GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

第10話じゃ、チラッと登場しただけじゃねェか! ある“特殊”な量産機!

イメージ 2

 電撃ホビーweb該当ページはこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/211753/

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
 放送に合わせ、過去の作例を再掲載するユニコーン・ガンプラ連載、第10弾はHGUC ジェスタ
 ていうか、「誰だお前!」というツッコミも入りそうですが
 良いキットなのよ!

 第10話冒頭、ダカールへラー・カイラムから急行、しかし間に合わなかった機体!

 名の通り「ジェガン」の系譜
 しかし、見ての通りの特殊部隊然としたカラー、重装甲が魅力!

 前回の一癖ある「エコーズ・ジェガン」とはまた違う、素直な格好良さとでも申せましょうか。

 アメフトっぽくもある!

その「役割」は、第10話では伏せられている

イメージ 3

イメージ 4

 連邦軍ラー・カイラム所属、エースであるトライスター隊が搭乗するキャラクター性も魅力。
 個人的には、HGUCジェスタ・キャノンの方が好きですが
 そこは好き好き

 とある目的から性能が高く、スペック的には、νガンダムの9割にも達するそうな。

 νは突貫仕上げでしたし
 何より、開発から3年も経っていますから納得ですね。

両肩の位置を若干変更し、更にマッシヴに!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

■作例概要
 ロンド・ベルのラー・カイラム所属エースパイロット、トライスター。彼らの搭乗機ジェスタがHGUC化。プロポーション、アクションギミックなど申し分のない好キットを岩輔がレビュー。細部のディテールアップとシールド基部の伸縮ギミックの再現などをメインに製作している

■COLORING DATA
 青…328番・ブルーFS15050+3番・レッド+2番・ブラック+1番・ホワイト
 紺…326番・ブルーFS15044ミディアムブルー…72番・ミディアムブルー+3番・レッド+1番・ホワイト
 グレー…37番・RLM75グレーバイオレット
 黄色…58番・黄橙色
 バーニア…SM03番・スーパーアイアン
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」
 キットを活かして作りこんだ、という言葉がピッタリで、顔の小さなセンサー類に至るまで
 裏にシルバー、表面にクリア色を塗った透明パーツに置き換え
 シールを使わず光沢感ある仕上がり

 また、キットでは差し替えだったアーム展開をきっちり再現するとかスゲエ!

 前腕サーベルも特務っぽいですよね
 それこそ、一年戦争のジムスナイパーカスタムに始まるというか!



この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事