GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 ンーー! ただじゃあ、おきませんッ!!からの怒涛の展開最高だろオイ! トニオさん名演すぎィ!!

なるほど、完璧な回っスねー! 視聴者は食えないって事に目をつぶればよォ!

イメージ 67

イメージ 68

 鮮烈に脳裏に焼きついてたのにアニメ化で越えてきやがったトニオ回! おい億泰ちょっと黙れ! 代われ!
 仗助ならずとも、“おい一口くれ!”と言いたくなる伊食回!
 医食同源にも程がある!

 幸せだァーーーー! 幸せの繰り返しだよォー!! ン〜ま〜い〜〜〜〜〜〜ッ!!

意外! それは石鹸ッ!!
 オチのガチ平和さ含めて最高の回ッスよ! フツー? こういう時は“敵”なのがジョードーッスからね!!
 敵だァ! ってギリギリまで煽ったのが面白い!

 料理人は相手を幸せにしてこそ、これこそ杜王最高の新名所ッス! あ、あとジョセフが来た!

???『ふん…』

イメージ 2

 冒頭は真っ暗闇で包丁を研ぎ、振るう謎の男! 一体、何オさんなんだ…!!

健康はディナーの後で
 学校帰り、刑兆の墓参りに行く途中の霊園傍にイタリア料理店、トラサルディーが開店していた
 物珍しさで入った仗助と億泰は、トニオ・トラサルディーに迎えられ
 オーナー・シェフである彼の料理を堪能する

 が、満腹と警戒感で水に留めた仗助に対し、億泰はどんどん料理に引き込まれ健康になってゆく!

 歯も生え変わる異常な料理!
 怒鳴り込んだ仗助は、彼が純粋に「相手を幸せにする」料理のスタンド使いだったと知る

 そして怒られ、「汚い手で触れた厨房」を掃除する事を強いられるのだった。

 次回、第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」

億泰『お〜〜? イタリア料理店が出来てるぜェ〜?』

仗助『この先は霊園だぜ? 客なんて来るのかよ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 その通好みそうなところが良いんじゃあねーか〜! こりゃたまらん! ヨダレずびっ!って味だぜ! きっと!

トニオ・トラサルディー
 と、のっけから食欲全開で「兄貴の墓参り」途中の億泰が入ったのは、開店したばかりのイタ飯屋!
 それもオーナー・シェフもまた、イタリア本場者という幸運!
 ヨダレずびっ!

 この杜王町の食材を使い、あなた方を快適にする料理を出しマース♪

 あらうさんくさい人!
 いわく、世界中を旅して杜王町に落ち着いたとか

 海に隣接し素敵な農家も存在する素晴らしい町! と褒めちぎるトニオさん!!

 が!

億泰『さっそくメニュー見せてくれよ♪』

トニオさん『メニュー? そんなもの、ウチには無いよ――…』

イメージ 9

 が、急に下るトーンに億泰は驚き、疑ってかかっていた仗助の危機感ってヤツが高まる!
 フフンと鼻を鳴らしたトニオさん
 曰く

 違う違う、私がお客を見てェ? 料理を決める言うことデェス♪

 意識高かった!

億泰『なんじゃあそりゃあ! 客の食いたいもの、食わせねェって言うのかよ!』

トニオ『ふぅん…、あなた、昨日ゲリしましたネ?』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 フンフン…、右足に水虫があります、虫歯が二本、左肩が凝っていますネ?

マジかよ!いやマジかよ!!
 ここは健康系の料理店! 凄まじい洞察力で体調を把握したトニオが、裏に消えると共に異変が起きた
 何と、水が美味かったのである―――
 それも

 なんつーか、たとえると、アルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーかスゲー爽やかなんだよ…

 詩人だな億泰!
 続いて、眼球がしぼむほどドボドボ泣き出す億泰!

 動転する仗助だったが、あっと言う間に目は戻り、億泰は絶好調となってしまった!

 文字通り、“目が覚めるよーな”水ってヤツだ!

トニオ『それはアフリカ、キリマンジャロの5万年前の雪解け水で―――』

イメージ 17

 体内の老廃物をスッキリシャッキリ洗い流し、寝不足特有の、目の重さを解消してくれたのだという
 億泰、オメーも絶好調になってねェで疑えよ!
 バカなの!?

 眼球内を汚れと共に洗い流し、睡眠不足を解消してくれる水なのでェす……

 アフリカすげえ!
 なお、睡眠不足じゃない仗助は“無”問題!!

仗助『(涙出るくらいフツーって)そうかよ…?』

億泰『そうだよォ♪』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 と、水だけで感涙し、出された「前菜<アンティパスト>」の美しさにカンドーした億泰だったが
 感動しすぎ、期待しすぎて食べたらご覧の表情に
 期待しすぎた―――

 トマト料理させたらイタリア人に敵う者はイマセン、これは自慢ではありまセン、誇りなのデス…!

 と、期待させすぎたのだ――――

億泰『美味ェけど、味があんまりしねェよ? このチーズ…』

トニオ『違う違ウ、トマァトと一緒に、口の中に入れルゥのです』

イメージ 22

 だって、脂肪分を取り払ったモッツァレラ・チーズだけを食べてしまったからですよ?
 と、トニオさんは促すのだったが
 億泰は半信全疑

 なァにィ? トマトと一緒にィ〜〜? ま、外国の食べ物ってのは日本人と味覚が違うんだよ……

 殴りたい、この疑い顔。

億泰『はむっ! ンーーーーーーーーまーーーーーーーーいーー!?』

『チーズがトマトを、トマトがチーズを引き立てるッ!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

  ンーまーいー!! 生まれてきて良かったァーーーーーー!

味の調和っつーんですかァ!
 さっぱりしたチーズと、ジューシィながら時に味のクドいトマト、両者が引き立てあって最高となる料理!
 疑ってた仗助でさえ、“くれよ!”と言いたくなる感動!
 実況魂!

 しかし…、肩こりが治るのは、肩こりを持つ、そちらのお客様だけでスので――――

 だが異変が!
 なんと、新陳代謝が良くなってしまった!

 結果、ボリボリボリボリ垢を擦る億泰! 料理店とは思えねー光景だなオイ!

 キッタねェ!

仗助『億泰、擦るのを止めろ! ソフトボールくらい溜まってきているッ!』

イメージ 32

 仗助も垢を集めとる場合か!

仗助『肩の肉が、エグれてきているッ!』

億泰『い、いや違う仗助!』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 すかさず皿に垢玉のっけて下っていくトニオさんすげえ! ボルチーニ茸ものっけて貰おう!

肩こりが治ったァ!
 実は、コレは甲状腺を刺激し「肩の血行を改善する」事によって、肩こりを治す魔法の料理だったのでス…
 今週“戦いは終わった”的なBGM使いすぎッショ!
 が

 カラいのがダメならよォー、億泰、食うのやめろよ―――

 疑いを濃くした仗助は
 パスタ料理、「娼婦風パスタ」に立ち往生した億泰に助言、トニオさんにスゴい顔をさせる

 なお、億泰いわく「山形の白布温泉行った時はもっと垢が出た」だそうな。

 億泰が和み要素過ぎる!

トニオ『プリモ・ピアット、パスタ料理でス…、名付けて“娼婦風スパゲティ!”』

ナレーション『あまりにも忙しい娼婦が、テキトーに作ったら美味かった!』

イメージ 43

 唐突な大川ナレーション! トニオさんの故郷・ナポリが発祥の地なのでオススメ料理なんだそうな
 しかし、顔に似合わず辛いものが大の苦手な億泰は
 全く食べられず。

 カレーライスもリンゴとハチミツの入ったバーモントカレー甘口じゃないと食えないし…

 ちなみにバーモントカレーは、発売当初は甘口しかなかった。

仗助『俺は、あの間田敏和が言った言葉を思い出してンのよ……』

『“スタンド使い同士は引かれ合う”』

イメージ 44

 ともかく、疑問が明確な形となった仗助は、本格的に「食うのを止めろ」と億泰に助言
 だが、億泰はビビりながらも“チョイチョイ…”と口に
 カラい!

 辛いのイヤっつって、チビチビいつまでもナメてんじゃあねーよ!

 おや!? おくやすのようすが……!

億泰『そうなんだよなぁ、俺、辛いのダメなんだよなぁ』

『でも、何故だか舐めたくなっちまうんだよ、このソース……、パクッ!』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 たとえると『節分』の時に、大して好きでもねぇ豆を、きづいてみたら、一袋食ってたっつーカンジかよぉーっ!

味に目醒めたァ!
 辛味! 痛覚で感じるその刺激が食欲を増進し! オリーブオイルとアンチョビのコクが旨みを与え!!
 小麦の旨みたっぷりのパスタをスイスイ進ませる!
 ンマい!

 そのスパゲティを! 直して、材料別のところまで戻すッ!!

 だが疑問は確信に!
 何せ、虫歯が抜けるのはフツーだが、生えてくるのはフツーじゃねェですからね!

 なんと仗助、食ってる途中のパスタを復元!

 なんという事でしょう

億泰『おおおおおい、おい何だ! 今のチッコイのは!』

仗助『スタンドだ! トニオ・トラサルディー、やはりスタンド使いだったか!』

イメージ 55

 実は材料に混ざって、極小のスタンドも食っていたのだと判明する!
 群体スタンドは、多少破壊されても問題ない
 法則!

 うぉわ…! は、腹が痛ェ! 腹が痛くなってきたァーーーーーーーーーーーー!!!

 だが、調理場は静まり返っており―――

仗助『メインディッシュは、完成済みか―――』

トニオ『ヨシヨシ…、良い食べっぷりだゾ…? メインディッシュは成功のようだ』

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

 お前! 覗き見に入ってきたというワケですカ! ただじゃおきまセン! 覚悟して貰いマース!'

食っとる場合かー!
 何故か犬に「メイン」を食わせていたトニオ、何と、見る間に犬から臓物を噴出したではないか!
 戦慄し激昂する仗助、後ろで食ってる億泰!!
 億泰!?

 幸せだァーーーー! 幸せの繰り返しだよォー!! ン〜ま〜い〜〜〜〜〜〜ッ!!

 やっちまった!
 臓物を吹く億泰と、「石」を手に迫る鬼貌のトニオ!!

 仗助、絶体絶命にただじゃあおかない!

 振り下ろされる石ィ―――!

トニオ・トラサルディー『ここでは、石鹸で手を洗いなさーーーーーーイ!』

東方 仗助『へ…っ?』

イメージ 68

 意外! それは石鹸ッ!!

トニオ『許せナイ! 断りなく調理場には言ってきたのは許せなイ!!』

『アナタ! 調理場は、清潔でなくてはイケナイのですヨ!』

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 1

イメージ 79

イメージ 80

 おい仗助…、下痢気味だった腹が治ったァ ーーーーーーーーーーーーーー!

トニオ・トラサルディー
 実は、彼は純粋に「料理で人を幸せにする」事を追求する余り、スタンドが覚醒したとかいう聖人!
 だからこそ、“外を歩いた身体”で調理場に入ってきた仗助に
 キレたのであった

 またのご来店を、お待ちしてまス。グラッツェ♪

 行きてェー!
 まさに、ジョジョ屈指のいたらいいよなあーって思うスタンド使い回だった!!

 そんで不良気取りでプリン食うも、カンドーする億泰!

 最後まで億泰だった!

『明日の正午、杜王港に到着する予定―――、ジョセフ・ジョースターより』

イメージ 81

 ラストは久々の承太郎さんと、「電線」を避ける為、敢えて口伝え&何もない海岸を訪れたSPW財団員
 ジョセフ、待望の再来日であった――――
 が

そして――――

イメージ 82

 我々はこの老人を知っている! だが、この丸く小さな背中は決して知らない……!(アニメ版視聴者に限る)

次回『ブチのめす? ンなカワイソーなことはしないなあ〜〜』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 1

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

 どうしても億泰だらけになってしまったんだ。すまない。

永久保存回(多分収録ディスクもバカ売れ)
 スタンド使いは引かれあう、だが決して不幸な出会いだけではないという証明というか億泰回!
 自他とも認める圧倒的バカ! しかし例えの上手さはスゲエよ!!
 三部ジョセフか!

 トニオさんもcv川島得愛さんの演技が絶妙で、胡散臭い軽快さがサイコーだった!!

 また「スタンドを食わせる」
 今思うと、無意識でも自分の身を削ってでも相手を幸せにしたいって気持ち、スゲエよなとも思った!!

 次回、第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」

この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事