GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 京都アニメーション新作、ラノベ原作・学園バトルファンタジー作品。

リンボーと胸と“ファントム”の関連性。解決策までバカらしかった!

イメージ 41

イメージ 48

 定番のハーレムお色気路線、京アニでやったらこうなるぜ! みたいなハイクオリティっぷり!
 解決策も、単に倒すばかりってワケじゃないみたいで
 そこも面白かったです

 傍目にバカだけど、当人は真剣です! ってノリが面白いですね!

早くも揃い踏み!
 世界観、先輩の焦る理由とレギュラー集結、良い話でキレイにまとまってたのも好感度高い!
 普通のバトル、変化球な鎮魂と両方が揃ってましたし

 後は「五人目」「六人目」勧誘後、どう転がっていくかが気になりますね。

主題歌「Naked Dive」、歌うのはSCREEN mode!

イメージ 3

 夜ノヤッターマンのOPとかのユニットさんなのね。今回もカッコイイ曲!

「錯覚」の拡大した世界で
 十数年前、大規模拡散したウィルスは、幽霊やUMA、幻想と思われていたものが見えるよう脳を作り変え
 また、当時の赤子たちには、異能力を発症する者が現れ
 その退治に明け暮れるようになった

 高校一年の晴彦は、二年の舞、相棒の「ファントム」ルルと共に、日々退治に励む少年。

 が、戦力不足から和泉玲奈を勧誘し
 彼女との初任務では、「つくも神となった電柱」を昇天させる。

 これは脳が生み出した「リアルな幻想」、ファントムと戦い、共存する世界の物語―――。 

 次回、第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」

川神 舞『晴彦、まだ描けないの!』

一条 晴彦『すいません! 動き回るから、上手く描けなくてっ!』

イメージ 2

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 上が下より長く見える、みたいな(でもコレは確実に長いよね!?)

世界は錯覚で出来ている
 このような、「錯覚」がひどく多い事から分かるように、人間の認識力とは割と適当である。
 今より、「見えるもの」が多い世界の話―――

 だからって、朝っぱらから化物退治とは大変だな少年!

 一年の晴彦
 二年の舞、二人はいわゆる残念チーム。

 周囲に揶揄されたり、幼女に注目されたりしながら、朝っぱらから赤い鬼と激突!

 花壇荒らし程度だったらしいが―――

晴彦『ちはやぶるファントム! 天秤に虚像を晒せ!』

イメージ 16

イメージ 19

 ちはやぶる=勢いの早いファントムだが、晴彦の能力は、敵の姿を描くことで封印する力。
 封じたファントムは、舞が「五行の気」の反対属性をぶつけて
 そのまま消滅させてしまうらしい。

 先輩のいやらしい動きは、木・火・土・金・水からなる「五行」を扱う動作か。

※万物は以上の五つから成り立つ、というのが五行思想。

『どきどきしたね、アルブレヒト…?』

イメージ 18

 その際に存在感のあったモブ少女も、準レギュラー的なキャラクターらしいですね。
 ちなみに「アルブレヒト」とはドイツ語圏での男性名
 王様から実業家まで。

 バトル自体も、敵を鉄骨に突っ込ませて足止めしたり、一癖加えて迎撃したのが割と好きです。

 なお「アセトアルデヒド」では無い模様。

姫野アリス 教諭『今日の報酬はゼロでーす♪』

『学校の施設を壊しちゃったでしょ? 弁償して、プラマイゼロ♪』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 その「鉄骨攻撃」が仇となってしまうのだった。
 
ダメダメチームの勧誘譚
 晴彦達は、そうして「認識できるようになった」怪物を退治する、脳機能エラー対策課に所属。
 が、成績は芳しくない。

  ファントム・イーター、特異能力者だ!

 そこで新人勧誘!
 この春から高校入学、まだ対策課に入ってない「異能持ち」を探すのだ―――。

 と思ったらいきなり遭遇、玲奈ちゃんすげえ!

 ファントムを、彼が作り出した空間ごとぺろっと食べちゃった!

晴彦『君は!ガイウス・プリニウス・セクンドゥスを知っていますか!?』

玲奈『が、がい…?』

イメージ 27

 しかし、第一声が「大プリニウスを知っていますか?」とか、晴彦君も相当アレである。
 要は、彼の記述に「何でも食う化け物」があって
 それとそっくりだと。

 それまったくこれっぽっちも褒めてないですよね!?

 玲奈は他校から入学、対策課未所属、異能持ちの「狙っていた人材」そのもの!

晴彦『ま、不味い! このままではギャルゲー的出会いイベントになってしまう!』

玲奈『―――無礼者ぉ!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 34

 晴彦くん避けた! ルルが持ち上げた! 結果がこちら!!

案外あっさりと!
 もちろん、玲奈は怖がって拒否した上にやらかしてしまったが、意外や「学食」に誘うと一発。
 名家育ちで、“小遣い”という制度がないらしい

 ――――お姉様…!?

 加えて舞に懐いてしまう
 玲奈は、中学時代に「先輩をそう呼ぶ校風だった」というが…?

 ホントにそうなのか、昔の知り合いなのか?

 ともあれ彼女も参加決定!

玲奈『宮沢賢治の童話みたいですね…?』

舞『――――あの電柱って、この山で伐られた材木らしいの』

イメージ 35

イメージ 36

 この世界では、十数年前にウィルスが大規模流出し、人間の脳機能を一部作り変えてしまったという。
 結果、「ファントム」が認識され、異能を持つ少年少女も現れ―――
 そして今回のファントムがこちらです

 そしてさっそく胸を揉む先輩です

 どうも、件の五行パンチを使う為に、体内の気を整えてるとかそんなノリらしいよ!

晴彦『昔、この山では、切り倒した木を供養する踊りを踊っていたそうです』

『彼らは、自分達でそれを踊っているんじゃないでしょうか』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 彼らは九十九(つくも)、長い時を経て妖怪化した「付喪神」であった。
 
舞先輩すげえ!(色んな意味で)
 だが電柱は手ごわく、彼らが「人間に使い捨てられ、奉って欲しくて踊っている」と察した晴彦達は
 満足させる戦術に切り替えた

  いつになったら、付喪神の気が晴れるの…?

 リンボーにはリンボー!
 が、運動神経の鈍い面々は脱落し、残るは舞先輩のみに。

 コイツら、何故マジメにリンボーダンスを…!?

※彼らとの共存の為です。

が、遂に電柱に限界が!

イメージ 45

 いい加減曲がりきらなくなり、折れてしまう電柱。
 後は、舞が成功させればこっちの勝ち!

 完全に勝負になってる?!

 だがしかし―――

ルル&晴彦『巨乳がひっかかっちゃう! 玲奈ちゃんが有利だ!』『失礼だろ!』

玲奈『どういう意味ですか!?』

イメージ 46

イメージ 47

 当然、凹凸の大きい舞には、リンボーは不向きであったといまさら判明。
 しかし、解決すると「お米など」現物支給される事から
 舞は根性とガッツでカバー!

  するわよ、生活がかかってるんだからぁ!

 苦学生な舞先輩!

晴彦『何を…、そうか! 胸を弾ませて、一番低くなる瞬間を狙って!』

イメージ 48

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 晴彦、何をしょーもない!?

九十九を経て
 こうして、満足した「電柱たち」は玲奈にファントムを食われ、元の姿に戻っていった。
 最後まで、人と関わり去っていった木の魂たち

  もしもう一度、木に生まれ変わったら…、また人間の役に立とうと思ってくれるだろうか……

 使い捨てられた電柱
 けど最期まで、人間に見送って欲しくて騒いでたんですよね。

 舞先輩が、多大にセクシーな恥を晒しながら決着し、「封印役」として玲奈の有能さも証明。

 結果、晴彦君無能説になったがそれはそれとして!

晴彦『幻想と現実が曖昧になった世界で、俺達は今日も生きていく…』

ルル『あたしも生きてくぞーーーーーっ!』

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 59

 締めは、どうも「異能持ち」ながら対策課に入ろうとしない、一匹狼の少女との出会い
 そしてサブタイの回収

 ファントムとは、あくまで「脳が生み出した幻想」だと晴彦は認識。

 見えなかったものが見えている
 ではなく、脳が生み出したリアルな幻影、存在しないはずなのに見えているものと捉えている…?

 微妙に腑に落ちないモノローグと共に本作もスタート!

予告・晴彦『今度のファントムは、ロボットとUFOだ!』

そしてストレッチと湯上りと、すれ違った新ヒロインとの遭遇回だ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 1

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 Web予告配信中、画像付きの感想記事はこちら。

なんて躍動感!
 今回、割と大仰なサブタイと感じましたけど、まさにそんな回だったと締めの一言に納得。
 にしても、めっちゃ揺れてましたね
 サービス過多!

 基本、こういった直接的サービスは控え気味な同社が、全力で取り組んだ一作!

 能力は高いのにダメチーム評価など
 基本設定的に、割とありふれてたけど魅力的に見せてくる、シリーズ構成自ら脚本の意欲回だった!

 次回、第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」

■関連感想記事
 第1話「ファントムの時代」、第2話web予告。
 [ 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」]

この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事