GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 謎の軍の侵略を受け、“戦砲”と呼ばれる兵器が発達した架空の現代を描く軍学校少年物語。

“命を守る為に”戦場へ。新展開への前日譚、犬系ヒロイン登場巻!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 いきなり戦場! あれ前巻どんなだっけ?!と思う間もなく、“この一ヶ月”が語られていく5巻!
 時限爆弾のような諒平の父、やはり爆発してしまいましたが
 物言いが意味深で気になります

 彼女はまるで―――、主人の賛美を待つ、猟犬の貌をしていたから(由宇)。

忠犬型ヒロイン「薙」
 また、妹同様に別の時代(並行世界?)から憑依しているヒロイン、“薙”も新たに加わりました
 これがまた可愛い!

 作者、天王寺先生も自画自賛の黒ストッキングヒロイン!

なお“身体”は、イジメられ「強×」「売×」された少女…

イメージ 5

 元々正義感の強い子で、それが原因で以下省略とか報われないにも程がある!

命の為に死地へ
 諒平が死ぬ、その予知を得た由宇は、死を食い止めるべく彼に付き添って戦場に立つ事を選ぶ
 今回は、その決断へ至る“一ヶ月”の物語だ。

 諒平の父が暴力を振るい、弟、陽平が重態に陥る事件が起きた。

 父は逮捕、弟達は旭母の家に保護。
 諒平は、戦砲開発の為に招かれた由宇と共に長野の旅立ち、“プロゥブ”の侵攻に巻き込まれる。

 由宇に、新たに“憑依者”薙が護衛に着き、戦いは「一ヵ月後」へ新たな局面を迎える。

なお六花さん、めっちゃ苦手である模様

イメージ 6

 珍しく雑な表情になる六花、「薙」の中の人は、かつて六花の中の人の護衛だったらしい。

ややこしいな!
 が、自分の身を省みない性格だったので、ずっと気にかけているらしい。
 六花さん、ホント良い子である。

 が、そんな彼女が最愛の兄に懐いてしまい、もうホントどうしたもんだか状態という最新刊。

 薙ちゃん、存在自体が死亡フラグか!
 作者、天王寺先生も気に入ってるキャラらしいですが、×姦とか×春未遂とかホント設定的に欝いな!

収録

イメージ 7

 辛い過去を持つからこそ、より生きる輝きがあるとも言えるのですけれども。ええ。

 角川コミックス・エース「GUNNERS -ガンナーズ- 5巻」。天王寺キツネ。
 月刊ヤングエース連載、KADOKAWA発行。
 2016年2月発売

収録
 第三十四話「戦場」
 第三十五話「悲劇」
 第三十六話「新たなる影」
 第三十七話「真壁悠紀」
 第三十八話「真壁兄妹1」
 第三十九話「真壁兄妹2」
 第四十話「薙」
 第四十一話「御代田にて」
 第四十二話「薙の闘い」
 第四十三話「口火」

 ナギ的 あとがきのようなもの

■関連記事
 うぽって!! 8巻

この記事に


.


みんなの更新記事