全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日の銀行  いっぱいの人・・給料日ですね・・
嬉しそうな顔  苦しそうな顔  色々な顔が・・
今日の喫茶  何時もの工務店の会長  体調が悪いらしい・・
やはりこの暑さが  こたえたのかな・・
大阪市で  152歳  江戸生まれの戸籍が・・
戸籍上では生きてることに・・(;^□^)あはは 困ったもんですね・・
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
又  子ども武勇伝  ラジオから・・
 
息子の真悟は小学6年生。大の野球好きで、地区の少年野球チームに入っています。
野球に明け暮れる毎日でしたが、野球チームのみんながこの夏休みは塾に行くらしく、
息子も行きたいと言うので行かすことにしたんです。その塾で受けた国語の能力診断テストで、「次の空欄を埋めて四字熟語を完成させなさい」という問いで、「一( )打( )」という穴埋め問題がありました。
正解はもちろん「一網打尽」なのですが、うちの真悟は野球が好きすぎたのか、一網打尽でなく、「一(番)打(者)」と書いていました。
「アホやなぁ!」とは思いましたが、うちの息子らしい解答、そして本当に心から野球が好きなんやなぁと実感しました。まぁ、勉強はそこそこでいいので、自分の好きなことに一生懸命打ち込んで夢を追いかけてほしいなと思います。
 
 
大阪の100歳以上  5000人以上らしい・・
長寿国  うそつくな^〜〜〜〜
 
 
  ( (^㎜^)ゞ )sarypapa

今日もまた  暑い・・雨よフレ〜〜〜
 
 
電車のホーム  一番前は危険です・・  ニュースで見ましたが
先日も前から2番目の人が  お酒に酔って気分が悪く  しゃがんでいたのが  電車が来たので
 
立ち上がると目まいが・・・前の人に持たれかけ  1番前の人が電車にはさまれ亡くなってしまった・・
むちゃくちゃな事件が・・  何処にいても油断もすきも  気をつけましょうね。
もちろん車の人も  気をつけましょう・・
 
 
暑いから・・
 
サギの写真でも・・
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
ちょっと良い話・・ラジオから・・・
 
 
お母ちゃんへ。
お母ちゃん、私この秋に二人目の孫が生まれるよ。
お母ちゃんは、おばあちゃんと呼ばれる事なく、娘3人を残してあの世に行って、来年でもう50回忌ですね。
お母ちゃんの思い出って残念ながら、誰かに妹と病院へ連れて行って貰い、病院で妹と、多分はしゃいでいたんでしょうね。(帰り!)と怒られた記憶しか無いんです。恐かった・・・お母ちゃんとの思い出が(恐かった)だけなんて、淋し過ぎますよね。
大きくなってから、(末期癌で、最後は凄く痛そうやった)と聞きましたが、あの頃には、わかりませんでした。お盆が誕生日の私は墓参りに行き、元気に生んでくれた事に感謝です。お母ちゃん、娘三人を残して、いっちゃったのは、さぞ心残りだったでしょう。でも、お母ちゃん娘三人は元気ですからね。
 
 
 
■「五山の送り火」
昨夜、友人宅のマンションの屋上から五山の送り火を見ることができました。
東山の山肌から次々と点火される大文字・妙・法・船形・左文字・鳥居形と赤々と夏の夜を彩る火の文字。ご先祖のみ霊を送る敬虔な行事に自然合掌しておりました。
四十歳の若さで親より先に逝ってしまった娘の名前の「妙」の字に、私の目は釘付けになりました。ある日、突然の娘との別れは、老境に入った私達夫婦にとっては、片身をもぎ取られる辛さでした。十月で七年が過ぎようとしておりますが、別れとなったその年のお盆に帰省し、又東京に戻る時、一枚の便箋が残されていました。

親ってありがたいね。
実家ってあったかいネ
“ありがとう”って言えず帰るけど、百倍の気持をこめて・・・
妙子

もう何百遍読んだ事でしょう。昨夜見た「妙」の字とこの手紙が重なり、胸詰まる思いでした。
“お父さんもお母さんも元気で居るから安心してネ”とつぶやくと「妙」の文字がかすれてチラチラと揺れていました。
静かに消えゆく大文字に別れを告げ、又一年を待たれる古都の宵でした。
 
 
気をぬいたら  倒れそうなので  もう少し気合を入れて
 
頑張ります・・  皆さんも気合を入れて  頑張りましょうね。
 
 
  ( (^㎜^)ゞ )sarypapa
 

 
今日も暑い・・・
昨日は冷たいの飲みすぎた・・暑いときも温かいので・・
コーヒーはいつもホットなんですが・・
 
夏ももうすぐ終わり
線香花火  何故か夏の終わり感じますね・・
 
イメージ 1
 
 

先日  おじさんのお見舞いに労災病院まで・・姉と行ってきました
そこで  おじさんと姉と3人でお茶
 
3年前は同じ病院で逆の立場だったんです・・   だから  見舞いに行っても
 
逆に  元気になってよかったな・・・って言われるんですよ・・
 
 
σ( ̄、 ̄=)俺  肘を突き手を握って 話してると
 
姉が  (¬д¬。) ジーーーッ 
 
σ( ̄、 ̄=)俺の握った手を見て   あんたの手は

・・・・・・・・・・・・・・・

クリームパン  みたいな手やな・・凹○コテ
 
イメージ 2
 
クリームパン  分かります・・  手のような・・パン
太って  手までぽっちゃり(;^□^)あはは
 
 
 
 
子ども 武勇伝  ラジオからです;;;
■僕が小学5年生の時に引っ越してきた町は、まだまだ田んぼが多い、のどかな土地でした。同じクラスに、地主の家の鬼塚(おにづか)君という男の子がおり、仲良くなったので、よく家に遊びに行ったのです。それはもう、“犬神家の一族”に出てくるような大きな日本家屋でして、夏休みのある日、かくれんぼをして遊んでました。
すると、仏壇の置いてある、始めてみる部屋を発見。その部屋の角に、身をかがめるように正座して座っている、白い着物を着た小さな小さなおばあさんがいるので、鬼塚君に「あの人、おまえのおばあちゃん?」と聞きますと、彼が言うには、「え!?おまえにも、アレが見えるのか?アレは、この家では俺にしか見えんかったんやけどなぁ‥。たぶん、この鬼塚家の先祖の一人で、お盆の時期になると、現われる老婆やねん。決まって、屋敷のこの仏間にチョコンと座ってこっちを見てるんやけど、たぶん、うちの守り神やと思うねんけどな」と、いつものイチビリな口調ではなく、彼が静かに話してくれました。
僕は怖かったのですが、ここでふざけたり怖がったりしては失礼だと思い、そのおばあさんの姿をした守り神に近づいて手を合わせたとたん、「くぉらっ!!!ワシはまだ仏にはなっとらんわ!!手ぇなんか合わすな、縁起でもない!」と、そのムチャクチャ元気な96歳の鬼塚君の“ひいおばあさん”に怒鳴られて、
ちょっとだけチビリました。そうです、僕は鬼塚君にマンマとだまされたのです。
その鬼塚、実は今も僕の悪友でして、次男なので家を早くに出て神戸でイタリアンのコックしてます。
 
 
冷たいものは控えましょうね・・・
 
( (^㎜^)ゞ )sarypapa
 
今日は高校野球  沖縄  興南高校が。。優勝  
(ノ〃^▽^〃)ノ。・:*:・゚★,。・:*:・゚オメデトー♪

σ( ̄、 ̄=)俺  タウン誌で見かけた  ごはん カフェ  三郎に・・
 
イメージ 1
疲れてる友達に無理を言って  連れて行ってもらいました・・
タウン誌には古民家でごはん・・・違うな少し古い家で・・
 
イメージ 2
 
体に優しいメニュー  麦芽玄米  揚げだし豆腐など・・味の薄い・・・
 
お客さんは満席・・・・…( ̄  ̄;)ウーン
 
イメージ 3
 
 
まぁ  外の景色は緑がいっぱいで・・・よかったです・・
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
緑  いっぱい載せてみました・・・
 
高校野球も終わり  いよいよ・・・・秋かな!!(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))ちゃう
 
 
   ( (^㎜^)ゞ )sarypapa

開く トラックバック(2)

戦時中の熱闘甲子園

今日も何時もと同じ  アチ〜アチ〜ι(´Д`υ)アツィー
 
第92回  夏の高校野球選手権も明日が決勝戦
沖縄 興南高校 対 神奈川 東海大相模  どちらも \(*⌒0⌒)bがんばっ♪ 
 

今日ご紹介した本は「昭和十七年の夏 幻の甲子園」  ラジオから・・・
著者 早坂 隆
出版 文藝春秋
この本は、朝日新聞社の記録で「昭和十六年〜二十年戦争で中止」となっている甲子園大会が、実は昭和十七年に行われていたという「謎」に迫るものです。
この大会の主催者は文部省で、
「バッターはボールを避けてはならない」
「選手交代は認められない」
「”選手”ではなく”選士”として試合に出場する」などが定められていたのですが、「大会の試合のことやチームのこと、また一人一人の選手のことなどが細かく書かれています」
 
球場でバットとボールを握っていた選手が、戦場で銃と手榴弾を操ることになったことについては「この本に出てくる一人一人の人生を考えると、改めて戦場はやってはならないなと感じました」と語っていました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
 
まだまだ残暑厳しいですが・・
 
水分とって  良い週末を・・・
 
 
( (^㎜^)ゞ )sarypapa

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事