ここから本文です
吾唯足知
Go Go! First Penguins.

書庫全体表示

洋菓子店コアンドル

イメージ 1

元天才パティシエの十村と、恋人を追って上京したなつめが
一軒の洋菓子店コアンドルを通じて成長し
人生を一歩進めるまでの物語。

主演の蒼井優ちゃんも好きで
大好きなケーキ屋さんが舞台ってところも気になるところだったけど
個性ある登場人物達がケーキを通じて再生していくストーリーが
一番のお気に入りなポイントかも。

ケーキでなくともモノづくりに携わる人達に通じる
モノづくりという仕事に共通する苦悩と魅力が描かれていて
主人公の蒼井優ちゃんの笑顔は同じような経験をしたことのある人には
とっても共感の持てる映画のはず。

学生時代に誘われたこともある職人という仕事
今は趣味として家庭でお披露目するレベルでしかないが
デザートや料理を作る人達は誰かを幸せな気持ちにしていて
厳しいけどとってもやりがいのある仕事の一つだと思っている。

子供の頃は運動ばかりしていて
夢として職人さん達を描いたことはなかったが
色んな仕事をしてきた今だからこそ
知らない誰かに幸せを提供できるケーキ屋さんやパン屋さんに
憧れてしまっている自分に気が付くことが出来る。

スイーツ評論家で製菓学校の講師でもある十村は
かつてはケーキで人を幸せにすると言われた名パティシエだったが
ある事件がきっかけでケーキを作れなくなっていた。

しかし
そんなカリスマ・パティシエ十村を
世間知らずでど素人だけど
ひたむきにケーキをつくるなつめに打たれ
閉ざされた心を次第に開いていく。

わがままで気の強い田舎の真っ直ぐな女の子
なつめのマイナス部分に目が行きそうになるけど
そんな子の持つ本当の魅力は意外なところで発揮される。

映画の話から逸れちゃうかもしれないけど
いっけん世間的には疎まれてそうな
天真爛漫な子が何かを突き動かしちゃう力を持ってるのかも・・・。
なんて色眼鏡で子供たちを判断してしまいそうになる自分を反省してみたり。

出演は、江口洋介、蒼井優、江口のりこ、戸田恵子ほか。
監督は『半分の月がのぼる空』の深川栄洋。
ストーリーに思わぬ仕掛けをするのが得意な深川監督らしく
最後に明かされる十村の秘密にじんわり。

スィーツ好きには
スクリーンに登場するケーキを見てるだけで
うっとり出来ちゃう作品だけど
スィーツ好きでなくても
夢を追いかけている人に必見の作品かも。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事