魯迅箴言と論語

魯迅箴言と論語を読んで一日を!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全524ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今日は8月18日、日曜日です。昨日、成田先生とドイツビールフェステバルに行ってきました。周は胃の具合が悪そうで家に残って静養することにしました。アスパムのあと、焼き鳥屋の醇晴へ行って焼酎と清酒を飲んで帰りました。少し、飲み過ぎたようです。今朝はそんなわけで、8時に起きました。

 今日の子規歳時は、明治31年の句です。子規は幼少のころ、左利きだったようで、長じても左で字を書くのが巧みであったということです。

 今日の魯迅箴言は、箴言213です。
 多数的力量是伟大,要紧的,
  有志于改革者倘不深知民众的心,
  设法利导,改进,
  则无论怎样的高文宏议,浪漫古典,
  都和他们无干,
  仅止于几个人在书房中互相叹赏,
  得些自己满足。
 多数の力は偉大であり、大切である。
 改革に志す人々がもし民衆の心を知らずして、
 いろいろと利益になるよう指導し、改善しようとしたところで、
 いかに高邁な議論であろうと、ロマンティックな古典であろうと、
 彼らには何の関係もなく、
 ただ数人の書斎の中でお互いに嘆賞し合い、
 自己満足をするだけのことである。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は8月17日、土曜日です。今日病院で、主治医から退院の日が来週末に延びたとの説明があったようです。22日か23日になる模様です。切除摘出した検体の検査結果をみて今後の治療方針を決めるということでした。悪い結果でなければいいのですが、これまで順調にきただけに、少し心配です。とにかく、血圧も血糖値も安定していますし、今日から普通食になったので、あとは体力をつけるだけです。周がいるあいだに退院できないのも、残念です。
 台風も大した被害もなく、蒸し暑い夜でした。風の雨も予想をはるかに下回りました。今日も明日も病院通いが中心です。妻は手術代や、入院費用を心配しているらしいです。とにかく辛抱強くかからないといけないと心に決めました。

 今日の子規歳時は、明治28年の句です。子規は、幼時に南瓜と西瓜が鉱物だったようです。親戚の家へ遊びに行き、カボチャをかかえてかえったきとことを詠んだ句である。

 今日の魯迅箴言は、箴言212です。
 以过去和现在的
  铁铸一般的事实
  来测将来,
  洞若观火!
 過去と現在は、
 鉄と鋳物の一般的事実と同じである。
 未来のことを予測するには、
 炉の中の火の色を見ればわかる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は8月16日、金曜日です。昨日の夕方の新幹線で香と旭臣それに昂硯君の三人が東京へ帰りました。三人に感謝です。妻も寂しくなかったと思います。今朝は周が朝飯をひとりで食べています。私は朝の薬に牛乳ですませました。これから日課をやって病院へ行き、そのあと事務所です。
 今日の子規歳時は、明治32年の句です。子規によれば、読書、労働、昼寝、飲酒など、「何でも子供の時に親しく見聞したことは習慣となる」と書いています。

 今日の魯迅箴言は、箴言211です。
 倘若一定要问我青年应当向怎样的目标,
  那么,
  我只可以说出我为别人设计话,
  就是,
  一要生存,二要温饱,三要发展。
 ……
  我之所谓生存,并不是苟活;
  所谓温饱,并不是奢侈;
  所谓发展,也不是放纵。
 もし私に、青年はいかなる目標に向かうべきか、と無理にも問うなら、
 私は、他の人のために考えた言葉を言うほかないでしょう。
 ……すなわち、一に生存、二に衣食、三に発展。
 私の言う、いわゆる生存とは、けっしてその場限りに活きることではなく、
 いわゆる衣食とは、奢侈ではなく、
 いわゆる発展とは、放縦ではありません。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は8月15日、木曜日、終戦記念日です。今日は昼と夜に集会があります。昨日来た周を連れ、今日帰る香たち三人が帰る前に病院へ別れを告げにいくことになります。19日か20日に妻は退院することになりそうです。周が20日の朝に帰るので、19日の退院ということになればと思っています。昨日は点滴もとれ、食事も七分粥でした。あとは、普通のご飯の病院食を食べれればいいことになります。

 今日の子規歳時は、英文のフランクリン自伝を日課のようにして読んだ明治29年の句です。

 今日の魯迅箴言は、箴言210です。
 旧形式是采取,
  必有所删除,
 既有删除,
  必有所甕廖
  这结果是新形式的出现,
  也就是变革。
  而且,
  这工作是决不如旁观者所想的容易的。
  旧形式を採り入れるには、
 必ず削除が行われるべきであるが、
 削除が行われるからには、
 必ず添加が行われるべきであり、
 その結果として出て来るのが新形式であり、
 またこれがつまり変革である。
 しかも、
 この仕事は決して傍観者が想像するほど容易なものではないのである。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は8月14日、水曜日です。妻の手術(8日)から一週間が経ちました。周が今夜の便で青森に来て、20日に帰ります。香たちは明日の午後、東京へ帰ります。
 いまは入院して完全看護だから経過も順調なのは好いとして、これからが大変です。とくにあと一週間して子どもたちが帰ってから、病院を退院後、妻と二人なってからが大変です。それを思うと気が遠くなります。

 今日の子規歳時は、明治29年の句です。子規は田安宗武と平賀元義の歌を褒めたのです。

 今日の魯迅箴言は、箴言209です。
 最要紧的是改革国民性,
  否则,
  无论是专制,
  是共和,
  是什么什么,
  招牌虽换,
  货色照明,
  全不行的。
  国民性を改革するのに最も喫緊なのは、
 いうまでもなく、
 専制ではなく、
 共和制です。
 どんなことがあっても、
 招牌虽换や、
  货色照明は、
 まったくもって行ってはいけないのです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全524ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事