GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

銀vsサイコ! 勝敗の読めぬ“特別試合”、さあ、どちらが勝つか!

イメージ 1

 毎度ながらアナウンサーさんが絶好調で笑う。

シルバーに濃厚な死亡フラグ?
 さあ、やはり始まってしまった特別試合、シルバーマンには「登場したばかり」の補正があり
 そのボディが誰か、という点も気になるところ。
 状況では、彼が優勢かと

 しかし、言葉の端々に「サイコに敗れ、彼らにトラウマを遺す」気配が…?

 シルバーは負けても良い
 むしろ、「次世代超人」に託すのが彼の意思という気もします

 動機から言えば、シルバーの敗北濃厚か?

シルバーマン、遂にハッキリと口にする

イメージ 2

 ゴールド達が、現「あやつ」をどう思っているかは、散々に語られています
 ザ・マンに対して堂々と言い切った形に

 本来なら、ザ・マンも「超人」であり、元・神に過ぎないはずだった。

 だから「マン(超人)」。
 彼は、超人たちを愛するあまり、絶滅命令が下された彼らから、助けられるだけを救って始祖にした。

 それが、いつしか「神と超人」の関係に戻ってしまっていたんですが―――。

サイコ『私の一番の理解者だったあなたが……』

イメージ 3

 にしても、このサイコ野郎は今週もノリノリである! 磯野ー、闘おうぜ!的な!
 つまり、考え方が違っちゃったわけだから
 過ごした日々も違う

 かつては同格、考え方の違いで、強さに差が出来たはずだと。

 しかしサイコがこんだけ信頼するって、かつてのシルバー、どんだけド外道だったのか!?

だが「二人の立ち位置」は明確に違うワケで…?

イメージ 4

 シルバーは、「後進たち」に世界を託す目的で鍛え上げ、そして見守り役に徹してきた。
 対し、サイコもネプキンとかを鍛えた事はありますが
 基本は自身の強さの追求

 二人は、指導者ポジと生涯現役ポジで、結構違うのが気になるところ。

 一応シルバーも、「勝つ」とは言っていますが…?

あとネメシスお前もな!

イメージ 5

 そういやネメシスもいましたが、彼は「ご先祖が始祖だったんだヒャッホウ!」って面もあるし
 正義超人、という存在へのアレルギーも強烈
 銀の血筋を捨てた男!

 彼にも、ご先祖本人が「正義超人とはこういうものだー!」と見せ付ける流れ…?

 ご先祖当人が!
 さすが、なんて強烈なキーワードだろう!

※昔は彼もワルでした

イメージ 6

 124話では、生存していた「下等超人」が思い上がり始めたとき、大☆粛清を行ったと回想。
 最初は、下等超人が生きてて良かったと考え
 元気でよろしいと考えた

 が、彼ら同士で、強者が弱者を虐げ始めて格差が生まれた時、「強者」を粛清した一件

 弱者を守る為の虐殺
 それが高じて、「やっぱ管理しないとダメだわ」と変質した第一歩。

サイコマン『ノーダメージです!』

イメージ 7

 言い切ったー! この外道な言動に、一周回って愛せてきたサイコ野郎!
 そういや、まだ一日も経ってないんだよ!
 当日中の戦いだよ!

 そういや、劇中で「日をまたいだ」描写って、今シリーズだと何回あったんでしたっけ!?

 すげえ長い一日だよ!

『忘れるわけもない、勝率はちょうど五分と五分だよ』

イメージ 8

 数知れぬ回想でも、ほぼ毎回サイコとシルバーは並んで座っていますが、模擬戦も数知れない
 当然、その勝率は五分五分だから決着だぜ!
 という王道展開

 ですが正直、「勝って理解しあう」というのは非常に難しい案件ですが…?

 まあ、ジャスティスが敗北するも自害しなかった例も生みましたが

この戦い、シルバーの「勝ち」とは、言葉通りの意味なのか…?

イメージ 9

 もっとも万が一サイコが銀を倒し和解しても、始祖の不文律で、自害が命じられるワケですが…?

エクストラマッチ!
 シルバーは、「超人」となったザ・マンが、今や超人閻魔という“神モドキ”となった事を糾弾
 変節した師に、兄と引導を渡すつもりだと宣言する。

 シルバーの謀反に、サイコマンは「なら試合で決着をつけよう」と提案。

 かつては同じ願いで同じ強さだった。
 なら、別の願いで生きた今、強さに差がついたはずだと。

 始祖VS始祖!
 次回、禁断の闘い、開幕………!?

次回、1月25日配信開始。
 配信サイト http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/


■2015年
 第116話「下される審判!!の巻」
 第117話「疑惑の判決!?の巻」
 第118話「新たなる闘いの序曲!!の巻」
 第119話「悪魔将軍の狙い!!の巻」
 第120話「武道、復活!!の巻」
 第121話「奇跡の神木!!の巻」
 第122話「ストロング・ザ・武道の正体!!の巻」
 第123話「ネメシス、新たなる使命!!の巻」
 第124話「出現! サイフォンリング!!の巻」
 第125話「死地に臨むのは誰だ!!の巻」
 第126話「“許されざる世界樹”決戦、開幕!!の巻」
 第127話「敬意なき者!!の巻」
 第128話「怒りの悪魔殺法!!の巻」
 第129話「バッファローマンの“ウソ”!!の巻」
 第130話「バッファローマン覚醒!!の巻」
 第131話「闘いを愛する者たち!!の巻」
 第132話「ロングホーンVSエルクホルン!!の巻」
 第133話「たったひとつの“嘘”!!の巻」
 第134話「キン肉族の因縁!!の巻」
 第135話「キン肉王家の闇!!の巻」
 第136話「キン肉族を捨てた男!!の巻」
 第137話「歴史の光と影!!の巻」
 第138話「正義の魂に触れた者!!の巻」 
 第139話「死中に活あり!!の巻」
 第140話「闘将! ラーメンマン!!の巻」
 第141話「心に宿ったものは!?の巻」
 第142話「決死の伝言!!の巻」
 第143話「テリーが闘う理由!!の巻」
 第144話「“正義”の名の下に!!の巻」
 第145話「テリーマンの空中殺法!!の巻」
 第146話「テリーの左足!!の巻」
 第147話「完璧が目指す“圧勝”!!の巻」
 第148話「磐石なる仇敵!!の巻」
 第149話「“正義”が認めた“正義”!!の巻」
 第150話「永遠なる魂!!の巻」
 第151話「番狂わせ!!の巻」
 第152話「ベルリンの意地!!の巻」
 第153話「すべてを知る者の出現!!の巻」
 第154話「運命の邂逅!!の巻」



この記事に


.


みんなの更新記事