GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを―――!

“プロト・ユニコーン”シナンジュ猛追! 優しい兄ちゃん、リディ少尉との邂逅!

イメージ 32

イメージ 66

 やはり圧倒的! ダグザ達の読み通り“箱”を壊さないよう、正確に各部の砲塔だけを破壊するシナンジュ!
 特殊な武器は使わず、純粋に速い強い「敵わない」感が凄まじい!
 小手先がない純然たる強さ!!

 直ちに攻撃を中止せよ、本艦はザビ家の遺児、ミネバ・ラオ・ザビを捕虜にしている!

ドズル中将の娘さん!
 まあ、アバンでバラされる「初見」視聴者殺しもありましたが、遂にオードリーの正体も開示ですね!
 初代ガンダムのジオン首脳部、その後継者。

 出撃中に墜とされる等、もはや為す術も無いネェル・アーガマですが…!

宇宙世紀0001、首相官邸“ラプラス”爆破、初代大統領“マーセナス”暗殺―――

イメージ 2

 実行犯の生き残り、サイアム・ビストは“ラプラスの箱”を入手、連邦から無限の便宜を引き出してきた。

ミネバ・ラオ・ザビ姫
 連邦軍ネェル・アーガマ隊は、“箱の鍵”を軍司令部に運ぼうとする「特務部隊エコーズ」の指示と
 兵器会社AEの重役、アルベルトの「月へ運べ」という指示に挟まれ
 立ち往生気味になってしまう

 が、これを奪おうと「シャアの再来」と謳われる男、フル・フロンタルが襲来。

 砲台と護衛機を次々潰され
 ネェル・アーガマの運命は風前の灯となったが、オードリーが「ネオジオンの姫」と発覚し状況一変。

 エコーズのダグザは、彼女の命と引き換えにフロンタルを後退させようと交渉するが―――。

 次回、第5話「激突・赤い彗星」。

リゼル隊・ノーム隊長『リディ、お前は運が強かったんだ…』

『臆病だから生き残ったんじゃないし、勇敢な奴が死んだわけでもない…』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 研究者を半ば脅しつけていた強面の男は、前回、生身でミサイルを使った「特殊部隊隊長」ダグザ。

ネェル・アーガマの憂鬱
 ユニコーンを収容したNアーガマは、大戦期の艦船の残骸と“偶然”遭遇し、ゴミと知るや警戒を解くが
 特務のダグザ隊長は、警戒は怠るべきではないと強調
 必ず来る!

 何故なら「ここ」に、ラプラスの箱があると誤解しているに違いないからだ。

 回収した“開発者”の一人に強要するが
 箱の行方を握るユニコーンだけに、外部からのアクセスにウンともスンとも言わない有様。

 オマケに、小うるさい小太りな男まで現れて散々!

 艦長達の微妙な空気も見所!

『UC計画は、宇宙軍再編計画の枠内で、極秘裏に進められてきた計画です』

イメージ 8

イメージ 9

 技術者も全容は知らず、コクピット・ハッチすら開けられません、ユニコーンは機密のカタマリ! 
 本機は、連邦宇宙軍の再編“UC計画”の旗機として生まれ
 思考だけで操作できると語られます

 が、目玉である「NT-D」への解説寸前、小太りなアルベルト・ビストにより会話は中断

 前回でカーディアスに致命傷を与えた、あの人物です。

ダグザ『艦長、単艦突破でこの宙域を離れたほうが賢明です』

アルベルト『賛成ですな。ただ向かうのは、月の我が“フォンブラウン”だ』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 アルベルトは、「アナハイム社」という超大手企業の重役なのだ。

呉越同舟ネェル・アーガマ
 艦長としては、味方が来るのを待ってから安全に母港に戻りたい、と考えていたのだったが
 箱の回収部隊、特務部隊「エコーズ」は最速で戻ろうと急かし
 民間人の意見まで!

 というのも、この「民間人」、軍に兵器やらを納入する最大手企業の重役なのだ

 意向は無視できない
 しかし、横槍を入れられまくって気分が悪い!

 ややこしい上に、表立って文句を言えるはずもなく、当り散らす艦長はますます株が下るの図。

 オットー艦長がんばって!

オペレータ『先刻の残骸が減速しました!』

オットー艦長『モビルスーツ隊に排除させろ! 押しだせるはずだ』

イメージ 17

イメージ 18

 その会話中、冒頭の「残骸」が邪魔になった為、艦長はモビルスーツに排除させようとしますが
 副長に、「もう艦へ戻したでしょ」とイヤミを言われてしまい
 短気を起こしてしまう

 だったら主砲で撃ち落せーーーーーっ!

 最初の判断は正しかった
 が、短気を起こして砲撃してしまった為、爆光がチラついて「位置」を敵に知られてしまう。

 短気は損気!

リディ少尉『―――キミの顔、どこかで見た気がするな?』

オードリー『…!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 そうだ! 女優のナツメ・スワンゾ! 似てるって言われてない?

巨人の腹より
 一方、前回「オードリー」達を助けた青年少尉リディは、きさくに彼らをもてなしてくれたのだが
 彼らの眼前で、ユニコーンからバナージが解放
 驚愕―――

 この少年は軍用MSを使い戦闘にも介入した、極刑も適応されうる重大な違法行為だ

 目を覚ますバナージ
 対し、特務のダグザ隊長は「違法」という口実で彼を尋問。

 リディや艦長、ロンド・ベル隊の呑気さと、箱を探すダグザのシリアスさが凄まじい温度差!

 尋問されたバナージは―――

バナージ・リンクス『父親だといったら、納得するんですか…』

イメージ 28

 つい自分が、「ビスト財団」当主の息子だ、と口にして二人を動揺させますが
 直後、ネオジオンが襲来

 その母艦もまあ、ファンには懐かしすぎるアレだ!

アンジェロ『今頃は、対応を決める話し合いがもたれているだろうさ』

『“責任を取りたくない責任者”の間でな?』

イメージ 26

 どうせ連邦軍の増援は来ない、とタカをくくるネオジオンの母艦は「レウルーラ」
 逆襲のシャア、シャアの最後の座乗艦となった最新鋭艦であり
 3年後の現在も健在

 ちなみに、デザインしたのは「エヴァ」の庵野秀明監督だったりする。

アンジェロ『今日は大佐が出撃をする…、我々の仕事は無いよ』

イメージ 27

 その最大の戦力は、「大佐」が搭乗する赤に金字をあしらった華美なモビルスーツ…!
 なんて強そうなワンシーンでしょうか。

 この迫力!

オペレータ『熱源接近! デブリの中を…!? ありえない!』

『先頭は、後続の三倍のスピードで接近中!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 俺達の艦は、俺達の手で守るさっ!とサワヤカ好青年なリディ・マーセナス少尉ですが…。

「赤い彗星」の亡霊
 遂に現れた「仮面」、彼は、隕石が視界を埋めるような密集地域をスイスイと加速して突撃!
 慎重な味方機に対し、相対的に三倍ものスピードを記録!
 怪物!

 見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを―――!

 帰って下さい!
 が、その男「フル・フロンタル」は、見る間に“艦の大砲”だけを正確に射抜いていく…!

 MS一機で、戦艦一つを丸裸にしようという暴挙!

 これが“赤い彗星”!

オードリー『―――私と逃げて!』

イメージ 38

 一方、実は艦内で「亡霊」の実力を最も知る少女は、この事態に逃亡を宣告。
 このままでは、間違いなく敗れ去る
 それではいけない

 あの「亡霊」に、“箱の鍵”を渡さない為に逃げようとするオードリー・バーンですが―――

コンロイ副司令『―――素人どもめ!』

ダグザ司令『この艦は、奴らにとって“箱に匹敵するもの”を乗せている!』

イメージ 39

 そんな「敵」の強さを知らない特務部隊は、アーガマ隊が弱いせいだろうと毒づきますが
 箱を求めるなら、この艦を撃沈するような愚は冒さないとも確信
 とある映像データを探します

 彼らは、さっきすれ違ったオードリーが、「とある人物」ではないかと疑い―――

 ぶっちゃけ“ミネバ・ザビ”かと照合してたんですね。

“オードリー”『今なら逃げられる! あなたは戻って身を隠すの!』

『私は、あの機体を処分する方法を考える!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 オードリーは、影響力が強すぎる為、逆に「自分の望み」は決して言わないよう育てられたらしい

君自身はどうしたい?
 が、先を見通したように「何も説明せず」バナージを逃がそうとした彼女に、彼は反発。
 彼女を驚かせる。

 何も知らされないで決められるわけ無いだろ! そんな話し方で、人を従わせようとするの、ズルいよ……!

 彼女の育ちは特殊。
 周囲が、「諒解してくれる」環境で育った少女。

 また高貴な身分ゆえ「義務」が当たり前で、「君自身はどうしたい?」と返され困惑します

 逡巡の結果、ダグザ司令にとっ捕まる事に。

ホマレ中尉『<ビビってんじゃねーのか、おぼっちゃん?>』

リディ少尉『ホマレ中尉こそ、声が上ずってますよ?』

イメージ 45

 一方、母艦を自分達で守ると意気込んだリディですが、まだ戦闘経験が浅い彼は緊張。
 それを察し、先輩が声をかけてくれる場面も。
 良い部隊じゃないの!

 しかし―――

アルベルト・ビスト『早く逃げるんだ月へ! “シナンジュ”だ! 赤い彗星だ!』

『シャア・アズナブルの、再来と呼ばれている男だ…!』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 1

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

 逃げようとするれば無防備な艦を撃ち抜かれるだけ、罵倒しあう艦長とアルベルトであった。

「赤い彗星」の亡霊
 情報通、MS開発会社の重役であるアルベルトは、アレが“ユニコーン”の試作機であり
 操るのは、伝説的なパイロット“シャア”の再来だと怯え
 恐怖を叫ぶ

 シャアは消息不明になってる! 敵は亡霊でも何でもない! モビルスーツ隊にも知らせぇ!!

 見る間に千切れ飛ぶMS隊!
 さっき、優しい言葉をかけたホマレ中尉は出撃時に爆散

 続いて一話冒頭と同機種、スタークジェガンが潰され、その間も艦への攻撃を止めない赤い彗星!

 その名はフル・フロンタル大佐(直訳は丸裸)!

セルジュ少尉『アンジェロ大尉、敵は複数です、せめて援護射撃を…』

アンジェロ大尉『我々はここに控えていればいい……』

イメージ 61

 一方、彼の親衛隊は「親衛隊長アンジェロ」に制止され、ひたすら傍観者に徹していた。
 アンジェロとは、要はこういう男なのである
 フロンタルの崇拝者

 大佐の邪魔になるだけだ……

リディ少尉『こんなんじゃ、皆が!』

ダグザ・マックール司令『<攻撃中の敵機、聞こえるか―――?>』

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 ネオ・ジオンのお姫さまと聞き、驚きと憎悪に歪むリディ少尉ですが―――。

ミネバ・ラオ・ザビ
 やがて、絶体絶命の状況で飛び出したのは「人質」による交渉、ダグザは彼女を人質とする。
 彼女こそ、ネオ・ジオンの精神的な支柱
 ザビ家の姫

 直ちに攻撃を中止せよ、本艦はザビ家の遺児、ミネバ・ラオ・ザビを捕虜にしている!

 初代ガンダムでのジオン首魁
 彼ら、「ザビ家」の唯一の直系の遺児として、ZやZZにも登場し姿を消したあの少女であった

 あのビグ・ザムで有名なドズル・ザビ中将の愛娘!

 DNAが仕事してない!

余談。連邦政府の特殊部隊“エコーズ”とは?

イメージ 39

 彼らは「戦車もどき」で暗躍していた連中で、通称“マンハンター”、人狩りとも呼ばれる特殊部隊
 ネオジオンも、「エコーズが出てくる程」と評するぐらいで
 重要な任務に現れる

 特権と秘匿された情報を握り、「あらゆる場所」に現れ、現地の部隊と異なる命令系統で動く。

 なので基本的に嫌われる
 が、、その性質上「私欲」が抜け落ちた、職務に極めて忠実なスゴ腕部隊である。

余談2。“ビスト財団”とは

イメージ 10

 開示されれば連邦政府が転覆しかねない、「箱」を握り、連邦政府から便宜を引き出してきた
 彼らは、小さな企業だった「アナハイム社」を成長させ
 大きな影響力を持っている

 同社は、モビルスーツの開発と生産を担い、密かに「陣営を問わず」売りさばく死の商人である

 アルベルト・ビストは両者の重役であり、その発言は無視できず鬱陶しい

ラスト余談。“プロト・ユニコーン”とも位置づけられる真紅の機体

イメージ 52

イメージ 35

 無粋な遠隔兵器を持たず、操縦者に追従する操縦・機動性に特化、ジ・Oを思わせるコンセプトである

MSN-06S シナンジュ
 今回、情報通アルベルトを恐怖させた本機は、クシャトリヤ以上にとんでもない機動性で圧倒
 ファンネルなど、特殊な火器こそ持っていないのだが
 機体性能が純粋にスゴい

 搭乗者の「こう操縦したい」というイメージを、直接機体に反映させるシステムを搭載。

 ユニコーンのシステムの原型である。
 ちなみに開発の系譜としては、むしろ「νガンダム」の延長線上にある。

 ネオジオンに「強奪」され改修されたが、建造時「スタイン」はもっとガンダム的で、ガンプラ化もされている。

次回、ユニコーンvsシナンジュ! “変身”しないユニコーンは苦戦…!?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 1

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 この「アルベルト・ビスト」が、前回、バナージの父「カーディアス・ビスト」を撃った人物。

赤い彗星の亡霊
 これまで、遠隔砲台「ファンネル」で圧倒したクシャトリヤに対し、シナンジュは一味違う!
 純粋に、モビルスーツとしての性能を磨き上げた
 そのシンプルな強さ!

 シンプルが良い! どこかOVA時より作画が良くなってる感もあり、凄い迫力だった!

 ネェル・アーガマのゴチャゴチャな状況も
 ノンビリとしたロンドベルに、シリアス極まるエコーズ、居丈高な情報通アルベルトとややこしい!

 この雑然とした人間模様、「ガンダム」って感じもありますね!

 次回、第5話「激突・赤い彗星」
 またシンプルな!



この記事に

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事