GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 まあしょうがない、全て善意から始まっていることだ――――。それを否定してしまったら、この世は闇だよ

失意のリディ、老店主に諭されるミネバ、逆ギレするバナージもまた“善意”から!

イメージ 37

イメージ 59

 ミネバを助けようとなりふり構わなかったリディも、“戦争を止める”為にその手を掴んだミネバも
 状況に振り回され、砂漠で振り回されるバナージもまた
 皆“善意”が始まりという話

 なら、死ぬまで痩せ我慢して見せろ! 男の一生は、死ぬまで戦いだ!!

艦長かっけえ!
 いやあ、冒頭の旧式機祭りも見応えありましたね! 朽ちた量産型キュベレイも不気味な妖しさ!
 MS好きには、ヨダレずび!って回!!

 待望のブライト司令も登場、また弾幕が厚くなりますね!(cv交代後)。

100年前、“箱”を手にした“先代当主”は夢を見る

イメージ 3

 死んだ愛息、バナージの父・カーディアスが、宇宙に漂う姿を幻視するサイアム。

暴発の地球
 地球に消えたユニコーン、その捜索を鈍らせる為、地球のジオン残党が蜂起し連邦の首都が壊滅
 また、箱奪還の為、財団の当主代行マーサは“マリーダ”を再調整
 戦線投入を急いでいた

 彼女に対抗すべく、連邦議会マーセナス議長は、ロンド・ベル旗艦に内々に動くよう打診

 大人の陰謀が渦巻く中
 ミネバは、己の「善意」を貫こうと覚悟を固める

 一方、バナージとリディはそれぞれの「善意」の代償を払う事になり、深い苦悩に沈んでいた。

 次回、第11話「トリントン攻防」

ニュース『<ダカール、プレス・センターからニュース速報をお送りします>』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 実は陽動、地球に落ちたガランシェール捜索を阻む為であった。
 
「連邦首都」壊滅
 突如、ダカールを襲った新旧ジオンの水陸機部隊、首都防衛の連邦MS部隊はよく対応して見せた
 沖合いより、規格外の巨大MAが現れた時点で勝敗は決し
 議事堂は焼失する

 この時を待っていた…! お父様…、お母様……、お前達が悪いんだッ!

 どないせえちゅうねん!
 やはり、巨大MAというのは問答無用で強い!

 連邦の防衛隊にも、一機のジェガンもなく、同機が「最新鋭」なのも改めて分かりますね。

 地上は平和、それゆえの悲劇!

『あやつの…、人の祈りがなさしめた事か……』

イメージ 25

 その様をニュースで見ていたのは、“バナージの父”の側近だったガエル・チャンさん!
 初回〜3話を生き延び、密かに初代と面会
 よほど信頼されてたのね

 初代の爺ちゃんも、完全な偶然で、孫がユニコーンに乗ったのかと感慨深げ。

 声は亡くなった「サザエさん」の波平さん、cv永井さん…。

リディ『ご迷惑をおかけしているようですけど、彼女は…』

父・マーセナス議長『惚れたんだろう?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 ブライトさん! 偉い政治家に呼び出され、「こっちは忙しいのに!」と愚痴るブライトさん!

マーセナス家の秘密
 一方、「こんな事をする為に来たんじゃない」と無聊を託っていたミネバに、リディは抱きついてしまう
 彼の家は権力者、彼女を護れると思って帰ってきた
 が

 すまない…。情けない家だと、知った…!

 戸惑うミネバ
 リディは、実家が「箱の流出阻止」を最優先すると知ったのだ。

 最悪の選択だったと悔いるリディ、最悪、彼女に「ザビ」の名を捨てて貰えれば、「彼女を」護れるという

 だが、それでは意味が無いのだ―――。

ミネバ『そんな自由、自由と呼べると思って…!』

イメージ 34

 一生、マーセナス家で飼い殺しになり、「政治的発言力」を捨ててくれれば護れるという事
 が、“命を捨ててでも、戦争を止める”為に動くミネバにとって
 最も無価値な助言であった

 リディさん、理屈は分かるけど、アンタ何歳差なんだよ…ッ!

 フロンタルが恋愛しない分、リディさんにお鉢が!

マーセナス議長『お前は、マーセナス家の真実を知らなければならない』

イメージ 35

 この時、リディは「マーセナス家」が何をやって、100年生き延びてきたかを聞かされ絶望
 ビスト財団が、箱を使って100年繁栄したのと
 合わせ鏡のような家だと

 惚れた少女、ミネバを政治的に守り、発言する場を与えてやれると信じたリディは、絶望を味わう事となった

マリーダ『従わせたければ、拷問でも、再調整でもしてみると良い』

マーサ『あなたの再調整は難しいと分かったわ』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 完成されすぎている、でもそれで良い―――、簡単に記憶を入れ替えられる人形に、興味は無いから

プル・トゥエルブ
 同じくマリーダ・クルスは、“強化人間”を欲しがる、マーサ・ビスト・カーバインに囚われ
 自分が、“人形”だった頃の乗機「量産型キュベレイ」と対面
 錯乱する

 私が、あのマシーンからあなたを連れ出してあげる…!

 命令に従う生きた機械
 強化人間、自分の顔、自我を持たなかった頃を思い出すマリーダ

 もう成長し自我を確立した、でも所詮は、機械から産み落とされた「人形だ」と思い知らされる

 片目のキュベレイ、残骸特有の妖しさ…!

ブライト司令『ラー・カイラムを、私的に使いたいと仰る?』

イメージ 42

 一方、たまたま地球降下していた艦隊旗艦、「ラー・カイラム」に目を付けられたブライトは
 密命で動いて欲しい、とマーセナス議長に頼まれる

 後に軽く50年は「主力戦艦」であり続ける、当時の最新鋭艦である!

 ブライトさん不憫!

マーセナス『司令として、ネェル・アーガマは気になるのではないか?』

『彼らが足止めを食っているのは、参謀本部を介した、ビスト財団の差し金だ…』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 ブライト大佐はロンド・ベルの司令、ネェル・アーガマ隊の上官なのである。

追う者、追われる者
 議長は、独立性の高い「司令」なら、財団の差し金に負けずにユニコーンを探してくれると期待し
 代わりに、箱絡みで軟禁同然のアーガマを助けようと提案
 彼を悩ませる

 よりによって、ダカールを狙うとはな……。

 追われる方も悩んでた!
 冒頭の大騒ぎは、「ZZ」「逆シャア」で闘えなかったジオン残党の陽動作戦!

 陽動を頼んだら、勢い余ってやらかしたワケだ!

 約20年分の怨念だった!

バナージ『俺がギルボアさんを…!』

フラスト『ああそうさ! ヤツなら、ちゃんと着陸させられただろうさ!』

イメージ 49

 ギルボアさんを殺した後悔に震えるバナージ、しかし、対するフラストが振るってましたね!
 今回、着陸に失敗してしまったのは“彼”なんです
 バナージは確かに殺しました

 けどその事は責めず、「それで着陸失敗したバカが俺だよ!」って返した

 殺した事自体は、決して責めてないのが男らしい!

老店主『奢りだ、飲みな』

『良い食いっぷりだ、若い娘さんなのに、気取りがなくて良い―――』

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

 飾られた写真、今、老人がたった独りなのはつまり……。

「老人」との出会い
 一方、脱走したミネバが出会ったのは、場末のダイナー(プレハブ式レストラン)店主であった
 彼の世代は、“宇宙移民”が起こる前を聞かされ育った
 移民者の世代だ

 まあしょうがない、全て善意から始まっていることだ――――

 移民もまた善意
 旧世紀末は、飢餓や戦争で酷い有り様だったのだ。

 当時、地球を何とかしようという善意、新たな時代を開く希望が確かにあったのだと。

 それは意外な視点だった

『“善意<それ>”を否定してしまったら、この世は闇だよ』

イメージ 59

 確かに、後世から見れば悲劇の発端だった、だが確かに当時「善意」から始まったのだ。
 そうしなければ、もっと酷い事になっていたかもしれない
 動き出さなきゃ始まらない

 美味しいコーヒーでした、これを飲めただけでも、地球に来た価値はあったと思えます

 世間話のつもりが、思わぬ火をつけた老店主!

『ミネバ・ザビである。逃げ隠れするするつもりはない、道をあけよ!』

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

 現れた追っ手に、敢えて「偽名」でなく、堂々と己の名前を名乗ったのも決意の表れ!
 この、ミネバ・ラオ・ザビがやろうというのだ!
 ミネバ様かっこいい!

 うだうだ考えても仕方ない、己の“善意”を信じて、やれるところまでやるしかないってワケだ!

 火をつけたのが、ただの老店主ってのも熱いね!

『本当は、人間を好きになった事が無かったんじゃないかなあ?』

イメージ 58

 また、「善意」という感情すらなく、ただ全体の為にと行動した男の代表にシャアの名前も。
 行動が合理的過ぎて、感情というものが伴ってない
 それは良くないという店主

 実際には、シャアは誰よりも「私情」でやったわけですが、そんなのは誰も知らないお話ですしね

 視聴者の知るシャアとの、ギャップが面白いです。あとコレ伏線な!

妖怪『ミネバ・ザビを、こちらに移送させました』

『ユニコーンを奪い返す為の、エサになってもらいます。彼女も従うでしょう』

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

 悩む億泰、もといアルベルト・ビスト

RX-0
 現在ビスト財団を動かすマーサは、「箱を流出させない」という、父と兄と真逆の原理で動き
 アルベルトを懐柔し、カーディアスを殺させた元凶
 元締め

 恩人、マリーダの「人形」同然の姿に苦悩するアルベルトも見所ですね!

 口うるさかった彼
 それは、この女妖怪の差し金だったというワケ。

ジンネマン『被害者根性で、ふて腐れるのは止めろ。ギルボアも浮かばれん』

バナージ『殺したかったワケじゃない!』

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

 なら、死ぬまで痩せ我慢して見せろ! 男の一生は、死ぬまで戦いだ!!

「善意」の果てに
 一方、ただオードリーの力になりたい一心から、回りまわって砂漠を歩かされたバナージはキレる!
 四日歩いた先、オアシスまで行って助けを求める為だ
 が

 やりました…、やったんですよ必死に! ―――これ以上、何をどうしろって言うんです!?

 落ち着けバーさん!
 が、ギルボアの死で決壊しちゃったというか…。

 自分の手で、あの小さな家族の幸せを、永遠に奪ってしまったワケですしね……。

 怒りのバナージで次回に続く!

連邦首都を強襲した第二世代水陸機、カプール

イメージ 5

 連邦の防衛隊を蹴散らしていた本機は、UC0088年代、ハマーン戦争期のネオジオン水陸期。
 純然たる水陸機では、今なお“最新鋭”といってよい機体で
 高出力かつ堅牢、軽量!

 しかし開発したのが「地球」知らずの連中だった為、当時のパイロット達が信頼しなかったのも有名。

 いまだ、キット化されてないんですよねー。

UC0079年、一年戦争時代の“試作機”ジュアッグ

イメージ 12

 こう見えて「アッガイ」の流れを汲み、装甲を厚くしすぎた結果、水中での性能は低かったという…!
 その装甲厚と、“これで最後”という思い切りの良さもあってか
 ネモを撃破する大金星!

 なんと、胸部がガンダリウム製の装甲すらブチ抜く粒子砲、長年の改良の成果か。

 OVA化当時、高水準にガンプラ化!!

連邦政府首都を守る、“一年戦争”由来の旧式機!

イメージ 7

 対する左側「ジム供廚癲一年戦争時のジムの再設計版、下手すると「当時の機体の改造機」
 右のジム靴癲△修硫良タイプにといって良く
 まさに世は一年戦争!

 特にジム掘同じくガンプラ化されたHGUC版、デキが良いんですよね! 

「エゥーゴ」の量産機だった機体、ネモ

イメージ 8

 これはUC0087年、ちょうど10年前のエゥーゴの量産機で、フル規格の「第二世代」MS。
 連邦軍には採用されず、“在庫”という事になりますが
 比較的新しいモビルスーツです

 が、常識外れの装甲の厚さと、「装甲を支える腕力」の力押しに敗れるあたり、少々不憫であった!

浮上した「シャンブロ」

イメージ 1

 袖の存在から'''分かる通り、近年建造された大型モビルアーマー。
 大出力は正義!

リ・ガズィ! リ・ガズィじゃないか!!

イメージ 19

 逆襲のシャアでアムロも搭乗した、簡易可変機構を持つ「量産型ゼータ」への試作品。
 OVA当時、ファンを興奮させた立ち姿でしたが
 特に活躍せず…。

 左側のゴーグル顔は、トライアル中の「ジェスタ」

操るのは、連邦の「トライスター」隊

イメージ 21

 何かと初代ガンダムをオマージュした本作、「三連星」に被せたパイロット達の機体。
 それゆえか、ジェガン系列ながらダークパープルに塗られ
 異質な雰囲気です

 ちなみに、ガンプラも格好良いです。

ややこしい「ビスト財団」

イメージ 65

 最近動きだした「マーサ・ビスト・カーバイン」は、財団代表の代行、現在の財団の支配者。
 バナージの父と、財団の初代が箱を渡すと聞き
 阻止の為に動いている

 箱が財団の要である以上、これを護ろうとする勢力ってワケね!

 連邦とジオンに武器を売る大手商社、「アナハイム社」の会長一族に嫁入り、その方面から辣腕を振るいます

次回、OVA当時に大いに話題となった、MS骨董祭りが再び!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

 さあ、骨董モビルスーツ祭り地上編! 始まるザマスよ!!

そこにあった善意
 バナージも、ミネバもリディも「善意」、ともすればエゴになると言われたとしても
 善意から始め、男達が膝をつくという流れ
 颯爽たるミネバ様!

 シャアもさらっとディスられて笑えますが、フツーの人は「彼の真意」なんて知らないですもんね!

 終わった後なら何でも言えます
 けれど、その場で、何とかしようという熱意がなければ何も始まらない。

 その繰り返しで、文字通り転がり落ちたバナージですが、次回のがまたアレなんですよねー。



この記事に

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事