山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

全体表示

[ リスト ]

植草一秀の『知られざる真実』〜同感する・・。

【source】 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-ec7a.html

民主党代表選は主権者国民と悪徳ペンタゴンの闘いになる。昨年8月30日の総選挙で主権者国民は主権者国民政権の樹立を希求して民主党を大勝させた。主権者国民が大勝させた民主党は、「国民の生活が第一」を掲げた鳩山−小沢体制の民主党だった。

政権交代によって実現すべきことは、米官業が支配する日本政治構造の刷新だった。
①対米隷属からの脱却
②官僚利権の根絶
③大企業と政治権力の癒着排除
の三つが最重要課題である。

④取り調べ過程の全面可視化
⑤市場原理主義から共生主義への転換
も重要課題である。

鳩山政権は普天間基地の県外、国外移設を模索したが、岡田克也氏、前原誠司氏、北澤俊美氏の関係主要閣僚が対米隷属の行動を強め、辺野古移設の流れを作られてしまい、辺野古移設案を決定してしまった。この決定の責任を負う形で鳩山政権は総辞職した。

この機に乗じて民主党を乗っ取ったのが民主党内の対米隷属悪徳8人衆であった。菅政権は反小沢政権を樹立すると同時に、国民主権政権を根本から変質させ、政権の基本性格を国民主権政権から悪徳ペンタゴン政権に変えてしまった。

菅政権が示していた方向は、
①対米隷属外交
②官僚利権の温存
③大資本との癒着継続
④取り調べ過程の全面可視化撤回
⑤市場原理主義・財政再建原理主義の経済政策
だった。

7月11日の参院選に向けて消費税大増税を公約として掲げ、参院選に大敗した。消
費税大増税公約は民主党内の民主的な意思決定手続きを経ないで菅首相が独断で打ち出したものであった。

菅首相は参院選に際して、参院選が菅政権に対する信任投票になるとの見解を明示した。国民の民意を受けずに首相に就任したことについての批判への回答だった。その参院選で民主党は大敗した。国民は菅政権に不信任を突き付けたのである。
 
 したがって、
菅首相は自分自身の言葉の責任から参院選後に辞任しなければならなかった。それにもかかわらず、菅首相は総理の椅子にしがみついた。そのうえで、民主党を二分し、小沢氏グループを排除する姿勢を維持し続けた。

菅氏の行動は私的な利害得失だけを考えたもので、そこには、公益、国民の利益を考える姿勢、国民の意思を尊重する姿勢は消失していた。


先の大戦では大本営が発表した虚偽の情報が、国を誤った方向に誘導することに大きな働きを示した。マスメディアの悪質化は目を覆うばかりであり、マスゴミが発する情報は信用できない。
 
 主権者国民は、マスゴミが発する情報が大本営情報と同レベルとの基本認識が必要である。マスゴミがある特定の方向に論議を誘導しようとする場合、示される情報は虚偽であると判断することが適切であろう。
 
 世論調査などでは、質問の言い回しひとつで、回答を特定の方向に誘導することが極めて容易である。マスゴミが実施する世論調査には、この手の「工作」がてんこ盛りにされていると思われる。
 
 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題をマスゴミが針小棒大に報道してきた。
 
 しかし、
「小沢一郎氏周辺の刑事問題に関する五つの真実」
に記述したように、小沢氏に関する「政治とカネ」問題は、取るに足らない瑣末のことがらであり、むしろ、この問題をことさらに拡大させようとしている側に謀略めいた匂いが漂っている。
 
 この点を改めて列記しておく。
 
三三事変一一五事変四二七事変で問題とされたことがらは、すべて、瑣末な事項である。
 
 三三事変では、大久保秘書の収支報告書の記載は法律的にまったく問題のないものであったとの立証が成立しており、検察敗北が動かし難い状況にある。
 
 
一一五事変四二七事変については、2004年10月に小沢氏の資金管理団体が不動産を購入した件について、
①収支報告書での記載が2005年になったこと、
②一時的な資金繰りをした資金の出入りが記載されなかったこと、
の2点が問題にされているが、不動産登記の2ヵ月程度のずれは普通に見られることであり、資金繰りの不記載はこれまでの運用で一般的に認められてきたことであった。
 
②検察審査会が起訴相当や不起訴不当の議決を示したために、過剰報道が展開されているが、検察審査会に重大な構造的問題があることがまったく報道されていない。
 
 検察審査会では、審査補助員の弁護士、事務局が提供する各種情報が決定的な影響を与えると見られるが、どのように審査補助員が選定されるかが不透明である。

 小沢氏に起訴相当の決議を示した東京第5検察審査会では、元検事で麻生総合法律事務所に所属する米澤敏雄氏が審査補助員を担当したが、中立公正の補助をしたのかどうか、疑念が持たれている。
 
 つまり、検察審査会の決議を検察当局が恣意的に誘導する可能性が排除されていないのだ。このことが適正に報道されていない。
 
③検察審査会委員選定に際して、無作為抽出された市民に対して面接が実施されて委員が選定されると伝えられている。この方式では、委員選定に際して当局が恣意を介在させることが可能になる。
 
④東京第5検察審査会に審査申し立てを行った人物が、「在日特権を許さない市民の会」(「在特会」)代表の桜井誠(ニックネーム)氏であるとされている問題だ。
 
 検察審査会法第22項、30条は、「審査申立は、告訴者、告発者、事件についての請求をした者、犯罪被害者(被害者が死亡した場合においては、その配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹)が出来る」と定めており、今回の審査申し立て人が、
この要件を満たしているのかどうかに疑念が提起されている。
 
 政治家の刑事案件については、一般国民が広い意味で被害者の意味合いを持つとの拡大解釈が用いられると、政治家の刑事事案のすべてについて、一般国民がいくらでも審査を申し立てられることになる。この運用を当局は認めているのか。
 
⑤検察審査会に審査を申し立てたのが「在特会」代表桜井誠(ニックネーム)氏だと伝えられているが、メディアは検察審査会決議をトップニュースとして報道しているのであるから、真偽を確かめたうえで、「在特会」の属性、申し立てを行った動機などを公正に伝える責務を負っている。
 
 「在特会」幹部4名が8月10日に、京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺で拡声器を使い授業を妨害したなどの
威力業務妨害容疑京都府警に逮捕されたことも、事実に即して正しく報道される必要がある。
 

こうしたすべての事実から俯瞰されることは、マスゴミによる小沢一郎氏に対する執拗な攻撃が、特定の政治目的による一種の謀略である可能性が高いことだ。
 
 こうした判断を踏まえれば、マスゴミの攻撃に正面から対峙して9月14日の民主党代表選に立ち向かうことが極めて重要である。
 
 先の大戦でも、虚偽の情報を流布して戦争に加担したメディアに正面から対峙した言論人の主張が結果的に見て正しかった。現状もこれに類似している。
 
 小沢一郎氏が代表選に出馬して首相に就任する場合、極端に言えば、マスゴミ発表の世論調査での支持率がゼロでもまったく問題はない。
 
 主権者の審判は選挙で受ければよい。マスゴミのうさんくさい世論調査を無視する啓蒙活動を展開するべきだ。この場合、小沢首相は早期に衆議院を解散して民意を問うだろう。これが正道である。


閉じる コメント(4)

顔アイコン

マスコミの世論調査なんて信用できません。質問の仕方で自分たちの都合の良いほうへ誘導できます。検察審査会も無実を無理に有罪にしようとしているとしか思えません。審査会の内容がまったく公開されないのはおかしいのです。 こんな検察審査気に人の罪を審査するのは絶対に反対です! 小沢一郎氏が首相に就任して衆議院を解散して信を問えばいいのです。ついでに菅直人一派を民主党から追放すればすっきりするのですが。

2010/9/3(金) 午前 9:32 [ ゆく川の流れは ] 返信する

顔アイコン

ジュンさん。まったくマスコミの偏った報道を見れば・・・。昔の大本営発表と同じで、国民の思想誘導をしてるとしか思えません。
そうです。世論調査なんて全く当てになりませんからねー。検察審査会についても、審査補助員の弁護士、事務局が提供する各種情報が決定的な影響を与えると見られるが、どのように審査補助員が選定されるかが不透明です。
そうです。「無実を無理に有罪にしようとしているとしか思えない」のです。
よくわからない、検察審査会。これも、しっかりどのようなものなのか、透明性を確保してマスコミも報道すべきです。まったく、国民にはわからないですから・・。
僕は、小沢一郎氏が代表選に出馬して首相に就任する場合、極端に言えば、マスゴミ発表の世論調査での支持率がゼロでもまったく問題はない。と思っています。
主権者の審判は選挙で受ければよい。マスゴミのうさんくさい世論調査を無視する啓蒙活動を展開するべきです。この場合、小沢首相は早期に衆議院を解散して民意を問うでしょう。これが正道であると思うのです・。

2010/9/3(金) 午後 1:05 みさご丸 返信する

顔アイコン

あんた麻生政権の時にマスコミが垂れ流す麻生バッシングに付和雷同していたじゃないか。
特に麻生太郎の「稼ぎが悪い男は結婚しない方がいい」という発言をマスコミがつく言葉尻だけ捉えて雷同して強く批判していたくせに。
そう言われた帝京大学生が麻生さんの言うことはもっともだと言っていたのも全くフォローしなかったくせに。
小沢にだけは甘いんだな、岩手県民だからとしか思えない。

自民党が国を借金漬けにしたとかブログでわざわざ訴えていたくせに。
小沢は総理になったらばら撒き政策をすると言っているが、借金を増やすことに対しては小沢さんがすることだからとまったく気にしていないらしい。

あんたは民主党支持者でもなんでもない、単なる小沢支持者なだけだ、それを自覚した方がいい。
既に自覚しているかもしれないが。 削除

2010/9/3(金) 午後 11:53 [ 真実 ] 返信する

顔アイコン

真実 さん。そんな狭い考えはやめた方がいいですよ・・。
僕は、ここしか、君に反論する機会はありません。
君自体が、なんでログインもしないで書く。ホントに君は卑怯です。
岩手県人が、地元の政治家が。総理になろうとしてるときに応援するのは、当たり前のことですよ。
しかし、どの議員もよく見てください。みんな小粒ではないですか・・。何にもやれそうにない小粒の政治家・・。
しかし、小沢氏は長い経験も積んで、自民党の議員にも影響力のある議員です。
僕が、彼を尊敬してるのは「理念が全くぶれていないから」です。
「あんたは民主党支持者でもなんでもない、単なる小沢支持者なだけだ、それを自覚した方がいい。」あまりにもそれは幼稚で危険な思想です。
仮にそうだとしても。そこのどこがいけないのか・・。

また、君の反論を期待しているよ。

2010/9/4(土) 午前 6:49 みさご丸 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事