよ!と思ったら
 泳ぐ前に必須、トレーニング後にも有効という事で
 ストレッチにつなげるのね。

 二人がかり、ゆっくり引っ張っていく事で、筋肉を「伸ばす」運動。

静乃『ストレッチは息を止めずに、ゆっくり呼吸する事がポイントですわ♪』

イメージ 1

 息を「止める」というのは、身体を緊張させてしまいますので、息を吐きながら行うそうな。
 吐く方が、吸うよりリラックスさせますし

 ストレッチの一種、体操なんかもそうですよね。

えり『次は肩のストレッチねー』

静乃『肩甲骨を、ゆっくり押します』

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 24

 かなりアレなポーズですが、「他人の力で」「肩を伸ばす」ストレッチなのね。
 もちろん、同時に背中も伸びていくので
 ゆっくりやらないと危ない

 腰が危ない!

静乃『えりさんも、どうやってその体型を維持されているんですか?』

イメージ 27

イメージ 30

 にしても、お嬢の台詞がケンカ売ってるようにしか聞こえませんでしたが、素直に応じるえり
 基本、天然で喋ってると理解してるから
 怒らないんですかね

 お嬢、天然というか、喋る前に自己採点してないというか。

 有酸素運動!

有酸素運動と無酸素運動

イメージ 32

 マラソンのように、弱い力を継続的にかける「有酸素運動」は、体内の脂肪燃焼に効果的
 また、20分以上続けることで効果的になるので
 それなりの時間が必須

 対し、短距離走のような無酸素運動は、筋肉に貯めていた糖質を使用

 こちらは筋肉の鍛錬に効果的。

静乃『これで、下半身を十分のばせますわ♪』

イメージ 36

イメージ 39

 からの、どんどんアレに見えるストレッチになりますが、これを二人でやるって恥ずかしいな!
 ストレッチも色々あるのね…。

 ここから押すことで、下半身を十分に伸ばせるそうな。

 尻の筋肉は足の基本ですものね。

二人がかりより、一人でも出来るヤツの方がいいかな!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 ラストではポロリもありましたが、割りと健全仕様でしたね!

「気持ち良い」言い過ぎィ!
 本作の場合、「見た目がアレな方が視聴者を釣れる」、という狙いがあると思うんですが
 一人ならともかく、二人でないと出来ないとなると
 色んな意味で無理だわ!

 季節はずれにも程がありますが、いい水着回だった!

 さすが静乃さまはお金持ち!
 しかし、設定上は「マネージャー」らしいですが、この状況で動じねえ主人公(仮)の野郎は何者だよ!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事