GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 ガンダムUCと同時期、一年戦争終戦記念式典から始まる“初代ガンダム”モチーフ作品。

フェネクス、PG版ガンプラの新ギミック「ユニコーン第3形態」を再現!?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 通称アンチェインド、胸部装甲などが更に展開した「仕様上のユニコーン最終形態」、漫画でお披露目!
 プラモギミックを、“宇宙世紀”で描けるフットワークの軽さ
 漫画作品ならではですね!

 もっとも、所詮はパイロットを失った機体、一回接触しただけで出番は終了に。

事態は再び「ナイトロ」絡みに
 てなワケで、式典用という名目の試作機は、“フェネクス”の持ち主に気に入られてしまい
 彼に追いまわされる事に

 ガンダムらしい、各者の思惑が絡み合う物語に突入した感じですね。

このガンタンク、「ガンキャノン」と合体しおった!?

イメージ 4

 バックパック化し、系列機と合体可能なのね。

「見込まれる」者達
 宇宙世紀0096、連邦地球軍の「一年戦争終戦式典」用に、WB隊を模した部隊は襲撃を受けるが
 式典用MS、Gファースト、キャノンガン、GFタンクと共に
 度重なる偶然を切り抜ける。

 結果、連邦の強化人間装置“ナイトロ”研究部隊は、半年行方をくらませたユニコーン3号機を回収

 黄金の三号機フェネクス
 その反応に、彼ら「アンヴァル隊」にニュータイプの素質を確信

 手を回し、ジオン残党部隊を焚きつけ、アンヴァルの寄港地だったドッグ艦を襲撃させる。

 全ては「彼ら」の素質を知る為に……?

『ドッキング? お、俺は何と合体するんだ!?』

イメージ 10

 名目上は、式典用に、現用機を「ガンダム」「ガンキャノン」「ガンタンク」に模した機体。

ドッキングゴー!
 今回、遂にGファーストが「ガンタンク」と合体し、完全な姿を披露!
 ガンプラになると良いね!
 無理?

 合体シークエンスは、初代ガンダムを連想させるもので、ちょっとしたお遊びを感じる一幕!

 要は、動力を追加するパワーアップパーツってワケだ!

発想からいえば「Gメカ(Gアーマー)」の現代版

イメージ 8

 ちなみにGファーストは、量産型νガンダムをベースにした機体だとも解説。
 確かに、言われてみれば似てる部分がちらほら
 最新鋭じゃん!

 ただし、量産νはサイコ・フレームなんて持っていないそうな。

 考えてみりゃ当然
 ν自体、サイコフレームは急に回ってきたシロモノを、「後付」で組み込んだシステムですし。

※そこで「フルに活用した機体」がユニコーンである、とも言える。

「Gアーマー思想を持つガンダム」といえば

イメージ 6

 作画かっけぇぇぇ!

プロトタイプZZガンダム
 ご存知、ティターンズとの戦争中には実機が完成するも、諸問題からネオジオン戦役までズレこんだ試作機
 コア・ファイターが付いていないのが一番の違い
 既に10年近く前の機体である

 が、ZZは複数の動力炉を有しており、νガンダム比で二倍以上のパワーを持ってたりする。

 今回は顔見せのみ!
 当然、近代化改修されて性能アップしてるでしょうし、有用なんでしょうね。

 ちなみに難航したのは可変機構などで、同機構を持たない「FAZZ」が先に実践投入されてたりもします。

「英雄志願」の少年は

イメージ 7

 事件の発端となったジオン残党の少年は、「自分の行動が他人を巻き込む」教訓を学び
 辛い経験を糧にしてくれた模様

 それを知っているかいないかで、人間として大きな差が出来るはず。

 良い爺ちゃんたちです、ホント。

「袖付き」特殊部隊、今回はほぼ訓練パートのみ

イメージ 5

 特殊部隊というか寄せ集め部隊というか、改めて、女の人ばっかりだなオイ!
 前作の主役部隊と同様
 今回も待機

 しかし、こうキャラが増えてくると、覚え切れないなホント!

収録

イメージ 9

 同じく関西リョウジ原作のUCスピンオフ作より、「リゼル」の部隊が合流。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・サン、3巻」。
 シナリオ:関西リョウジ、漫画:葛木ヒヨシ、メカデザ:カトキハジメ、キャラデザ:蒼依ふたば。
 角川書店、ガンダムエース連載作品。
 2016年2月(前巻2015年10月)

 第10話「ドッキング」
 第11話「GファーストDX、そして」
 第12話「死を飲み込む者達<フレスベルク>」
 第13話「風は吹いている」
 第14話「散り花の戦い」

 カバー下は「ガンダムG-ファースト」の設定画掲載、確かに量産ニューの面影が…。



この記事に


.


みんなの更新記事