ここから本文です
山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ
東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

書庫被災地漁師の声〜東日本大震災津波

すべて表示

「東日本大震災から7年目」ー
天皇皇后両陛下の東日本大震災の被災者に対する、暖かいここづいかいは忘れられない。被災者の大きの心の支えと支援になった】
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
 
 天皇皇后両陛下の東日本大震災で、東北に何度も足を運んで頂き、最初は避難所へ・。目線を合わせるために膝を折っての被災者への「御見舞や励ましの言葉」を直接頂いた方は、無論のこと自分の町村に来て頂いた事はホントに有り難く、象徴天皇としての国民と共にその痛みを分かちあう、「被災者にとってこれほど有り難いモノはない」と感じさせ、勇気をもらった人も実に多い。
 皆が、「両陛下の訪問がありがたくて、みんなで涙を流していた。 ホントに優しい言葉を頂き、元気が湧いて来た事を思い出す。 だけど・・。 身体への負担が大きかったのでは。と申し訳ない気持ちにもなった。」という声が殆どなのです。
イメージ 4

イメージ 1

昨年の、昨年8月30日の台風10号豪雨災害でも。
イメージ 2
岩手県宮古市北部の地域で「東日本大震災と二重の災害被災者が」でた。
死者
22名、行方 不明者5名、住宅の全壊447棟、半壊2,243棟の被害があった。この中には、東日本大震災と二重に被災者になった人も沿岸部に沢山いる。
 そのこともあり、同台風にから1カ月となった岩手県は3
0日、県内避難者は岩泉町と 田野畑村で計357人に上ると発表した。
 それを受けて、両陛下は、昨年、9月28日から10月2日にかけて、東日本大震災の被災地の復興状況視察とのため岩手県の岩泉町や田野畑村や大槌町や山田町、などを訪問されて、被災者に親しく声をかけられた事は、ホントに有り難いことだったと思う。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【被災者は、停電やテレビなどもなくて、国民向けのビデオメッセージを放映は聴いていない。 今日始めて知った。】
 天皇皇后両陛下震災から4日後の、2011年3月15日、天皇は宮内庁長官・侍従長と相談の上、国民向けのビデオメッセージを放映することを決定し、皇后と相談しながら原稿作成を進め、 翌日の3月16日午前中までに完成。 同日午後3時にはビデオの収録を開始し、天皇はビデオカメラの前で「おことば」として読み上げた。メッセージは、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の状況を憂慮し、防災関係者を労い、被災者を激励する内容であった。
イメージ 3

 午後4時35分から、日本放送協会(NHK)をはじめとする、日本の大部分の放送局が録画されたビデオメッセージを報道特別番組の一環として放送した。その際に緊急の情報が入った場合は、そちらを優先してほしいとの天皇の意向も各局に伝えられていた。
 天皇が不特定多数の日本国民に対し、マスメディアを通じて自らメッセージを伝えたことが1945年(昭和20年)8月15日の終戦の玉音放送に喩えられ、一部で「平成の玉音放送」とも表現された。 
Wikiからーー https://goo.gl/xUPtGN
私は、このようなことがあったのは7年目にして初めて知った。

【東日本大震災以降、日本列島は大きな災害が連続して発生している。そのたびに、被災地を直接訪問される天皇皇后両陛下】
イメージ 6
 とにかく、東日本大震災以降、日本列島は大きな災害が連続して発生している。そのたびに、被災地を直接訪問される天皇皇后両陛下には、ご高齢なのにホントに頭がさがるが、被災者にとって、天皇皇后両陛下の訪問はホントに、有り難いものだと痛感させられる。

 震災直接、避難所で天皇皇后両陛下と話をした人は「初めは緊張して何も言えなかったが、優しい声できかれるので、自分やみんなの思いを天皇皇后陛下に、言うことが出来て、心がスッキリした事を鮮明に覚えている。 ホントに心が優しいと感じました」と、同じような感想をいいます。

天皇陛下は、戦後、憲法上は「象徴天皇」であるが、常に「国民と皇室のあり方を思慮し、模索し行動して来た結果」がこのような態度になって表れているのだろうと感じた
人間としての「弱者に寄せる優しい心」を強く感じさせる。
 普段のご公務もある中で、我々弱い立場になった人間にとってはとても大きな存在であると感激した人が実に多い。
イメージ 5


 天皇陛下は80歳を超えたのに、ホントに国民の被災者という弱者に寄り添う天皇皇后両陛下の姿は忘れることが出来ない。

 皇室のあり方について、いろいろな事をいう方もいるようだが、
それは自分が被災者になって、物心両方で、一気に非常に貧乏になり、「不安な気持ちになって」初めてわかる。そのことを良く理解されているとかんじた。

天皇皇后両陛下の「人をいたわり、励ます」姿にこそ、大きな力になったと、震災から7年目にして強く思うことでもある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「壊滅状態の女川町が忘れられない」両陛下、訪問を切望】
朝日新聞 2017年5月24日05時07分
http://digital.asahi.com/articles/ASK4R663NK4RUTIL017.html…
 2016年3月17日、天皇、皇后両陛下は宮城県石巻市から東に隣接する太平洋沿岸の女川町に向かった。震災での死者・行方不明者は800人超。甚大な被害が出たこの地を訪れることを、かねて切望していた。
 案内役を務めた女川町の須田善明町長(44)は、両陛下は震災直後の11年4月27日、自衛隊のヘリで上空から視察した際、女川の惨状を目の当たりにし、早い時期の訪問を考えていたと聞いた。宮内庁関係者は「両陛下は壊滅状態にあった町の様子が忘れられない、とたびたび口にされた」と明かす。
 「春風も沿ひて走らむこの朝(あした)女川(をながは)駅を始発車いでぬ」。皇后さまは15年、震災で不通になっていたJR石巻線の全線開通を歌に詠んだ。
ーー以下略ーー

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 「加計学園問題」ー 【安倍晋三首相、元文科省事務次官の加計文書に激怒! 口封じを狙って恫喝した メディアに圧力疑惑の証拠も つぎつぎ出てくる加計学園の証拠】  〜加計孝太郎氏やその姉に特区を使って、政治的圧力はあった証拠が出てく ...すべて表示すべて表示

  • 「福島原発事故から7年目」ー 【やっぱりね。「スイスで脱原発法案を可決した」 国民投票で賛成58.2%、2018年に施行へ! 原発新設を禁止】 これが、福島原発事故から学んだ、正しい選択だ。 ヨーロッパからも、かなりの報道 ...すべて表示すべて表示

  • 「共謀罪」ー 【5月23日午後の衆議院本会議で「共謀罪」(が賛成多数で可決される。数の暴挙 恐ろしい世の中に 自民信者におくる言葉】 安倍政権の国連批判、遂に海外メディアのロイターなど世界メディアが報道。 国連特別調査官「日本政 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事