GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

第9話の顔、ダグザ隊長が率いる“エコーズ”の通常戦力!

イメージ 1

 電撃ホビーweb該当ページはこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/208495/

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
 放送に合わせ、過去の作例を再掲載するユニコーンシリーズ、第9弾はHGUC エコーズ・ジェガン
 正直、頭部バイザーがあんまりカッコ良くないので
 スルーしたキットです

 しかし、作例は「アース色」、地面の色っぽい塗装?を丁寧に施しててすんげえ格好良い!

 ほぼジェガンですしね。
 ジェガンは、逆シャア系でも後発、すこし異色なキット。

 コストダウンを意識しつつ、現代的な体型で、これまた格好良いんです。

 それをミリタリー強めにしてるんだから、そりゃ格好良いよね!

ダグザは搭乗しなかった、「エコーズ」の異色な通常戦力

イメージ 2

イメージ 12

 カメラの発光が紫っていうのが、また強キャラ感を出してますよね。

「人狩り」部隊
 ダグザ司令の「エコーズ」って、戦力というか、特殊工作員的な性格が強いですから
 隊員を、大量&高速&比較的隠密に運びこめる
 ロトが基本なんですよね

 でも、生身でもモビルスーツに一撃食らわす彼らが、MS規模で戦ったらそりゃ強いに決まってる!

 ジェガンは当時の「通常の量産機」では最新鋭ですし、納得のチョイスですよね。

“量産機は余計なストレスをかけずに一気に完成させたいものです”

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

■作例概要
 首相官邸ラプラスの残骸へと、ユニコーンガンダムに随伴したエコーズ仕様のジェガンがキット化。HGUC「ジェガン」「スタークジェガン」をベースに頭部センサーやバックパック、胸の増加装甲、フロントアーマー基部パーツが新造され、さらに汎用バズーカも付属した内容だ。作例では丁寧に合わせ目を消し、美しいグラデーション塗装で見せるお手軽工作を実践している。

■COLORING DATA
 茶色…222オキサイドレッド+221ドゥンケルグラウ+1番・ホワイト(C):少量
 グレー…13番・ニュートラルグレー(C)
 薄緑…213灰緑色+本体茶色
 バーニア…125スターブライトアイアン 
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」及び「ガンダムカラー」
 D型ベースなら即買いだったんですが、フツーのジェガンベースなのよね…。

エコーズ仕様機
 かなり「フツーに」合わせ目を消すなどして作られ、素組みとも体型に変化はありません
 それだけ、素性の良いキットなんですよね
 ジェガンってば

 バリエーションが多い分、「これは必須」的な定番改修が生まれやすいですが、それが無いというか。

 カラーリングがとにかく渋くて
 キットそのままの、黒っぽいのも良いけど、やっぱモデラーさんってすごいなあと思いました

 でもコンロイ・ジェガンもプレバンで出そうですよね、タイミング的に。



この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事