GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 二転三転する死闘、クール過ぎるジョースターコンビ、ジョセフcvが三部続投と見どころたっぷりだった!

「兄貴の罪」を認め、冷静たろうとした億泰! オメー良い男すぎんだろ!!

イメージ 44

イメージ 1

 それとッ!オレが驚いてんのは、レッチリの意外な「心の強さ」なんだ! そりゃ確かにナメて殴られたり
 バイク壊されたり、オレだって「あ、こいつ抜けてるな」と思う!
 だが度胸はすげえと思う!

 こいつは兄貴を殺した! 俺がケリをつけてやる! 真実はそれひとつだッ! 俺の“心の中”のよぉ〜〜っ!

億泰、黄金の成長回!
 わざと挑発し、消滅ギリギリまで追い詰められて逆転をかけた度胸!!
 降参なんて微塵も考えてなかった!

 確かに抜けてるしマヌケですが、度胸と駆け引き、スタンドパワーに相応しいと思った! やるじゃん!!

『お願いだ、後5分だけやらせてくれ! 今が、最高に盛り上がるトコなんだ!』

イメージ 2

 帰宅後、制服も脱がずにゲームしてた! 意外にゲーマーな仗助ッ!!

土壇場の精神戦
 成長性の高いレッド・ホット・チリペッパーは、仗助を「仮想・承太郎」に見立て、真っ向から挑戦!
 結果、逆にボコられ“要反省”だと引き下がったと見せかけて
 実はバイクに潜んでた!

 追跡系スタンド使い「ジョセフ・ジョースター来日」を聞きつけ、彼の殺害を決意するレッチリ

 億泰の追撃を返り討ちにした彼は
 電気さえあれば、遠隔操作&ハイパワーという反則なスタンド特性を持つのだった。

 次回、第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」

仗助『(TVは)オフにしたと思ったんだが…? アレ? 消えねえぞ…?』

???『空条承太郎は、街を出ねェようだなァ……?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 ブチのめす? ンなカワイソーなことはしないなあ〜〜。

レッド・ホット・チリペッパー
 止まらないTV、電気回線を乗っ取り現れた“レッチリ”! それも余裕綽々のムカつく態度!!
 実は、ここしばらく、ず〜〜〜っと監視してたのだ!
 案外! 気付けない!!

 ラクに殺してやりに来たのさッ!

 この圧倒的余裕!
 それも当然、レッチリにしてみれば、いつでも殺せてたってワケだからな!!

 奴は自身の成長を実感し、“仮想承太郎”だと襲ってきたのだ!

 圧倒的余裕!

レッチリ『もっと傍まで寄って、最高に鋭い奴を頼むぞ…?』

『ここ、ここだよ…、もっと傍まで寄れよ、ホラ!』

イメージ 8

 意外! それはワンパンッ!!

レッチリ『こ、コイツ速い!? 俺が思っていたより……!? ゴハァッ!』

仗助『寝言言いてえんなら、寝かしつけてやるぜ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 反省した…、ちと良い気になりすぎて……、こいつを見くびっていたよ……!

「成長」するスタンド
 だが、レッチリが怖いのはここから! ここからが怖いスタンドなのだ!! マジになるレッチリ!
 そのパワーは、スタープラチナにも伍するものがあった!
 スゴ味があった!

 電気のあるところならどこでも…、恐るべきパワーを持ちながら、遠隔操作できるスタンドか……!

 反則じゃん!
 しかも、「成長性」まで持っている!!

 今回、仗助の「成長」に不意打たれたが、屈指のスタンドだと評されるのも分かる! スゲーよく分かった!

 しかも逃げ足も速かった…!

グルメ億泰『何の話だよ仗助ェ〜、こんなウスラ寂しいところによォ〜〜』

仗助『俺じゃあねーぜ、承太郎さんだ』

イメージ 15

 そのパワーの根源は、アンジェロの水、由花子の髪のように「電気」を媒介にしている為なのでしょう
 電気という、圧倒的パワーを土台にした強さ
 神出鬼没な機動性!

 逆に、電気がなければ現れない、恐れるに値しない――――。

仗助『チリペッパーの事だろうぜ』

億泰『…現れたのか…!』

イメージ 16

 そして静かにキレる億泰、らしからぬ静けさに、逆に覚悟が見える……!

???『俺が、仗助に黙っていろと言ったのだ』

『電気の通っている街中じゃあ、ヤツの話をするのは、危険だ……』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 スケベ電話をかけるのと同じくらいの手間ヒマで、頭にきた人間の命を電線の中にひきずり込めるって事さ!

その男、79歳につき
 兄の仇! 今は仗助達を警戒しているが、その気になればいつでも好き放題し始めるだろう
 根っこが、“良いヤツ”な億泰は戦慄、覚悟する!
 が

 少し違う…、見つけ出すことは出来るのだ!

 お馴染みの男だ
 視聴者には、とてもお馴染みな「探知系」スタンド使いが来日している…!

 だが10年を経て、身体は痩せ細り総入れ歯、既にボケ始めてるだなんて、誰が聞きたかっただろうか……!

 趣味・ポストとのお話疑惑ッ!

承太郎『止めたんだがな…、“弓と矢”だと聞いたら、勝手に日本に向かってきた』

康一『ハッ、仗助君! 79歳で外国人のスタンド使いと言ったら!』

イメージ 23

 それでも男には「決意」があった! と、その正体に康一、アンド仗助が気付いた時にヤツが出現!
 警戒し、“電話で”伝えなかった事が仇となった!
 電気はあったッ!

 バカな! 何故この野原にヤツがッ!!

 ばくおん!!

承太郎『バイクだ! バッテリーに潜んで尾行していたのだ!』

レッチリ『正午に港だと、俺を探し出せる老いたスタンド使いだとォ〜! 殺す!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 だがお前のザ・ハンドの手で引っかく動きはよォ〜、スローなんだよ!

虹村億泰!
 が、「仗助の父・ジョセフ」を殺そうとしたレッチリを、華麗に足止めしたのは億泰だった!
 移動! “ザ・ハンド”の空間掘削で自身が移動する荒業!!
 そして!

 よく見ろよボケが…、削り取るって言ったのはよォ〜、バイクの事だよ!

 冷静ッ!
 まず「足」を奪っていた億泰!

 プッツンきつつも逆にクールに、「バッテリー」がなければ、コイツは終わりと判断する!

 億泰さんかっけー!

レッチリ『俺を追い詰めたつもりか…? 刑兆の復讐ってワケかい…!』

イメージ 30

 だが何故「バッテリー」を壊さなかったのか、足止めどころか、寄り代を失ったスタンドは消滅
 最悪、“スタンド使い”も死んでしまうだろう……
 彼は「殺さなかった」

 違う、俺の兄貴はよぉ…、死んで当然の男だった……

億泰『“罪”ってのはよぉ…、そうなるような事をしてりゃあよぉ、罰が回ってくる』

『それぐれえ、俺にだって分かるからなぁ…』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 本心はてめーが『答え』ねェーことを、願ってンだよォォォォーーーーーーーーーッ! このボゲェ!

ザ・ハンドvsレッチリ!
 億泰、その純朴な精神を物語るような熱い冷静さだったが、なんとレッチリは挑発!
 お前なんぞ、ブッ殺せると返してきた!
 が

 カラ振りっつってもよォ! 空間を削ってんだぜ! “瞬間移動”よッ!!

 億泰強ェーーーー!
 怒り、削り取ってやろうとする億泰!
 
 電気のスタンド、その俊敏さで逆手を食らわせ、喰らいつつも致命打を避けるレッチリ!

 挑発! 挑発ゥ!!

仗助『コイツは億泰の勝利かァ〜!』

承太郎『トドメは刺すな!! 弓と矢がどこにあるか、聞きださねばならん!』

イメージ 40

イメージ 41

 遂に追い詰めた…、というか、スデに進退極まっていたレッチリは限界に達し始める!
 勝利、そう“億泰の勝利”としか言いようがない状況だ
 だがおかしい

 何故、レッチリは億泰を挑発するのか?

 電気のパワーが尽き掛けながらも、なおも挑発を止めないのか……!?

レッチリ『本当に、俺に止めを刺さなくて良いのかい…?』

億泰『待てよ…、何だってオメーは、わざわざその事を俺に教える!?』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 1

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 ウオオオオオ ウダラァーーッ! もう どっちか考えるのは面倒くせえぇぇッ! チクショォォォーーッ

思考回路はショート億泰
 逆に考えた! レッチリは全身全霊で億泰を挑発! 俺は元気だ、殺らなきゃ殺すぜ承太郎をよ!
 何故だ、“本当にコイツは弱ってる”のか!?
 億泰混乱!

 こいつは兄貴を殺した! 俺がケリをつけてやる! 真実はそれひとつだッ! 俺の“心の中”のよぉ〜〜っ!

 ガチ困惑する億泰!
 一度に、二つも三つも考えさせたら、そりゃ答えは一つしか出ねーよ!

 遂にガチ切れした億泰は、シンプルに攻める!

 シンプルはダメだ!!

億泰『地下に電気のケーブルが! 野郎、俺にココを掘らせる為に!?』

イメージ 50

 勝機! それは電気ケーブルッ!!

レッチリ『お前の兄の刑兆は、お前の事を足手まといと言ってたな?』

『へっ、その通りだ…、精神が未熟なんだよお前はッ!』

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

 億泰くんがーーーーーーーーーーーーーーーーー!?

ジョジョの奇妙に冷静
 レッチリは、事前に街中の電気ケーブルの位置を把握し、億泰を挑発する事で掘削させたのだ!
 心理戦、その敗北は精神的な未熟さに等しい
 億泰敗戦―――

 何を言ってるんだ! 億泰君が殺されたって時に、敵の能力の分析なんかァーーーーーー!!

 億泰、散る!
 が、ジョースターコンビはクールに分析する始末!

 康一じゃなくてもこの人でなし! って思うが、「小指一つでスタンドを切断するパワー」は脅威だ!

 あと、億泰は別に手遅れじゃなかった!

承太郎『不幸中の幸いってヤツだ、億泰には強運が付いてるらしいな』

仗助『億泰のヤツ、右腕を切断されたのが幸運だったッスね』

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 ちょっとオフタリさん! クールすぎやしませんか!? 億泰君がショックを受けてるってのにいー!

ジョースター家はクールに去るぜ
 仗助が、「右腕」を起点に億泰を直した事で“引き寄せられ”、レッチリから奪い返す事に成功
 残酷にも右腕をブッ飛ばされ、返って命が助かっちまうとか
 なんかスゴい

 兄気を越える…、か……、学ばして貰ったよ、チリペッパー……!

 億泰の決意
 完全敗北、だが確かな成長を得た!

 今回、二転三転、いきなり自分のバイクを犠牲にしたりクールな判断力が熱かった億泰

 でも詰めの精神力の甘さ、成長の必要さも明確でしたね

船員『ミスター・ジョースター! もうすぐ、杜王港に到着ですよ』

老ジョセフ『……、ゴホッ、ゴホッ……!?』

イメージ 67

 ジジイ、すっかり老いちゃって……。でも三部のcv,運昇さん続投!!
 どんな声なのか…!

次回『まっ! この×××は気にしないでくれ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 1

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

 またしても億泰だらけになってしまったんだ。すまない。

間抜け野郎どもは学ぶと強いぜ!
 億泰はカッコイイ! あの悪党っぷりが抜けたように見せかけて、心のシンが熱いのがイイ!
 普段がバカで、決めるべき時はビシっと決めてくれるのがイイ!
 負ける事だってイイ!

 負けて、敵味方にスゲー雑に扱われても、そんなの全く気にせず覚悟してるところがイイ!

 やっぱ億泰はスゲーよ!
 詰めの甘さ、精神の弱さが明確なところがバッチリ視聴者に分かるのも、「よっ頑張れよ!」って思った!!

 次回、第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」

この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事