GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

科学者特有の暴走・増長・藪から蛇! バルちゃんは助かるのか…!?

イメージ 31

イメージ 1

 今回はあさこととら、真由子とは別ベクトルで「オバケ」に気安く、これまたストレートな少女だ!
 対するハマー機関、オカルト定番の“増長した科学者たち”ですが
 全員が真顔でなんか怖い。

 一部とはいえ、まさか白面の分身体を培養するとは、その技術には恐れ入るね!

タタリ・ブレイカー
 もっとも、実際には白面の桁違いの生命力が要因なんでしょうが、自業自得の大惨事展開!
 次回サブタイ、彼らのメカが炸裂するのか?

 自衛隊も出てきたし、人と妖怪、色んな力を結集して挑む物語なのね。

麻子『あぁら心外ねえ? せっかく学校に誘いにきてあげたのに』

イメージ 4

 改めて、古式ゆかしき設定ですよね、うしおととらって。

ヤブヘビの果てに
 潮は、科学的に妖怪を研究し白面打倒を目指す組織、ハマー機関によって捕らえられる
 同じく捕らえられ、密かに逃れた麻子は
 彼らの非道な研究を見た

 機関は槍に付着していた白面の細胞を培養、その「分身」として活性化させてしまう!

 サンプルのつもりが手を焼く機関
 彼らが捕らえていた妖怪達は、次々と白面の分身に吸収されてゆく

 その一体、仲良くなった「バルトアンデルス」を救うべく、麻子はとらの救援を頼むのだが―――。

 次回、第弐拾六話「TATARI BREAKER」。

『本体におけるキルリアン値、1790ノダール……』

『ふぅん…? 数値上は普通だな』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 強さの数値化、ドラゴンボールのスカウターみたいな設定が!

この中学生、武闘派につき
 戻ってきた日常、子供を助け、チョコを貰った麻子をからかっていたうしおだったが
 黒服集団に襲われる

 俺は芸術を志す男だぞ! そのくらい分かるわ

 その設定も久々!
 髪を切った、と気付かれ嬉しそうな麻子

 しかし、麻酔銃を撃たれてしまい、百戦錬磨のうしおも昏倒することに。

 やはり人間の方が怖い!

係員『もしもし、どなたですか?』

来訪者『“お晩でございます”』

イメージ 12

 一方、空の妖怪「ふすま」事件での自衛官の叔父さん、彼を担当に国と光覇明宗も連携。
 合言葉が「おばんです」ってオイオイ

 厚沢のおじさん曰く、「ハマー機関が暴走した」と状況を説明。

 外人ばっかですが、どこの所属なんでしょ。

『白面の者を倒す兵器を開発する…、それが我々ハマー機関の使命だ』

イメージ 13

イメージ 14

 彼らはバケモノを「メタモルフォーズ」と呼び、科学的側面から分析、打倒を試みる集団!
 キルリアン振動機を用い、とらをも捕縛する

 キルリアン、生物の霊的力場を振動させ、「しめつけるような」拘束を与える装置!

 とら殿、なんかスゴい姿に!?

とら『わしの毛を一本抜け…、うしおを見つけたら引っ張って教えな』

麻子『待っててねうしお、必ず助けるからっ!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 成り立ちを知らない奴らに、ましてや数値化して「由来」を探られるという憤慨。 

機械なんかで計るな
 が、勿論とらは“捕まったフリ”をしただけで、麻子に彼を探し出すように依頼。
 そのうしおは、研究者たちに激昂していた

 槍の構成素材とは、すなわちジエメイ、ギリョウの決意の果てだ。

 それを無遠慮に数値化され
 合理的側面から、ああだこうだ言われるなど我慢ならん!

 我慢ならんが、鎮静剤で昏倒…!

 あんだけ桁違いの生命力があるうしおも、薬で一発、ってのはけっこう怖い。

麻子『ヨーロッパのオバケ“バルトアンデルス”っていうの?』

『で、この施設は何なのかな?』

イメージ 23

イメージ 24

 そのころ麻子は、彼らの身勝手な研究室に、妖怪もびっくりの顔で怒っていた!
 キルリアン装置で、あんだけ捕まえたんでしょうか。

 ちなみにバルトアンデルスとは、「すぐに別のもの」を意味する、16世紀に創作された怪物。

 某「剣」じゃないよ!
 変身の神をモチーフに生まれた、様々な姿をとれる怪物。

麻子『寒くない、バルちゃん? ……あ、ゴメン嫌だった?』

バルトアンデルス『ううん、メタモルフォーズって呼ばれるよりずっと良いっ』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 29

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 おお、19話でカムイコタンに眠っていた「白面の一部」にそっくりだ!

迷惑な自業自得
 が、ハマー機関が培養した「白面の一部」は暴れ出し、檻の中の妖怪たちを次々と吸収
 麻子を庇い、バルちゃんも犠牲に

 当然、自慢の「キルリアン振動機」も役に立たず、被害は拡大

 受けて立ったのはうしお!
 もちろん、こんな三人なんて助けたくはないが―――

 お前らなんて大嫌いなのによぉ…、槍も俺も、白面に殺される奴は……、見たくねえんだよ!

 その力、キルリアン値は12万まで増加!

うしお『白面の者! おめえだけは、好きにさせるわけにはいかねえんだよ!』

イメージ 34

イメージ 36

 が、分身体は「取り込んだ妖怪たち」の力を駆使し、うしおに反撃を開始
 のみならず、バルちゃんまでもが現れ

 殺して! 殺して、僕の身体はもう僕のものじゃない! お姉ちゃんを殺してしまう……!

 むしろ殺せと
 当初、殺す気満々だった潮も躊躇う、バルちゃんの善意…!

麻子『ねえ、おばさんたち学者でしょ!? どうやったらバルちゃんを出せるの!』

ヘレナ『おそらく、不可能よ』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 1

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 42

 あんな小さなお化けまで捕まえて、苦しめて…、幸せを作り出すのが科学じゃないの!?

科学と化物
 対し、彼らを見捨てた研究者たちに、科学のあり方を問う麻子が激しい!
 科学ってそういうもんだよな…

 くっふふ…、待ってたぜ女ァ! イーーーーーーーーーーヤッハアl!

 強引だが根本的な理屈
 やがて研究者ヘレナに助力を頼み、とら召喚に成功。

 とら殿、めっちゃ楽しそうだな!

 ここで終わりかよ!

次回「TATARI BREKER」、祟り壊し、ってどんなメカなのか?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 1

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 麻子の言葉は無茶苦茶ですが、そも科学は人を幸せにする為のモンだろ、って直球さが快い!

科学って幸せの為だろ!
 研究の為に、人間的な優しさが薄れてしまった彼女らに、ストレートにぶつかる麻子が熱い!
 次回サブタイ、彼らも男を見せてくれるのか?

 そういや、カムイコタンで見た残骸は、数百年経っても健在な異常な代物でした

 その生命力を断ち切るメカとか?
 いずれにせよ、自衛隊や彼らとも協力体制を築く流れだと思うし、その男前さを見たいところ!

 次回、第弐拾六話「TATARI BREAKER」



この記事に


.


みんなの更新記事