GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 元々ジョセフの隠し子問題から始まった第四部、遂に親子対面に! 良い区切り回だったしギャー!?

勝ち誇った時、ソイツは既に敗北している! 父から子へ、健在ってところかな!

イメージ 42

イメージ 70

 ラストで杖を直さない! ジョセフそっくりのバトルの機転といい、仗助らしさが溢れてる回だった!
 億泰も、実に億泰らしい理由で一泡吹かせたっつーか
 成長しろ成長!

 今回だけはねえ、なおさないから、いいんじゃあないか……!

音石濃すぎ問題
 本体も、スタンドに劣らず個性的、「反省する」姿は成長Aっぽい上にセコい男だった!
 出番少なかったけど強烈だったッスね!

 レッチリ戦のカメラワークも、「さすがジョジョ」って感じで大満足だった!

『奴が先んじたらジジイは終わりだ、自分の“父親”は! おめえが陸地で護れ!』

イメージ 2

 船に向かうのは億泰と承太郎、二手に分かれる作戦に出るが…?

再会、父よ…
 ジョセフ防衛の為に、承太郎と仗助は別行動に、作戦を見破られたレッチリは悔しがるが
 陸地で、仗助を瞬殺すれば同じ事だと余裕を見せ
 本体・音石明と現れる

 だが二転三転した戦いを制したのは、レッチリの弱点を看破した仗助であった。

 往生際の悪い音石だったが
 ジョセフ暗殺を図り、小細工を弄して億泰にブン殴られる。

 遂に初の対面を果たした仗助とジョセフ、承太郎の役目も、これで終わりかと思われたが―――

 次回、第13話「やばいものを拾ったっス!」

康一『頑張ってね、億泰君…』

億泰『…! ありがとうよ、康一……!』

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 生まれてこのカタ、あった事もねえ男を“父親”だって言われてもよぉ〜…。なんかなあ…。

レッド・ホット・初対面
 承太郎の読みは的確! “ラジコン”を飛ばしジョセフを襲う場合、残る本体がガラ空きになるレッチリは!
 むしろ、堂々と本体を現すや“勝利宣言”に出たッ!
 音石明19歳!

 名前は音石 明、19歳。まっ! このギターは気にしないでくれ!

 何故出てきた!
 だが、彼にすれば、ここで二人をボコっておかないとテメーがヤバい!

 レッチリがジョセフに到達する5分の間に、自分が見つかったら身を守る術が無いからだ!

 背水! 背水ィ!!

ミスター・ジョースター『ワシの杖がどこか…、知らんかね……?』

スピード・ワゴン・財団員『ええ?』

イメージ 4

 一方遂にカメラにinした“老ジョセフact79歳”は、義手も脳ミソも、すっかり錆きっていた。
 若い頃も老いた後も、頭のスピーディさで知られた男
 それがすっかり認知症に…

 第三部では、若者共を翻弄し、旅路を盛り上げたハイテンションじじいがこの有り様。

 10年、その月日はあまりにも残酷であった…。

音石『将来の夢は…、ジミ・ヘンとかジェフ・ベックとかいったよ』

『ウルトラ・スーパー・ギタリストになって激しく生きることなんでよぉ〜〜〜っ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

イメージ 17

 ちょっと待て…、おめーが小指だけっつーんならよぉ、俺もルールを決めとくぜ。

それはさっき聞いたぜ!
 つまり、電力マンタンで「瞬殺」の確信がある、ヤツの余裕の証拠だと康一が理解した直後!
 なんと仗助、ちょっと待ったから速攻で“殴った”!!
 小指をだ!!

 この苦しみと痛み…、ドコへブツけりゃあ良いんだ…、誰に訴えりゃあ良いんだあ〜〜〜!

 ギタリストの命が!
 なお、仗助が殴ったので速攻で治癒!

 しかる後、おもむろにギターを構えるや、怒りと決意がライドハンド奏法ッ!

 やだ変態!?

ギタリスト『テメェノ オフクロモ コロシデヤルゥ!』

『表現できたぜ…、オレのハートの究極の怒りを! …表現できたぜェ〜〜〜』

イメージ 18

 この音石明、超スッキリである! ボケども!!

仗助『な、なんだと!? “本体”が!?』

『スタンドが凄いスピードで動くのは分かる! しかしまさか本体自身が!?』

イメージ 19

 だが音石、“生身で”クレDのラッシュを避けてしまったではないかッ!
 この速さ、余裕!

 生身の本体を殴れば良い、その勝機が抜け落ちた瞬間であった!

 しかし、ここで“傍観者”が種明かし―――

康一『違うんだ仗助君! 今、僕は、ここから見ていて分かった!』

『音石が移動したのではなくて、動いたのは君の方だよ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 手書きクレD! 迫力すげえな!!

レッド・ホット・モグラタタキ
 実は足元の排水溝を利用し、目にも留まらぬスピードで移動、仗助の動きを逸らしたのだ!
 スピードがあるほど、僅かな動きで逸れる!
 当たらぬ!

 俺は…、反省すると強いぜ…!

 確かにそうだった!
 余裕と、余裕を裏付ける圧倒的性能、その「傲慢」を直ちに修正する反省力!!

 レッチリは仗助を翻弄、クレDの拳は地面をエグるばかり!

 近接型には、スゲー相性の悪さだ!

仗助『“良く見ろよ”康一! 俺の発想ぐらい、もう分かるだろうがよ!』

康一『えっ…、発想……?』

イメージ 27

 だが仗助も勝負に出ていた! 地面のアスファルトを、コールタールに“直していた”のだ!
 アスファルト!

 それはコール・タール、石油の引火性、すなわち“火花が出る”のである!

 後は簡単!

康一『“左後ろ”だッ! …やったァ! 大あたりィ!!』

仗助『大当たり? そいつはグレートだぜ』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 精密動作性が「普通(人間並み、別に“悪い”という意味ではない)」以外オールAって、バケモンかよ!

ボコり放題!
 後は、火花を目印にすれば、いくらでもボコれるってジョーキョーに追い込んだ!
 さすが仗助、頭の回転がクールだ!
 シャープだ!

 景品貰えっかよォ〜、もっとブチのめせばよォ〜〜〜〜〜!

 やだ怖い!
 実は、とっくに仕掛けていた仗助!

 まるでジョセフのように、「相手が勝ち誇ったとき、そいつはすでに敗北している」ってヤツだ!

 DNAが仕事し過ぎィ!

億泰『な、何だァありゃあーーーーーーーーーー!?』

イメージ 33

 が、CM開けの億泰が見たものは、光のドームが形成された異常な光景であった…。
 ジョセフへ急ぐ“船”!

音石『俺はよォ〜、オメーに対し、かなりフザけてたような気がするよォ…!』

『フザけた考えは…、改めなくっちゃあなァッ!』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 レッチリ、これで「伸びしろがある」とかスゲーな!
 
レッド・ホット・チリペッパー!
 だが、今までの「弱さ」はレッチリ音石の心の弱さ、“余裕を持って勝とう”というクソにも劣る考え!!
 改めた音石は、“町ひとつ”相当の本気を出し始める
 瞬殺!

 じょ、仗助君が! パワー負けしたーーーーーー!? 仗助くーーーーーーーーーーーーん!!

 たりめーよ!
 何せ、町中の電力を吸い集めたのだから!

 むしろ殴り合えたクレDがスゴい! が、「しばらく送電が停止する」ほどのパワーにブッ飛ぶ!

 カメラワークかっけぇぇぇぇぇ!!

『今、使った電気料金は全額てめーん家のメーターにつけといてやるよ!』

イメージ 42

 強い! と思ったけどやっぱりセコい! “発想”がセコい!!
 ネズミの糞みてーな精神だ!

 スタンド自体というより、「電力(他人の力)」ってのが、この場合ポイントなんだな多分!

 虎の威を借る狐、町の電力を借る音石ッ!

レッチリ『トドメだッ! 仗助ェーーーーーーーーーーッ!!』

『トォ、タイヤがッ!?』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

 気付いた時には…、もう遅ェかなぁ……。

片道切符
 が、「絶縁体」のタイヤを直して閉じ込めたと思ったら、狙いは「風船」の要領だった……。
 最初、レッチリは何をされているのか分からなかった…
 そして―――

 確か…、反省するとか言ってたな……、反省するのは、ふざけたオメー自身のキャラクターだったようだな

 立ったまま絶命…!
 レッチリは、海まで「風圧」でフッ飛ばされ着水!

 伝導性に優れ、しかも“電力”を放散する海は、レッチリの墓場も同然だったのだ。

 最強には、意外な弱点というワケだ…!

億泰『ス・タ・ン・ド・使・い!』

イメージ 53

 勝報を聞き安心する承太郎、一方億泰、友達のパパとコントをやっていた。

老々ジョセフ『あ゛ぁ〜…、イかんぞ歯科医?』

億泰『スタンド使いだよーーー!』

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

 ところでおそ松くん。生まれた事も知らずに、16年も放っといたワシの事を、何か言っていたかね…?

ジョセフ後ろ後ろー!!
 続いて、生きてた音石ともコント! 船員さんと音石で、お前が本体だと擦り付け合いに!
 この短時間で、泳いで渡って着替えてた!!
 すげえ!

 え? ポッポ・ポッポ・ハト・ポッポ?

 爺ちゃんも黙って!
 億泰もねえ、兄ちゃんに決断を委ねてたから選ぶの苦手なんだよ…。

 とても生死の境目とは思えない、ゆるふわ痴呆系コントに突入する億泰&ジョセフ!

 音石もニッコリだよ!

億泰『解ったぜェ!』

イメージ 61

 その時、億泰が動いた!

億泰『本体はァーーーーーーーー! てめえだーーーーーーーーーーッ!!』

『2度もおちょくんなよッ! この虹村億泰をッ!』

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

 二人ともブン殴るつもりだったんだよ! 俺、頭悪ィからよ!

バカだな億泰君!
 最後の最後は、見事な億泰節で事件解決、この時、うっかりジョセフの杖も折ってしまい
 仕方ない、と“仗助”がジョセフに手を貸す事に
 怪我の功名―――

 今回だけはねえ、なおさないから、いいんじゃあないか……!

 タフすぎた音石
 が、結果的に億泰に見せ場がきましたね!

 ジョセフもヨボヨボで、悲しい反面、だからこそ「手を貸す」口実が出来る微笑ましさ。

 ホント、いい最終回だった!

承太郎『後は…、弓と矢を回収すれば終わりか…、この町の危機も』

イメージ 71

イメージ 72

 感動的なシーンにも、全く気付いてない億泰、「え?何でよ?」とか聞き返して笑えますが
 これを引き取り、承太郎さんが閉幕宣言を
 が

 第一話冒頭、「女の手」が再び登場、“未解決事件”を示唆するブラックエンドに!

 日常(に潜むホラー)は、まだまだ続く…!

次回『カッコつけたかったんじゃよ』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

 波紋戦士なのに歳をとっていくジョセフ、彼のプライドなのでしょうね。

ポッポ・ポッポ・ハトポッポ?
 あのジョセフが、「自分の事をどう思っているのかなあ…」と、恐る恐る出て来るってのがね!
 本体・音石も、壮絶に画面内を走り抜けてきましたが
 ラストが良すぎた!

 実は切り札を残して音石、地形を活かす仗助の姿にもジョジョらしさ満点! 

 変人とバトルとぎこちない愛情
 二転三転する闘い、ギターで何かと表現したがる音石のキャラも、唐突過ぎて結構好きな決着回だった!

 次回、第13話「やばいものを拾ったっス!」

この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事