GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 ガンプラで見る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(その5)、今週は一日遅れでの掲載に

“体型”に一切手を加えず、可動部に手を入れた「隊長機」作例!

イメージ 1

イメージ 2

 電撃ホビーweb該当ページはこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/196480/

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
 放送に合わせ、過去の作例を再掲載するユニコーンシリーズ、第5弾はHGUC版リゼル隊長機の作例!
 先行した、“リゼル一般機”のバックパックと武装を変更
 カメラアイもグリーンに

 劇中ではリディ少尉の尊敬する先輩、ノーム隊長の乗機だったが、5話でシナンジュに討たれた

 短いながらも印象的な衝突!
 特に、シナンジュが「前腕から」サーベルを出すのが見どころ!

 アレはHGUCでは再現されておらず、「第4回」作例では、独自に再現が行われています

 そして今回の隊長機は、そうした目だった改造こそ無いものの―――

より「ゼータガンダム」に近い、それが隊長機である

イメージ 3

イメージ 4

 背部に大気圏内飛行にも対応したウイング・バインダーを装備、大型のビームランチャーも携行
 これだけで、箱型バックパックだった「リゼル」よりゼータっぽいですが
 内部的にも近いのです

 本機は熟練者の搭乗が多く、操縦補助を敢えてキャンセルしていたパイロットが多かったと

 人型と宇宙戦闘機
 その操縦感覚が大きく違う点が、ゼータの「量産」に向かない点でもありました

 一般機は、その簡易化を図って、操縦補助がされているのです

作例と素組の比較、体型こそ変わらないものの―――

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

■作例概要
 「HGUC 1/144 リゼル(隊長機)」の非常に良好なプロポーションはそのままに、各部の可動範囲を拡げるための改造工作を行っている。わずかな改修でさらに派手なポージングが可能になった本作をご覧頂きたい。

■COLORING DATA
 青…33番・純色シアン(G)+36番・純色グリーン(G)+1番ピュアホワイト(G)
 水色…CG138番・ブルー(35) 白…GX1番・クールホワイト
 黄色…CG3番・イエロー(1) 胸等…14番・ネービーブルー
 関節等…CG100番・グレー(24) 武器等…71番・ミッドナイトブルー
 バーニア…61番・焼鉄色
※(G)がガイアノーツのガイアカラー。特に表記のないものはGSIクレオスの「Mr.カラー」及び「ガンダムカラー
 特にポイントは「巡航形態」の背面、腰部に推進器を仕込み、それっぽさをアップ!
 変形は、推進器を後ろに集中させる、という設定に従い
 手を加えています

 また、肩の削りこみや、胴体に手を加え、可動範囲を広げているそうな。

 プロポーションは良好
 ただ、PC-001関節がやや保持力が心もとないのと、「変形」に縛られ可動にやや不満があるリゼル

 でもやっぱり、カッコ良いのは大正義ですよねって改めて思った!


この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事