ここから本文です
美しくなること、健康になることのアドバイス

書庫全体表示

イメージ 1
大迫選手はクロスカントリーでフォアフット走法を見つけたという!!


大迫選手がマラソンで日本新記録を出しましたね。

彼の走り方は、フォアフット走法というのだそうです。

地面に踵から着かず、足裏前半の第一趾骨周辺から着地しているそうです。

そして前傾姿勢を終始取るのだそうです。

その為には背筋を鍛えるのだそうです。

そうすることで、進行方向にだけ力を使うので、省エネ走法になるのだそうです。

アフリカの選手は、この走法で世界新記録などを出して勝っているようですね。

日本にも同じ様な走法がありました。

それは、「ナンバ走法」という方法です。

高野コーチが短距離の選手に指導してました。

その元になってるのは、武士が腰の刀を抑えながらすり足で走る姿を、映画などの時代劇で見てるはずです。

大迫選手は食生活もシンプルで、特別に栄養士が付いてる訳ではないのですよ。

これらの事を知ると、明治初頭の西洋人が人力車の車夫の話を思い出します。

西洋人は、カロリー豊富な西洋の食事付きで、日光まで行ってもらうことにしたそうですが、途中で車夫が、力が出なくて走れない、握り飯と沢庵を食わせてくれと頼んだそうな。

西洋人から見たら粗末な食事で日光まで走り切ってしまった車夫の行動が理解できなかったと、ある本に書いてありました。

人力車の車夫の走り方もまさしく「ナンバ走り」、大迫選手のフォアフット走法、武士の走法に共通点がある。それは「前傾姿勢」をとって、エネルギーのすべてを進行方向に発揮するという事です。

バイクも姿勢の面ではナンバ走法や、フォアフット走法、人力車夫走法に似てるような気がしてます。

また、新城選手のライディング姿勢も、背筋をシッカリ使って走ってるイメージがあるように思うのですが。

無駄な力を省いて、結果が最大になれますよう、応援します!!
オスカーペレ美容整体育
☎ 042−574−0726

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事