通い慣れたフィールド

イメージ 1
アカスジカメムシ
久しぶりに平尾台を歩いて来ました。
草地を歩くたびに飛び立って逃げてしまうジャノメチョウ、ダイミョウセセリ、集中力を欠く日中でした。
イメージ 2
マメコガネ
イメージ 3
ジャノメチョウ
イメージ 4
クロコノマチョウ

この記事に

開く コメント(0)

憧れのクロギン

イメージ 1
クロスジギンヤンマ                                                6月17日撮影
何故今頃1か月も前の画像をアップしたかと言うと取り込んだ画像を保存したホルダーを別のホルダーに
入れてしまい行方不明だったのが今日見つかったというお粗末な落ちです。
イメージ 2
クロスジギンヤンマ
パトロール飛行でせわしなく目の前を飛び回っていても飛行中を撮影する技術なんかある訳ないし、
あきらめていました。
イメージ 3
クロスジギンヤンマ
メスの単独産卵は幾度となく撮影していますが、オスは初めてです。
イメージ 4
ハラビロトンボ(メス)
イメージ 5
オオシオカラトンボ(交尾)
イメージ 6
ムラサキシジミ
イメージ 7
ショウジョウトンボ(メス)
イメージ 8
ハグロトンボ

この記事に

開く コメント(1)

7月15日

イメージ 1
クロイトトンボ
朝から痛いような日差しを浴びながら慣れない日傘をさして懲りずに昆虫観察にやって来ました。
何時もは、盛んに縄張り争いをやっているショウジョウトンボは影を潜めオオシオカラトンボとクロイトトンボしか目に入ってこない状態でした。
イメージ 2
ベニイトトンボ(連結体)
落ち着いて探してみればいるもんですね、
イメージ 3
ショウジョウトンボ(オス)
一通りベニイトトンボを撮影して立ち上がった正面に、このスタイル視覚的に暑さを感じます。
イメージ 4
オニヤンマ
日差しを避けようと入った木陰でオニヤンマも涼みに(?)来ていた。
イメージ 5
サツマシジミ
裏翅の斑がこれ程はっきり出ていると違う種に思えてくるけど???
イメージ 6
ウラギンシジミ(オス)
このチョウを見ると一気に暑さが増してくるような気がします。
イメージ 7
ヤマサナエ(メス)
タ・ブ・ン!
イメージ 8
リスアカネ

この記事に

開く コメント(0)

前回の残りの一枚

イメージ 1
サラサヤンマのアップニコンⅮ500 タムロン180㎜マクロ

この記事に

開く コメント(0)

6月になって

イメージ 1
クロイトトンボ
イメージ 2
クロイトトンボ
イメージ 3
モノサシトンボ
だんだんトンボの種類が増えてきました。
昨年の今頃はリハビリの真最中で入院していた病院の居心地が良くて退院したくないと思っていましたが、
根っからのでべそな性格なので糸の切れた風船のようにあちこち徘徊(認知症じゃあないよ!)しています。
イメージ 4
ベニイトトンボ
6月後半になればアオモンイトトンボやアオイトトンボにも逢えるでしょう
イメージ 5
蒲の池
現在のとこ、この周辺がお気に入りの場所になっています。
イメージ 6
ミヤマカワトンボ
イメージ 7
ミヤマカワトンボ
カワトンボの茶色の翅は光の当たる角度で色々変わります。
イメージ 8
サラサヤンマ
クヌギの木近くでホバリングしてたトンボのを追いかけ木の近くまで来たら足元のアザミの茎にしがみついているトンボを発見取り敢えず証拠写真として数枚シャッター切り、近づける限界まで抜き足差し足で撮影しながら近づきました。
イメージ 9
サラサヤンマ
今回も前回と同じパターンカメラには、望遠ズーム装着マクロレンズはバッグの中レンズの付け替えより2台体制で行こうかなと本気で思った昼下がりでした。



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事