GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 バイクってさ、ホント大変だよな…。人の倍苦しむと書いて…、バイク!

何故バイクに乗るって? 人の倍の“おおっ!”があるからさ!!!

イメージ 39

イメージ 79

 つまりバイオですねもとい、“バイク”に乗る苦労と感動を味わうラスト、駄洒落てて素敵だった!
 そんで、噂の“スーパーカブ”を練習車に選ばされた聖の暴走譚
 これもまた爆笑だった!

 きっと…、人の倍“おーーーーーーーーっ!”というから、オートバイっ!

バイクとカブは違います
 よく、バイクは壊れやすくて苦労すると語る本作、恐ろしく頑丈なカブのスゴさが光ってた!
 早川曰く、“カブはペットじゃない”ってね!

 手厚く扱わなくて良い、乗り手の八つ当たりすら受け入れるカブすっげえ!! 完全にスト兇離棔璽淵耕漫

恩紗『冬の朝だけはバイクを恨むよ…、エンジンかかりにくいんだよね…』

イメージ 3

 キックキック! エンジンがかかる頃には汗だくという話。今日も暑いな!

(オムニバスの)ふゆやすみ!!
 クリスマス、ようやく免許を取れる年齢になった聖は、私有地内で「スーパーカブ」を使い練習
 さんざんコケ、怒りの余りボッコボコにしてしまうが
 一周回って愛着が生まれる

 また、クリスマス会で凛に「不吉な」と思った羽音だったが、自分がむしろ凶であった

 年始のおみくじで凶を引き
 バイクの負の側面を散々味わった羽音は、その感動に倍の「おー!」を'''叫ぶ。

 次回、第9話「しんにゅうせい!!」

聖『海外免許ですの! 世界には、お金を払えば免許をくれる国があるのです!』

恩紗『―――国が許しても、私が許さんッ!!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 羽音が、意味が分かってない前提で話す恩紗! モジャてめえ!!

聖さん、バイクに乗る
 クリスマスもほど近いある日、聖が「カネを積んで海外免許を取り、書き換えてきた」と知った一同は
 目の色を変え、“実力で”乗れるよう尽力する!
 全力で!

 ホンダ・スーパーカブだ! 世界で最も売れたバイクーーーーーーっ!!

 絶対に許されない!
 あまりに、他人の迷惑を省みない聖に怒る恩紗!!

 私有地なら免許なしで乗って良いので、練習車に最適なスーパーカブが登場ッ!!

 ヒャアすげえや!

聖『労働者のバイクですのね……』

恩紗『何言ってるんだ! 東南アジアじゃ一家全員が乗れるリムジンなんだぜ!』

イメージ 11

 頑丈で低燃費、1952年に「自転車に装着する補助動力」として誕生、1958年より車両となった
 以来、2016年の現在に至っても生産が続き
 国内外で“現役”!

 東南アジアじゃこんな風に一家全員が乗り込んだり、荷物を積み込んだり!!

 圧倒的耐久力・経済性、世界に自由を与え続ける名バイク!!

恩紗『クラッチなし、三速ギア、こがなくて良いぶん自転車より簡単なモンだよ♪』

聖『(……私、まだ自転車にも乗れませんのよ…!?)』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 ちなみに「カブ」とは、猛獣の子供を意味する「cub」、小排気量ながらパワフルという意味らしい

感じて捉えてズッこける
 そして、ここからが三ノ輪 聖の真骨頂! やはりコケ、コケにコケまくっていく聖!!
 見てるだけで痛そう、ってか根性すげえよ!
 が!

 この……、ポンコツがぁーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!

 遂にキレた!
 蝶よ花よ早川よと育てられ、デカい挫折にキレるお嬢!!

 レースでも使った「坂」に突入、盛大に転倒し、“ポンコツのせいだ”と熱い責任転嫁!!

 理不尽! 非道!! 悪魔!!!

聖『ポンコツ! 時代遅れ! こんなダサいバイク、乗ったって楽しくなーい!!』

イメージ 23

 手の届かないマスカットは酸っぱい理論で、理不尽な怒りをぶつける聖!
 ああ勿体無い!

 金持ち、子供のだだっこそのもの!!

 しかしカブと同じ世代を生きてきた男、戦中戦後派・早川は言う―――。

羽音『早川、さん…?』

早川『スーパーカブは、ペットとは違います…。カブとは“受け止める”もの』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 世界に並ぶもののない包容力で、受け止めてきたのです――――

生きたレジェンド「カブ」
 つまり、聖の八つ当たりは、カブが“これまで受け止めてきた理不尽”の縮図なのである
 ぶつけてぶつけて…、それでも!!
 それでも!
 
 完膚なきまで叩きのめして、もう動かない! 死んでますわ! それが証拠に…!!

 動いたァ!
 たとえ、設計者の想定を越えた運用も間違った整備でさえ!!

 フツーのバイクが宥めすかして扱う「ペット」なら、スーパーカブとは、スーパーカブなのだな!

 すげえや本田技研工業!!

聖『こんなにされても……、何故、動きますの……!?』

イメージ 31

 今回の件は、そうした「数世代に渡る雑な扱い」を、この数分に濃縮した程度にすぎない!
 当然、壊れやしないのであった。

 ホンダすげえ!

恩紗『あ、あのさ、もう海外免許で良いんじゃないかな…』

聖『いえ…、私は何としてでも、自分の力でコイツに乗ってやりますわ!』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 そのオチが補助輪ってね! 三ノ輪、二輪じゃなくて“三輪”だからね!!!

愛、芽生えていますか
 今回、「バイクも人間と同じ」と結論を得た恩紗は、親父に「そうだな働きたくないもんな」と返され憤慨
 なんて事件を挟みつつ、聖専用スーパーカブは新生する
 まあ!

 筆記試験だけ取れる免許があるのですわ♪ この“原付免許”で乗れますの!!

 ひどいオチだ!
 まあ、数日で上達するモンでもないしね!

 運動音痴の聖は、一周回ってスーパーカブを気に入ったらしく、悪徳チューンで乗りこなしている模様

 やっと全員バイクに乗ったな!(錯乱)

今週のアイキャッチは,YAMAHA TRICITY MW125

イメージ 39

 恩紗の二週目、目の錯覚かと思ったら「前輪二輪」の三輪バイクなの!?
 法律上は、二輪車扱いだそうな
 初代は2014年発表

 普通自動二輪車(AT限定小型)免許で扱え、法定速度が、50cc車の倍の60kmで二人乗りオッケー!

 車体への衝撃を受け止める「前輪」が倍になり、“操縦しやすい”が売り文句だそうな。

恩紗『聖、お前あのカブで来たのか…?』

聖『ええ♪ みなさん避けるように道を開けてくださいますわ♪』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

 この機会に「ヨシムラ」社マフラー、排気パーツに替えたら?と勧められ、断る凛ですが―――

クリスマス!!
 羽音の家にて、まず「サンタをいつまで信じてた?」と始まりますが、まさか“妹がサンタ”だったって
 やっぱ、羽音ちゃんの家は一味違いますね!
 出来た妹! 

 ごめん、プレゼント、残った奴とっといてっ!

 しかし凛が中座。
 てか、羽音の回想通りなら、中学二年まで妹さんがサンタの格好してたと思うと笑えます。

 ともかく、残ったメンバーでプレゼント交換会に。

 ホント仲の良い部である

恩紗『って、どんだけ自分大好き人間だよーーーーーーー!』

イメージ 47

 なお凛が持ってきたのは、「自分が乗ったカタナ」であった模様。
 いらねえ!

 が、落っことて首がもげた!

恩紗『あ゛ーーーーーーーー!?』

羽音『凛ちゃんが殺されちゃったーーーーーーー!?』

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 どう見ても、事故って首にギプスはめてるだけって、バイカーの連想力すげえな…。

サンタのお仕事!
 と、コントも挟みつつ「ピザ屋のバイト」中の凛へと、プレゼントを届けに行った羽音は
 親切な“神様”に助けられつつ―――

 ヨシムラのマフラー♪ 良いでしょう? 私が作ったんだよ♪

 ダジャレかよ!
 マフラー、バイクパーツになぞられた洒落!

 純正パーツ以外使いたくないという凛に、「ヨシムラ社」の名前をつけて手編みしたという羽音

 こりゃ気が利いてるね!

凛『ま、こんなヨシムラのマフラーだったら…。つけても良いかも』

イメージ 1

イメージ 56

イメージ 57

 素直じゃないですが、羽音が去った後、機嫌よく身に着ける凛ちゃんが微笑ましい一コマ。
 なお、間違えて“ヨシワラ”になっていた模様
 江戸最大の遊郭か!

 ハッ! なんか似てる…、不吉!?

 しかも不吉なのかよ!

一同『―――あけまして、おめでとーーーーーーーっう!!』

凛『うはー、大吉っ♪』

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

 さすがに高速道路は早川が走行、完全防備とかさすがシベリア帰り!!

百万回言われたギャグ
 年越し初詣に行ったバイク部だったが、凶を引いた羽音は、ことごとく不運に見舞われてしまう
 とまれ、犬吠埼まで初日を見に行く事に!
 ご来光!

 バイクで冬の高速体験…、房総(半島)を暴走だーーーーーーーっ!!

 恩紗親父疑惑!
 ともあれ、フットワークの軽さはバイクの魅力ですよね!

 また、夏休みの頃と比べると、羽音の走りが安定しているようにも感じられます。

 すっかり成長しちゃって…。

凛『ね、何で羽音は“オートバイ”って言うの?』

羽音『だって、自転車もバイクだし?』

イメージ 64

イメージ 65

 と、軽く前振りした羽音、そこに「凶」効果がまたも発動し電装系にトラブル!
 トラップ・カード発動、電装系トラブル!
 暖房は死ぬ!

 彼女は「電熱インナー」、バイク電源と直結させた、“着る電気毛布”みたいなジャケットを着てるのだ

 イヤア! 技術の進歩ってすげえ!

羽音『やめれば良かった…、やめれば良かった……、やめれば良かった…』

『冷たい…、凍って前も見えない…、オートバイって…!』

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

 バイクってさ、ホント大変だよな…。人の倍苦しむと書いて…、バイク!

バイク&オートバイ
 実際、先輩バイカー・恩紗は「大変だよなあ」と返すのだが、苦労して得た光景の感動
 羽音から“苦労”を吹き飛ばした!

 きっと…、人の倍“おーーーーーーーーっ!”というから、オートバイっ!

 人の倍、苦労する
 けれどきっと、人の倍感動できるんだと。

 車や電車、ラクな手段はいっぱいある、「バカだからバイクに乗る」ってのはそういう事なんだな!

 来夢先輩かわいい!!

次回、しんにゅうせい!! 後輩は“レーサー”タイプ?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 1

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

 提供の恩紗が完全にアホ。

事故るかとヒヤヒヤした!
 ていうか、来夢先輩、早川もちゃんと様子見ないと、めっちゃ危なかったじゃないッスか!
 歩くだけでも寒いのに、風がごうごうと当たるんだもの
 凍るよ、凍りつきますよ!

 ホント、意外に来夢先輩が放任主義で、ちょっとヒヤヒヤしたよ割と!

 カブ伝説の凄さは聞いてましたが
 それにかけてか、アイキャッチが面白い車種だったのも、へーって感じでしたね! あんなんあるのか!

 次回、第9話「しんにゅうせい!!」


この記事に

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事