GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 潜水艦は全長84から82メートル、30階立てビル並みってマジかよ!

埃まみれで頭を下げて、ささやかな願いを口にした母ちゃん…。良い人だよ!

イメージ 57

イメージ 19

 遂に登場おかあちゃん! 自衛隊が迫っている中、「そんな事してる場合か!」という気持ちと
 本当に良かったなあ、という気持ちがせめぎあう回だった!
 親子の再会、誰が責められよう!

 我は白面…、その名の下に、全て滅ぶべし―――…!

復活の白面
 って、抜けたら「日本が崩落する」はずですが、“巨大妖怪”の出番なのでしょうか?
 あの巨体なら代わりになるか?

 いずれにせよ、遂に来るべき時が来ちゃった回だった!

悟朗『そいつの目は、母親をダシにホラを吹く奴の目じゃなかった…』

イメージ 2

 多くの助けを得て、うしおは母の元へと急行するのですが――――

白面、復活
 うしおは悟朗と赤羽、そして母の協力を得て、遂に母が奮戦し続ける岩柱に到達。
 親子が、一時、ほんのささやかな幸せに浸る中
 東西妖怪連合も到達

 実は母・須磨子もとっくに限界であり、自衛隊の手がなくとも、結界崩壊は時間の問題だった。

 騙された自衛隊により岩柱は崩壊
 かくて、「日本妖怪と日本人」の連合軍に倒されて以来、700年の封印は解ける。

 須磨子は息子を信じ吼えるが、うしおもとらも、潜水艦すら木の葉の如く吹き飛ばす巨体に圧倒されていた

 次回、第参拾参話「獣の槍破壊」

艦隊司令『30分で取り付けろ、“アリス”作動チェックは潜行後に行う』

厚沢さん『これがあるのとないのでは、負荷が違います』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 この猛烈な妖気を避ける為、自衛艦隊は遠距離攻撃に徹する予定だったそうな。

海の男たち
 自衛隊は、ハマー機関の対妖気システムを緊急設置、異例の処置だが「隊員の命も守らねば」
 部署を越えて、艦隊司令は容認する
 一方

 なあボウズ…、母ちゃんに会ったら何て言うつもりだったんだよ………?

 システムを持たない小型艇
 ウンディーネは、ガキが「会った事もねえ母親に会いたい」と聞かされ、命を懸ける!

 母親は会った事もなく、死んだと聞かされていたうしお。

 その告白にオッサンが燃える!

うしお『文句、くどくど聞かせてやるなんて思ってた…』

『でもさ、俺、母ちゃんの作った味噌汁、飲んでみてえな……』

イメージ 10

 あまりにささやかな、大怪物と人間の決戦の最中に飛び出した、あまりにささやかな願いに
 ゴローさんが燃える!

 赤羽、すまねえな……、頼むよ。こいつを助けてやりてえんだ

赤羽『悟朗さんが、頼む…? …しょうがないッスね!』

『お母さんにちゃんと言うんだぜ、イカす人たちが助けてくれたって!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 大の男もビビる眼光、この目と睨みあい生きてきた母、なんたる覚悟か!

母ちゃん
 また、母さんが「結界」を一時拡張し、イカす男達の着艦スペースを確保してくれるサービスも!
 うしおは“真実”をつい最近知った―――

 な、なんだよ、なんで頭下げてんだよ! やめろよ、母ちゃん!?

 うしおも文句はある
 ずっと、長年たまりにたまった文句があった、溜めてきた不満は消せるはずがない。

 が、雲散霧消するような母の土下座!

 ホントこの人は!

母『そんな…、資格がないと思えど…』

『幾度、そう呼ばるる事を夢見たでしょう……、潮』

イメージ 19

 母こそ、そう罵倒されて仕方ない、それでも会いたいと夢見てくれたと知るうしお!
 何だよこの美人!

 すげえ健気な美人じゃねえか父ちゃんてめえ!

※江戸時代の生まれで、お役目様である間は年をとらないそうな(先代は引退後に光覇明宗の指導者に)

自衛官『目標のイメージ画像、出ます!』

イメージ 20

 一方、自衛隊の潜水艦隊は、2009年就役の最新鋭艦「そうりゅう」級も加わって岩柱の傍に。
 白面デカいってレベルじゃない!

 が、眼前の柱を叩けば、その力は失われると艦隊は信じ――――。

 俺達の戦いはこれからだ!

うしお『(なんも言えねえよ……、色々、言いてえこと、あったはずなのに…』

蒼月須磨子『―――この傷は、どうしたの?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 私のいない間、苦労をかけましたね…。紫暮さまや貴方に、許してもらおうなんて思いません……。

生傷だらけ
 邂逅、頭が真っ白になったうしおは、母の気遣いに「なんでもねえよ」と慌てて笑い返すと
 いつもの事だと屈託なく返す

 うしお…、お願いが、あります……、頭をなでて、良い…?

 この親子、健気だよ!
 母ちゃんは頭に埃をかぶっちまうくらい、たぶん十何年と座り続けていたらしい。

 睨みつけてくる白面に、一切の恐怖を感じぬよう睨み返す日々

 慌てて払ってくれる潮、良い子!

とら『あいつ、白面のところへ行けたのか…?』

イメージ 32

 一方とらさん、流を硝子の雨で弔った後、岩柱に向かいつつありましたが―――
 久々の“アレ”が登場!

山ン本『やめよ“西”よ! 今、白面を攻撃してはならぬ! 何度言えば分かる!』

“西の大将”神野『あの結界が消えた時こそ、白面を討つ時ぞ!』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 かあちゃん、その、味噌汁、その、つ、つ、つく……

うしおのご褒美
 一方、「結界消滅」を好機と見た大妖怪二体、2期1話目で“製造中”だった合体妖怪が出陣し
 潮と縁の深い山ン本と、ほぼ初対面の神野が対立
 空中大喧嘩!

 ごめん! 俺、本当は魚雷をやめさせるはずだったのに間に合わなくてごめん!

 岩柱も破壊!
 蒼月親子、ごくささやかな願いも叶わず事態は急転

 確かに「魚雷襲来」を知って伝えなかった、伝え忘れてしまったのはうしおの失態!

 ですが――――

須磨子『良いのです! 私の結界能力に限界が来ていたのも…!』

『白面が人間をたぶらかしたのも、時節というもの―――』

イメージ 49

 いずれにせよ、母はとっくに限界、ジエメイの転生体だった「初代」は400年も奮戦しましたが
 そのまた子孫では、血も力も薄れてしまったのでしょうか。
 或いは潮を産んだ為か?

 いずれにせよ、こうなったのは時節、来るべき時が来ただけだと返す母!

 血を吐くほどの負担で、ああも笑っていた母さん!

うしお『700年もの間、代々、お役目様が張ってきた結界が……!?』

『今、破れる!?』

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

 この圧倒的ラスボス感! 勝てるかこんなもん!!

我は白面
 かつて平安時代にズタズタにされ、「日本」を人質にし、命を永らえるも“封印”を受けてきた白面
 余波は、1隻“30階ビル”相当の潜水艦群を蹴散らしていく!
 デカすぎィ!

 我は白面…、その名の下に、全て滅ぶべし―――…!

 うしおも凍る!
 が、満身創痍で子供らを信じる母、なんと頼もしく健気な事でしょうか!

 一発で吹き飛ばされる12隻の潜水艦隊、早くも串刺しにされてしまった“西”の合体妖怪!

 とらも絶句、遂に復活だよ…!

次回、「獣の槍破壊」。時順の見た未来、その先にあるものは…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

 言葉に詰まったうしおに、「つっつく?」とか返す母さんの可愛い事!

真由子は!?
 いや、てっきり先に母の元に着いてると思ってましたが、それだとドラマ的にもアレですかね
 その場合、真由子から潮の事をたっぷりと聞いた後になりますし
 再会はこうでなきゃ!

 そして遂に復活してしまった白面、どうやって斃したんだよ七百年前は!?

 とらもビビってたあたり
 日本の地脈に食い込み、以前よりパワーアップしているんでしょうか? そして「槍破壊」の行方は!?

 次回、第参拾参話「獣の槍破壊」



この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事