GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 旧MSVの代表的人物、シン・マツナガを新設定で描き、宇宙世紀の有名人物を次々と登場させる外伝作品。

ガンダム起動! これまで出会った“英雄”達が、次々に死んでゆく…!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 遂に「アニメ・初代ガンダム」の時間軸に突入、ガルマがラルが三連星が次々と斃れ
 上司にして親友、ドズル・ザビも心折れてゆく激動の時代
 マツナガが“戦場”に居なかった理由

 名家「マツナガ家」の人間として、デギン公王に講和を直訴する為だったと…!

エースの邂逅
 実際、原作では公王が講和を申し込んでますし、マツナガがそれに絡んでたという設定に…?
 歴史の転機に関わっちゃうのね

 加えて「真紅の稲妻」と「白狼」が邂逅する、ありえないワンシーンも実現!

一年戦争は、末期“9月”を境目に激動の時代へ―――

イメージ 4

 9月半ばに「ガンダム」が起動、ラルとハモンの死も伝わる…!

白狼、稲妻に出会う
 UC0079年9月、ソロモンを襲った「アンタレス作戦」は未遂に終わり、連邦兵オスカーは投降
 戦争を終わらせる、と口にしたシン・マツナガに
 個人的に仕える事となる

 同月、連邦軍の「ガンダム」が起動し、ジオンの名だたるエース達は次々と戦死。

 ソロモンへの全面攻撃を予感するドズル
 彼は、本国へ直接「増援要請」するようマツナガの頼み、マツナガ自身は「講和」要請を目的に旅立つ
 
 が、彼の真意を看破した「キマイラ隊」に襲撃を受け―――

敢えて「ザビ家暗殺」を狙ったのは、戦争を避ける為だった

イメージ 5

 玉砕同然に暗殺作戦を敢行したのは、連邦軍が「モビルスーツ」開発に成功した為だった
 五分に戦える兵器は、両軍の総力戦を促し
 大きな犠牲を出すだろう

 だけど、少しでもジオンの戦意を削げば、「モビルスーツ登場」の時点で降伏するかもしれない。

 国力が違うのは明らか
 技術差が埋まった今、勝算が無くなったとジオン国民は理解するはずだ

 ジオンを「弱気」にさせる為の作戦だった、と。

「愛妻家」ドズルが愛人を作ってしまったワケ

イメージ 8

 またドズルには、ハマーンの姉であり、ジオン有力者の娘マレーネが「侍女」として仕えています
 ガルマを失い、家族がバラバラになった事に心が折れたドズルは
 彼女に手をつけてしまう…?

 設定上、「愛人」を持っていたドズル、それは弱気ゆえだったというエピソードが。

※ハマーンの姉がドズルの愛人
 この設定自体は、かなり古くからあったはず。

「ソロモン攻略戦」には参加しなかった男、シン・マツナガ

イメージ 7

 実は、名家マツナガ家の一員として、デギン公王に講和を直訴するためだったという設定に。
 その際、これを阻止する命令を受けたキマイラ隊と激突
 窮地に陥ります

 てか、またもマツナガが「キマイラ隊を独りで切り抜ける」とか、さすがに強さを盛りすぎじゃ!?

 全員がエース級、MSVを代表する連中なんですよ!?

収録

イメージ 6

 MS-06R-2を受領した4人のパイロットの一人、撃墜王ロバート・ギリアムも登場!

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムMSV‐R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ、7巻」。
 虎哉 孝征、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2015年3月(前巻2015年9月)。

 FABULOUS-R035「DECIDE」
 FABULOUS-R036「AWAKEN」
 FABULOUS-R037「REQUIEM」
 FABULOUS-R038「ONE WAY TICKET」
 FABULOUS-R039「CRIMSON」


この記事に


.


みんなの更新記事