全体表示

[ リスト ]

特殊環境と一般環境

アインシュタインの相対性理論には、特殊相対性理論と一般相対性理論がある。
相対性理論は、光と重力に関する理論である。
特殊相対性理論は、止まっている、あるいは加速しない環境での理論で、一般相対性理論はその他の環境における理論である。
特殊とは何だろう?
止まっているあるいは加速していない環境とは?
実はそのような場所は存在しないというのが結論だ。
特殊相対性理論は、実在しない場所で起こる事象のため、理論としては重要なのだが一般には使えないものである。
一般環境で使用できるものが一般相対性理論である。
これは、あらゆる方向の重力(加速)の要因を加味された。
相対性理論の恩恵は、様々なところで受けている。
人工衛星と言えばピンとくるだろう。
また、多大な恩恵を受けているGPSは一般相対性理論が無ければ、正確な位置情報が得られない。

特殊と一般の意義を確認しない研究報告はたくさんある。
一般の現場でおこってもいないことを、特殊な環境で検証することは多い。
露地栽培品目の栽培方法の検証を、小さなほ場やハウス、研究室内で再現・検証する行うこともそうだ。

特殊な環境で組み立てた理論は、一般環境で精査されることで一般理論となる。
これを怠ると特殊環境の理論にすぎない。
いくら多くで精査が行われたとしても、特殊環境でつくられたものは特殊環境の理論でしかない。
特殊環境でとったデーターは、そのデータの数が多くても一般に適用してはいけない。
一般に使用するものであれば、特殊環境で得られた根拠は、一般統計から得られたものには勝てない。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事