ここから本文です

書庫全体表示

イメージ



志は、気の帥(すい)なり
 

 
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で、松陰(伊勢谷友介)がよく周りの人や弟子たちに語りかけていた言葉。
  
「君の志は何ですか?」
   
 
下の言葉は孟子の言葉。
 
「志は、気の帥(すい)なり。」(『孟子』公孫丑上 志、氣之帥也。)
 
(志は気の将帥である。思想が確立しており、精神がしっかりしていれば、おのずから元気も気力も出てくる。「志」は思想精神。「気」は、人間のからだに満ちている元気気力。「帥」は軍隊の総大将。)

「志は、気の帥なり」という言葉は、ネット検索すると上のような説明が多い。
しかし「志」を思想精神ととらえずに、「志」は「志」のままの意味でよいと思う。そして孟子のこの言葉とともに重要なことは、「気」は物の考え方や心の持ち方という「精神的なもの」に大きく影響を受けるという事だ。
 
「志」を立て、自分の精神的な練磨と成長を積み重ねていくことが、「精気神」を養っていくことになる。
 
「志を立ててもって万事の源となす。」  松陰

(すべての実践は志を立てることからはじまる。) 

ニーチェは「人生、生きる目標があれば、たいていの苦難に耐えることができる」と言ったそうだ。
 
「志」も「目標」も具体性のあることが大事だ。
 

■■【花燃ゆ】吉田松陰の名言15選..松下村塾の志士たちへの教え






転載元転載元: 真理の探求と実践

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事