GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 人を喰う怪物「喰種」が闊歩する世界を描く、東京喰種の直接の続編(アニメ2期からでも良)。

隻眼の王と“思われた者”の告白! 死屍累々。カネキ、新たな段階へ

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 今巻は本当に死屍累々、その遺体すら「材料」になってしまう本作は、悼む間もないのもキツい…
 カネキも、ハイセから“非情な三つ目の人格”へ。
 彼に戻り道はあるのか…?

 喰種に対し、自身は「隻眼の王ではない」と、そして“人に対し自分は喰種だ”と告白するエトですが……!?

「本物の王」とは?
 月山事件後、加速的に追い詰められる“アオギリの樹”、ただ技術的には逆ですよね?
 シラズ、彼の遺体による新技術とは…?

 変革の前段階、大いに盛り上がり大いに悲しい巻。濃い。

知性を見せず、異常な再生力を見せた「大口の喰種」ノロ、戦死

イメージ 4

 店長に「我が子」を託された、エトの親代わりだったと判明。怪物化した理由は…?

「V」の暗躍
 5月、月山財閥討伐事件は、当主である月山親子を逃すも多くの喰種を討ちCCGの勝利に終わった
 が、「隻眼の梟」エトと激突したハイセは、再び人格が壊れ
 非情な青年と成り果ててしまう

 それから半年、11月には“アオギリの樹”は大幅に弱体、CCGは決着を急ぐまでに至った。

 ハイセはエトを拘束。
 しかし、彼女は報道陣に向かって“自分は喰種です”と訴えてしまう

 一方、シラズの遺体の横流し等を行う“旧多二福”捜査官は、有馬と共に「V」に召集を受けていた。

ハイセの変貌、シラズの死。クインクス班は大きな転機に

イメージ 5

 死の寸前、自ら「喰種化」を進行させたシラズ。遺体はアオギリに回収され、実験素体に…。

眠る「ハイセ」
 その最後、「何も聞こえない」のが生々しく感じ、孤独に死んでゆく彼が辛かったです。
 身体が弱って、何も見えず何も聞こえない
 孤独に絶命するシラズ。

 この世の不利益は、全て当人の能力不足

 とは変わり果てたハイセの、彼がカネキだった時代に受けた言葉。

シラズの死、班長の重責、「もう一人の主人公」となってゆく瓜江

イメージ 8

 出向中のトオルを除いた、新生クインクス班。個性派。

瓜江の成長
 一方で、彼を「嫌い」とさえ断言する読者もいる瓜江、彼が大きく成長する事になります。
 私は成長だと感じます

 相変らず出世意欲は旺盛ですが、死んだシラズを含め、仲間を誰より大切に思うように

 完全にツンデレ。
 のみならず、かつてのサッさんの役割を継承した超苦労人。

 これはもう愛すしかありませんね!

オマケ漫画が唯一の出番、串刺し半兵衛

イメージ 13

 今巻も色々と重かったんですが、オマケ四コマで爆笑して色々フッ飛び後口サワヤカ!そんな本作
 瓜江、苦労してるな瓜江!
 そんで半兵衛!

 なんか、アオギリの「ナキ」にも春が来てますが、バッドエンド感がハンパなくて辛いね!

CCGきっての生ゴミ、「指揮官」和修 政ですが―――

イメージ 9

 彼とのやり取りの中で、瓜江の“喰種化”が深刻である事も判明…。辛い。

飼い主と忠犬
 瓜江は「政」直属の部下と化しつつあり、悪い意味で、悪いコンビが誕生した感がバリバリ。
 当然、ウリさんは政を利用するつもりなんですが
 相手はその道のプロ

 傍から見てて、「政は瓜江の偽忠誠を見抜き、使い捨てる気マンマン」にしか見えません

 と思っていたんです
 が、家族、結婚の経緯を話したり、政が人間味を見せはじめており…?

「ヒナミさん」、遂に処分が決定されるが……?

イメージ 10

 瓜江も、彼女と会う事が「気が重い」と思う程度には優しくなった模様。

フエグチヒナミ
 人間「ハイセ」の人格を眠らせ、優しくもない、カネキの知識と冷酷な性格に目覚めた新カネキ
 もう彼、なんと呼べば良いのでしょうか?

 今もクインクス班は気にかけてますが、ヒナミへの面会は、ぱったりと止んだ模様。

 同様に気にかけてるのかもですが…
 次巻、遂に「処分」が決まってしまった彼女の行方も気になるところ。

人生で不幸なこと、…自分らしく生きられないこと

人生で幸福なこと、自分らしく死ねること――――

イメージ 6

 同じく悲しい少女、カナエ=カレンも、愛する月山習を庇って戦死。
 最後の最後は、己を取り戻しての死

 ああ…、私、こんな幸せでいいのかしら―――'''。

 という独白が物悲しい。
 月山さんも、最後に「名前」を呼んだって事は、事情を全部知っていたんでしょうか。

 本当にビッグな男だぜ……。

喫茶:re、更に濃いメンツへ―――

イメージ 7

 月山さんを救ったのは、「息子のヘリが落ちた!」と聞き、火事場のクソ力で脱出したご当主と
 リトルマウスに応え、助けに現れたre!
 さすが!

 また、ホリは「蹴落とす」事で、カネキが月山を助けてくれたのではないか、とも。

 あの状況では、他に手段が無かったのも確かか。

アオギリの樹との決戦、斥候を務めた鉢川、戦死。

イメージ 12

 あんていくの女性スタッフ、イリミがかつて組織していた“黒犬”に仲間も師匠も殺され
 非情な仇討ち戦をやった鉢川氏
 戦死

 相手がどんな人間でも、いい思い出が一つでも出来てしまったら、嫌いになるの難しいの……。

 とは、部下だった穂木さんの言
 これは同意する…。

 しかし鉢川氏、状況的に「喰種化」素体にされる可能性もあるのか…?

遂に追い詰めた「巨大フクロウ」、エト。しかし…?

イメージ 11

 カネキとの決戦で、既に満身創痍っぽいんですよね

父と娘
 今回は作家となるまでの過去も描かれ、実は、「本」を父に届けにいったという場面も。
 が、父が幸せそうに「あんていく」を経営する姿に
 怒りと共に訣別

 店長が深く彼女を思っていると読者は知るだけに、すれ違いが悲しかったです

 次巻、自分が喰種だと会見するエト
 彼女の願いは、カネキと亜門の決闘でも描かれたように、人間と喰種の関係を変えたいという事

 対し「歪み」の原因らしき、V、という何かが登場していますが…?

収録

イメージ 14

 オマケ漫画、テラフォの作者さんがすごくハリキリヤングマンっぽくて、ちょっと笑えます。

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 6巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2016年3月(前巻2015年12月)

収録
 53:夢
 54:娩児
 55:Alice&
 56:二の王
 57:悔いて笑む
 58:戯れ薄く
 59:伏せ!
 60:血の糸
 61:the ENT
 62:都を抱く
 63:葬生樹

 巻末オマケ四コマ「悪魔のゲリ!? いるかそんなモンッ!!!」ほか収録

関連記事

 東京喰種:re 1巻
 東京喰種:re 2巻
 東京喰種:re 3巻
 東京喰種:re 4巻
 東京喰種:re 5巻









この記事に


.


みんなの更新記事