GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

メリオダス、意外に深手……? 三人目の「大罪」も、これまたとんでもねえ!

イメージ 1

イメージ 22

 徹頭徹尾「少女」で統一してゆく、巨人少女ディアンヌとの馴れ初め回でした。これは惚れるわ。
 相手によって態度を変えぬ、身体は子供、心はイケメン!
 当人瀕死、でも株が上がる一方だよ!

 ボクは、小さくなりたいよ………

■超回復の「大罪」
 また、監獄に囚われていた大罪、バンさんの顔見せも。
 あっさり回復した辺り、「フッフッフ、大罪といえど哀れなものだ」とか言ってた四天王の立場が……。

 さて、初の本格的な「聖騎士戦」、その激闘や如何に?

ポーク『さっきはよくもやってくれやがったな、この豚野郎がぁ!』

イメージ 3

 豚はお前だ!

■要塞監獄にて
 仲間が幽閉された監獄に向かう道中
 ギルに食らった傷が原因でメリオダスは倒れ、その治療の為、いったん街に立ち寄る事となる

 しかし、医師は監獄の聖騎士とつながっており、薬と偽って劇毒を飲ませてしまった!

 罠にはめた聖騎士ゴルギウスはエリザベスに迫り
 その同僚、虫使いの聖騎士フリージアに、虫嫌いのディアンヌは苦戦を強いられる。

 一方監獄の中では、五年に渡り拷問を受け続けたはずの大罪「バン」が、悠々と脱走を始めていた。

 次回、第五話「たとえあなたが死んでも」

ギルさん『仲間の居場所を聞き出す為に、敢えて私の剣を受けた、と?』

メリオダス『続きはまた今度、な?』

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

 豚の帽子亭殺人事件〜姫さまは見ていた〜

■聖騎士ギルサンダー
 かつての教え子をあしらったメリオダスは、ディアンヌにギルを放り投げて貰った。
 メリオダスは、ギルを傷つけたくないのだろうか?

 ビリビリする男は嫌われるって、昔あたしが教えたろッ!

 しかし、当のメリオダスは負傷で倒れる
 深い傷だったらしい……。

 女の前では、けっして弱みを見せないメリオダス。相変わらずイケメンである。

国民『神よ、どうか王国に連れ去られた若者たちを連れ帰しください』

国民『聖騎士達に、天罰を……』

イメージ 4

 なおギルさんは、折悪しく聖騎士たちに息子らを取られ、呪いの祈りをあげていた村人たちに着弾。
 村人、なんという二次被害。

 まあ良い………

 モブに容赦ない作品だわ……。

エリザベス『もう、あの頃には戻れないのですね……』

イメージ 5

 そのギルさん、幼い頃は「姉のマーガレットの護衛役」として、兄のように接してくれていた
 父を失った後も聖騎士として仕えてくれていた。

 しかしエリザベスの義父、国王の幽閉事件でも尖兵として参加していたらしく
 人が変わってしまった事に思い悩む。

 重税を課そうとした事など、「現在の聖騎士の方針」に忠実な騎士であるらしいですが……?

ジェリコ『七つの大罪二人が確認されました、あの男を奪いに来るかと』

イメージ 8
 
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 なんて趣味の悪い、そして作画がめんどくさそうな鎧なんだ……。

バステ監獄
 一行の目的地は「監獄」と名乗るものの、その実態は「今後の戦争に向けた試作要塞」であった。
 堅固な守りに加え、四人もの聖騎士が駐留する。

 強欲の罪と呼ばれた男が、哀れなものですねえ……。

 不気味な牙と通り名される彼らは
 捕縛以来、五年もロクに食事も与えられず、ひたすら拷問漬けとなっているバンを憐れむ。

 えらくやられ役っぽい!
 しかし、 cvが全体的に良いですね。強いのでしょうか?

ディアンヌ『バステ監獄にはボク一人で行く――――』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 しかし、街中でこんな打ち明け話して、大丈夫なのだろうか?

少女の夢
 監獄の守りも知らず、傷ついたメリオダスに代わり、単独突破しようと決意するディアンヌ。
 看護の役に立てないなら、これ以上傷つけさせない為に!

 男がよってたかって、女一人にカッコ悪い事すんなよっ!

 かつて、巨人族という事で、人里の誰もが「怪物」として怖がる中
 ただの少女として扱ってくれた騎士

 兵士と口論になったディアに、何も言わず味方してくれたメリオダス。恋する気持ちがあるのだから。

『怖くなかったか、なんて言われたのは生まれて初めてで―――』

イメージ 1

 まるで自分が、彼と同じ身長になったかのように錯覚させてくれた、騎士の中の騎士。
 メリオダスの為に、ディアンヌは無茶を言い出す。

 ボクは、小さくなりたいよ………

 頼むばかりで、自分が役立たずだと苦しむエリザベスに対し
 ディアは強く大きい自分がコンプレックス

 なんという恋する少女………、がっつりヒロインじゃないですか。

聖騎士『あたしの可愛いクソ虫どもの、レイン・カプリチオを味わいなさぁい♪』

ディア『―――虫は嫌いだけど、団長のためなら何でもないよッ!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 地属性! ディアさん地属性じゃないか!!

■聖騎士フリージア
 が、近郊の町にメリオダスを預けた所、監獄騎士の一人「虫使いフリージア」の猛攻を受ける。
 虫嫌いなディアンヌは怯えるが、か弱いエリザベスの頑張りに
 負けてなるかと奮起!

 ゴミ虫は、一匹残らず叩き潰すッ!

 街が酷い二次被害に!
 一応、ディアさんの攻撃で虫を殲滅したとはいえ、被害が洒落にならん!

 聖騎士って、なんて迷惑なんだ……。

『先生のお薬で、ぐっすりです』『まるで、死んだみてーに!』

医師『そう、でしょうね………』

イメージ 18

 しかし策士の聖騎士「ゴルギウス」が手を回しており、医師が劇薬を飲ませていたと判明。
 すぐさま当人が現れ 、エリザベス姫を連れ去ろうとする。

 さて、聖騎士が王族を殺さず、捕らえようとする真意とは?

 また、これほど規格外の聖騎士たちが
 わざわざ万端の準備の下、戦争をしようとしている相手とは、一体何者なのでしょうね?

大罪“バン”『お前、才能あるぜ? ――――散髪の♪』

聖騎士候補ジェリコ『その傷で、俺の剣をかわしただと!?』

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 22

 この女騎士、一人称が「俺」だと……!?

強欲の罪<フォックス・シン>
 メリオダス達の件を聞きつけた「強欲」のバンは、あっさり部屋の外へと抜け出す。
 捕まった振りをしていただけらしい。

 よぉく覚えとけよ、ガキ? 傷ってのはこういうヤツのことだ―――

 傷が治らない事を嬉しげに言う辺り
 強力な治癒能力と、唯一「治らない傷」をつけた男、多分メリオダスに執心なようだ。

 内側にまで難敵を抱えたバステ監獄、その明日はどっちだ!

予告メリオダス『いや、お前のファッションセンスにビビって逃げた』

イメージ 20

イメージ 23

 タワー並みにでかくって、そりゃまた食いでがありそうな話だ!

■劇薬
 予告パートでまた笑わされましたが、さらに次回、元気に走り回るメリオダスの姿が!
 もう、二度とわざと食らったりしないよ!

 トリカブト・ベラドンナ・ミドリゲンセイ・ヒヨスの葉を配合した劇毒を飲ませました―――

 医師が飲ませた劇毒って、いずれも使い方次第で薬になるものばかり。
 もしかして?

 次回、第五話「たとえあなたが死んでも」。


対クロメ&ボルス戦、終了。何てラストシーンだ……

イメージ 9

イメージ 23

 割と大きな血痕が街へ続いているという描写から、薄々感じていたものの……、容赦ない。
 ボルスさんもまた、受け入れてくれた人たちの元へ帰りたい
 ただ、それだけの願いすら果たせず。

 ちぇっ、戻って褒められたかったな。「タツミ、私すごいでしょ?」って――――。

■因果応報
 疲弊しきったところを、仲間に化けて叩く
 これ以上ないタイミングでしたが、クロメが思った以上に怪物だった。

 エンディングとウエイブの扱いから、当分大丈夫そうですが、クロメ、楽な死に方は出来なさそう……。

レオーネ『私はほら、回復力には自信ある、から………』

イメージ 2

 逆にレオーネ、予想以上に元気でした。ウォールさんの盾すげえ!

■因果応報
 現実主義者のチェルシーは、権力者に取り入り、楽に生きていこうと考えていた。
 しかし、実際に目の当たりにした腐敗は想像を越え
 帝具を手に入れた事で打開に乗り出す。

 イェーガーズのボルスを手にかけ
 ついで、その姿を借りてクロメをも暗殺しようと逸るが、強化兵の異常な生命力に阻まれてしまう。

 奇しくもボルス同様に、「大切な人のところに帰りたい」という願いを抱いたまま散った彼女は
 その遺骸を街中に晒され、タツミに目撃される事となる。

 次回、第18話「鬼を斬る」

回想エスデス『―――なぁんだ、全然たいしたこと無いな? がっかりだぞ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 いたずら笑顔エスデス様、今週の癒し。

■居場所と幸福
 帝具ルビカンテを爆破したボルスだったが、彼自身もまた、火炎部隊の火炎耐性の儀式で生き延びた。
 その帰路、かつて自分の醜い素顔を晒してなお
 笑いあってくれた仲間を思う。 

 また、みんなで一緒に、ご飯たべたいな………。

 スタ博士が生きてた頃ですから、相当早い段階でボルスを受け入れてくれていたイェーガーズ。
 ボルスさん、そりゃ帰りたいですわ………。

 その「素顔」を受け入れてくれた奥さんといい、ボルスさん、幸せだったんだなぁ……。

少女『―――でもね、おじさんの燃やしたところは、もう、なおらないんだ』

イメージ 7

イメージ 8

 しかし、その帰路に「怪我をして泣いている少女」を見つけてしまったボルスさんは
 ついつい彼女に手を焼いてしまい、暗殺される。
 変装だったのだ

 今のはね、あなたが燃やした村の子供よ。まとめて燃やしてるから、覚えてないんだろうけど……。

 敢えて「彼に、無実の罪で焼かれた村の子」の姿を選び
 暗殺するチェルシー。

 ボルスさんの優しさを仇にする、因果な帝具としか言いようがありません。

ボルスさん『解ってた、いつか、報いを受ける日が来るって―――』

イメージ 9

 でも、それでも………、帰らなくちゃ………、二人とも、待ってるから…。

 自分の死を受け入れ
 なお、心で受け入れきれず手を伸ばしたまま、ボルスさん、落命――――。

 恨むのではなく、ただ「帰らなくちゃ」とだけ言い続けるのが彼らしい、本当に彼らしい最期でした。

ラバック『逃がさずカッチリ仕留めるとは、さっすがチェルシーちゃん♪』

イメージ 1

 ラバック空気読め。ホントに空気読め。

ラバック空気読め
 が、チェルシーはそのまま「クロメも仕留める」と言い出し、止めるラバックを押し切ります。
 精神力を消耗し、人形もほぼ使い切った今
 今こそがチャンス。

 さすがに危険だぜ、ここで無理するキャラじゃないだろ!?

 絶好の機会とはいえ、得体の知れぬクロメ相手は危うい……。
 ラバックが「方角」を教えなければ!

 それでも、ちゃんと仲間への連絡と支援も頼んでおく辺り、抜け目ないチェルシーらしいです。

チェルシー『さぁて、大仕事二発目! 張り切っていきましょうかっ!』

イメージ 10

 らしくない自分自身に気付きつつ、鼓舞して「変身」するチェルシー!
 その姿はボルスさん!

 帝具使用で消耗したクロメに、仲間の姿を借りて暗殺にかかる!

 イェーガーズに、一番近づけるのはイェーガーズ。
 しかも、ボルスは帝具を失ったとクロメは知っていることから、帝具を偽装する必要もない!

クロメ『―――クスリが切れたか』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 この男が、アカメの師匠筋なのか?

■強化兵
 そのクロメですが、幼い頃から薬物強化されており、あの「お菓子」が薬だと明かされます。
 強化兵だの「切れた」だのと、それっぽい台詞は以前からちらほら
 これが答えか!

 会いたいよ………、お姉ちゃん…

 幼い頃、共に暗殺教室に入っていたのはご存知の通り。
 しかし選抜試験で引き離され、クロメの方は、薬物強化実験部隊に入れられてしまったという。

 互いに帝具を与えられた後も会っていますから、この後もちらほら交流はあったらしい。

レオーネ『私とラバの、限定コンボだけどな! フツーじゃ治らん♪』

ナジェンダ『私のスサノオの回復力は、一瞬だけどな!』

イメージ 15

 隊長、最近どんどんギャグキャラっぽくなってるよ!

■日常パート
 臨時拠点に戻ったレオーネが、「腕も、ラバックの縫合と“帝具の治癒力”で治せる!」と豪語していた頃
 そのラバックが、チェルシーが無茶をやっていると報告

 アレは、聞いてた“ドーピング”以上のものを感じたわ―――。

 実戦部隊らしいマインの警告に
 アカメとタツミ、二人が即座に現場に向かうと決定する。

 レオーネ姉さんってば、意外にあっさり腕が戻りそうで良かった……、のか? ホントに大丈夫?

ボルス(仮)『もうすぐ街だね』

クロメ『待ち伏せされてるかもしれない―――』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 27

 苦しそう……、可哀想に、そうだ! 今ラクになるおまじないをしてあげるねっ!

■世直し
 クロメの消耗につけこんだチェルシーは、そっと急所に「針」を滑り込ませる。
 自分が、「姉を慕う妹」を殺した事を噛み締め
 世直しだと立ち去るチェルシー。

 この能力を使えば、腐敗した世界そのものを変えられるかもしれない―――。

 かつて、不正を見て見ぬ振りしてきた
 だからこそチェルシーは、手に入れた「帝具」に、世界を正したいと強く願ってきたのだ。

 飄々とした暗殺者だけど、その実、若者らしい潔癖さが出発点だったんですね。

『―――ねぇ、今の“おまじない”効かないよ?』

『とっても痛いし、とっても苦しいよ――――――!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 クロメが非人間的なのは、強化の副作用で半分壊れかかっているせいなのか……。

■因果応報
 身体強化で「致命傷」にすら耐えたクロメは
 残った力を注ぎ込み、死体人形でチェルシーを殺害、その遺骸を街中に晒してしまう。

 ちぇっ、戻って褒められたかったな。「タツミ、私すごいでしょ?」って――――。

 追跡してきたタツミは、あの“自分よりずっと立ち回りが上手い”チェルシーなら心配ない
 そう言い聞かせ探し続けた末、目撃してしまう。

 そうさ、あの人に限って無理はしない!

 年頃の少女らしい
 気になる異性に褒められたいという願いを最期に抱きつつ、優しい暗殺者の少女、散る。

次回、帝都に「新組織」誕生? ラバック自重して……

イメージ 25

イメージ 26

 ラスト、膝をつくタツミの心情が想像するに余りありすぎる……。ついさっき笑いあったばかりだろうに。

■退場者、二名
 第9話「戦闘狂を斬る」より登場のボルスさん、事実上第12話「新入りを斬る」より登場のチェルシー。
 結果が察せられても、仲間、居場所に帰らなきゃって嬉しそうだったボルスさんに
 チェルシーが手をかけたときは複雑でした。

 そのチェルシーも、彼女視点から見れば「十分狙えるし、前線の負担を減らせる格好のチャンス」
 らしくもない無茶をやらかし始めた時、やめて!って思っちゃって。

 二人とも亡き者になった挙句、その遺骸を晒すという容赦ない結末
 容赦ない。

 次回、第18話「鬼を斬る」



「覚悟は良いか、正義の味方」。アンチ・正義の味方、堂々の推参!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。あと、表紙ほど凛さんは活躍しませんので!(ネタバレ)

 この後姿!
 背中から見せてくるというニクい演出と共に、ついに彼が参戦!

 お前が全のため一を殺すというのなら、俺は何度でも悪を為そう。覚悟は良いか、正義の味方

き、切嗣ゥ!
 平行世界で巻き起こる「正義の味方騒動」の真っ最中、士郎さん(仮)が吼える!
 不合理でも、大切なものの為に。

 いよいよラストバトルってきましたが
 メタ的に気になるのは、わざわざボスを「代替わり」させた理由って何なのでしょうね?

クロ『良い? 使うカードは、“これ”』

イメージ 1

 ここからの見開き、おおっ!って感じでしたね!

■だったらわたしは両方を目指す
 行き詰ってしまった並行世界にて、「聖杯」のミユを代価に、「正義の味方」は世界を救おうとする。
 イリヤはあくまで「ミユも世界も救おう」と奮戦し、聖杯戦争の主へ迫るが
 その結果、黒い巨塊が出現した。

 エリカを元に「黒い英霊」を大量に漏らし始めた塊は、地球をも飲み込まんとする勢い。

 諦めようとするミユ
 だが、ボロボロの「兄」が現れるや、英霊を蹴散らしゲームマスターへと迫る。

 だがゲームマスターに届く寸前、彼を「先輩」と呼ぶ黒い少女が現れ、その身を凶刃でなぎ払う。

イリヤとミユ、久々の再開を果たす――――

イメージ 7

 長らく離れ離れになっていた二人、諦めかけていたミユは、希望を取り戻す。
 良い話だ……、ホントに久々の再開です。

 でもイリヤさん、パンツみえてますよ!

 なんと破廉恥な!

ミユの「兄」、ボロボロの身体で奮戦する!

イメージ 8

 なんつーか、メッチャクチャに強い「ミユの兄」が推参! しかもクロとタッグ!
 どうも士郎(仮)は、魔術回路を先取りする
 という無茶技らしい。

 そうか……、お前はもう、独りじゃなかったんだな……

 再開した兄は、「ミユの為に戦う!」というメンバーに、嬉しそうに微笑みます。
 家族として「妹の為に、こんなに多くの人が戦ってくれている」
 これほど嬉しいことは無いですよ

 後おにーちゃん強すぎですよ!

ただでさえ薄い本なのに、「外伝」を入れるという鬼畜プレイ

イメージ 2

 これはこれで面白すぎますが、本編が「桜モドキに切り裂かれる」というトンデモ状況で
 しょーもない番外編が挟まるという暴挙(褒め言葉)
 安心の暴挙。

 たっつんパパのとんでもない強さが見れるぞ!

 驚きの強さ。
 もちろん「さらなるオチ」があった訳ですが、ってクロをもひっくり返すとかどんな達人だよ!

収録

イメージ 3

 まあ……、うん、先生遅筆だからね。仕方ないね。

 角川コミックスエース「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Srei!!<ドライ>」、5巻。
 原作タイプムーン、原案漫画ひろやまひろし。月刊コンプエース連載。
 2014年10月発売。

 プリズマ☆イリヤシリーズ第三期、全シリーズ通算11冊目(1期2巻、2期5巻、3期4巻目)。
 無印連載開始は2007年。

■収録
 第20話「姫の元へ」
 第21話「消える城と終わらぬ神話」
 第22話「奪う手と、守る手と」
 第23話「独りじゃない」

 番外編「乙女よ闘志を抱け2」
 巻末オマケ、カバー下オマケ漫画あり。




それは誰もが救われる物語。だってホラ、魔王からしてダメな訳だから……

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。

 魔王がダメっ娘でニート気質というダメダメすぎるスピンオフ4コマ、怒涛の最終巻。
 まおゆうシリーズ好きにこそお勧めしたい!

「枠」を外れることで、救われる者もいる(女魔法使い)。

■まさかの
 正直、1-2巻はイマイチでしたが、最後だというので購入。
 タイミング的には、「蒼魔族の策謀と、聖教会の新兵器導入で大騒ぎ」辺りで終わってしまいました。

 が、ギャグ連発から予想外の決着で終了!
 元々「原作」からして、勇者と魔王が「枠を外れる」事を踏まえて締める、良い結末でした!

「まおー様」がダメな人だから、負けた蒼魔王、もっと立場が無いワケで

イメージ 5

 なんと、蒼魔王まで引きこもるという驚愕展開。これは予想外。

■「枠」を外れて
 魔王簒奪を企む蒼魔族だったが、偶然の連鎖で敗北し、まおー以下の烙印に意気消沈する。
 恥辱に耐えかねた蒼魔は出奔、人間世界南部に戦乱を引き起こし
 教会の「マスケット銃」が更なる混迷をもたらす。

 が、これら「とある物語」にも似た展開は、まおーのダメ人間さによって良き方向へ進む。

 みんながいるって素晴らしいのだ
 だって楽が出来るし!

 自分たちの「丘の向こう」を目指し、まおーとゆうしゃの旅路は続いてゆく。(完)

巻末には描きおろし「おまけ」収録! いやあ最高だな(棒読み)

イメージ 2

 誰もが予想も期待もしてなかった、白夜王たちの物語が展開してゆく「かきおろし」収録!
 白夜王の全裸! そういうのもあるのか!

 原作劇中、中ボス的だった「南部所属にして、中央の代理」というイヤな奴ポジション。

 似たポジションのキャラも交え
 本作独自の、「丘の向こう」が楽しすぎました! こんなん反則やー!

収録

イメージ 1

 物語は途中終了ですが、きっと世界は救われるのでしょうね。てかそれ以外ありえんわ的な。

 MCコミックス「まおゆう4コマ「向いてませんよ、魔王様」3巻」。七積ろんち。
 エンターブレイン「マジキューコミックスweb」月刊連載、KADOKAWA発行。
 2014年10月発売(前巻2013年1月)

 その20「八大氏族 贈収賄事件」
 その21「魔王消失!! 狙われたクリルタイ」
 その22「名探偵だよ魔王様」
 その23「さよならクリルタイ」

 その24「幕間〜魔王のまいた種〜」
 その25「さらばメイド姉、そして……」
 その26「姉と魔王の別れの日」
 その27「歴史に残るかもしれない日」

 その28「復活!! 蒼魔の刻印王」
 その29「蔓穂ヶ原に消ゆ」
 その30「図書館のひみつ」

 その31「最終決戦!! がんばれ魔王様(前編)」
 その32「最終決戦!! がんばれ魔王様(後編)」
 最終話「丘の向こうへ続く道」

 番外編「白夜王と人類の楽園」


なんてテンションの上がる展開だ! ※なお次週休載の模様

イメージ 2

 彼には、「正体」があるらしいですが……?

「裁きの神」降臨!
 かつて、ゴールドマンとシルバーマンの「天上兄弟ゲンカ」に颯爽と現れ
 両者落命の原因となった神!

 ついに出おったか貴様〜〜〜!

 と思った読者は多いはず!
 元々、ゴールドとシルバーの由来を巡る物語ゆえ、期待してたんですよね。

 ついに、この神からシルエットが取れる日がくるのか……。どんな素顔をしているのでしょうね?

アシュラ『私が一番最後のようだな』

イメージ 1

 一方、ドヤ顔で「実はずっと移動中だった」と明かされたアシュラマン!
 お前はウォーズマンか!

 決戦の地は「魔界」と判明し、部下たちに歓待を受けるアシュラ。
 坊ちゃま!とか王子!とか流石王子!

 魔界王子アシュラマン、彼のホームでの戦い……、こりゃ負けられませんね御曹司!

カラスマンとニンジャ、死闘をたたえあう

イメージ 3

 また、今回すごく格好良かったのは、死に際にニンジャを讃えたカラスマンの姿と
 それを自分の完敗だったゆえと返すニンジャ

 それでも勝たねばならなかった、それだけのこと……

 敵の力をコピーする、反則じみた技であっても「見事だった」と讃えるカラス。良い男だった。

『あの男に伝えておけ。先に逝っておく…、とな。カララ……』

イメージ 4

 毎度思いますが、ゴールドマン愛されすぎである。

■裁きの神
 カラスマンを倒したニンジャは、彼から「闇のダンベル」を譲り受け姿を消す。
 一方、始祖が待つ、長い通路を駆け抜けたアシュラマンは
 そこが故郷だと知り衝撃を受ける。

 敢えて「魔界」を戦場に選んだ完璧始祖ジャスティスマンは、ここが「許されぬ場所」だと宣言した。

 裁きの神、降臨―――
 次回、ジャスティスマンの驚くべき“正体”が明らかに………!?

 来週は配信休止!

■次回、11月10日配信開始。
 10月27日配信開始、配信サイト http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事