ここから本文です
山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ
東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

書庫全体表示

東日本大震災は明日11日、発生から半年を迎える。    イメージ 1

警察庁のまとめで死者・行方不明者は計1万9902人に上り、8月25日現在で8万2945人が公営住宅や避難所、知人宅などで避難生活を送る

イメージ 2

毎日新聞のまとめでは岩手、宮城、福島3県沿岸部などの42市町村で、震災前より人口が計約3万5000人も減り、各自治体は流出を防ぐ手立てに苦慮しているようだ、まあ当然のことだろう。






イメージ 3                                                                                                                                        東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の42市町村長に毎日新聞
がアンケートしたところ、有効な津波被害対策とされる高台や内陸への集団移転を「積極的に進める」と答えたのは3割にとどまっている。

「元の土地に戻りたい」という住民も多いほか、国の具体的な支援が示されないことが大きな原因であろう。

復興の最大の課題は6割が「財源」を挙げ、財政悪化を懸念する声が強い。
震災から半年を迎えるが、復興計画を策定できたのは4市町にとどまっている。
これも、国の基本計画や財源交付の遅れによるのはあきらかだ。

まあ、当然のことだ。この半年の間に、国の具体的な支援が示されないことが一番おおきなことだ。
今日は、無駄な愚痴はやめるが、新政権はここにこそ、原因があることを肝に銘じて具体策にスピード感覚を持って対処しないと、本当に取り返しのつかないことになる。もうなっているが・。
日本全体の経済や被災地でない地域にも大きな影響をあたえるからだ。

ふんどしを締めなおして、即、動いてほしい。特に、福島原発の問題は、早期に解決策を示さないと、被災地全体の風評被害もあり、ますます被災地全体の復興は遅れるのは必至だ。

------------------------

国も財源の確保は難しい面も承知している。

しかし、このような災害緊急時には、物事はタイムリーでないと意味がないことも理解してほしい。
ここまで、遅れてはせっかくの予算も「費用対効果」っていう側面から見ると、決して有効なものとはなってこない。

自分の住んでる田野畑村は、元々「寒村」と言われて来た小さい村である。
元々自主財源が乏しく、高齢化が進んでいるのである。
ここで、3.11の大きな被害で、基幹産業だった漁業を廃業する人も多くいるし、その税収は、当面数年は期待できないだろう。
小さな自治体は、また取り残されるのか・・?ふと、不安がよぎる・。
すると、ますます、若い人の転出組は増えると予想される。
この、悪循環に陥ることは避けられない状況になるような気がするのである。
イメージ 4
イメージ 5
住む場所などの住宅も、高齢者の年金暮らしでは金融機関もお金は貸さない。
すると、どうやって仮設からでられるのだろうか・・?

そうしてるうちに、3年、5年と年は経過していく・・。
まさに、村全体が「限界集落化」するのは目に見えている。


今の現状を考え、自分の本音を言うと、「この村に将来はない」と感じる。

夢も希望もない地域となっているからだ。みんなが、3.11で決定的に人間の意欲というものを失ったように思う。

これは、これまで築いてきた財産を失ったことよりも、ある意味、人生においては大きな損失だと思うからだ。
簡単に言うと、「残された、大事な時間を失った」という感じがしてならない。

復興するパワーが住民にどれだけあるのだろうか・・・?自分も若くはない。人みな、年老いて行く運命にある。
そんな中で、どうして夢や希望が持てるのだろうか・・?

しかし、僕は「故郷である田野畑村で、漁師の復活を誓った」・・。
職業も含めて、故郷から逃げ出したくなかったから、熟慮の上にそういう判断をしたのだ。
イメージ 6イメージ 7
もう、引き返すことはできない。何かに、頼るしかない。
自分の座右の銘である、あのサミュエル・ウエルマンの「青春」いう詩を何度も、何度も読み返した。
自問自答した。そこで、行きついた結論は・・。

「チャレンジの向こうにしか、happyはないのだ」ということだったのである。遡れば、それは、5月末頃だったように思う。



やはり、人は前向きに生きようとすることはとても大切だ。
そこらから、動いているうちに、少しではあるが、光が見えたような気がする・。ようやく、心の底から今、そう思えるようになった。


しかしながら、現実を考えると、被災した寒村の地で生きて行くことは、非常に辛いものがある。
皆が、希望も夢も楽しみも・・・。ない。それこそ、ナイナイづくしだらけなのだから・・。
それに、染まりたくもないし、逆に反骨したくなる自分が今はここにいる。


3.11を前にして・・・・。
自分の今の心中を示しておくべきだと思い、まとまりのないことを書いてしまった。書かなくていいことまで・・。

すこし、反省だかなあ・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

漁師きんちゃんのWEB
「田野畑 漁師の直売所」
が公開されました。
イメージ 1

                     ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ぜひ、ポッチお願いします。


また、拡散。シャアお願いいたします。】


イメージ 6イメージ 7


掲載していただいております。みなさん応援してください。

イメージ 4





ZaitusLand(ザイタスランド)



「ザイタスランド」は東日本大震災で被災した事業者の復興を応援する

”予約購入型復興支援サービス”です。


「俺と相棒犬タロウ♪の夢」


津波に奪われたささやかな夢をもう一度。生涯現役漁師でいたい。


イメージ 6












ザイタスランドで購入いただいたサポーターのみなさまには、
ご希望に応じ、『サポーター証書』を郵送にてお送りしています!




この記事に

  • 顔アイコン

    きんちゃん、おはようございます。きんちゃんの少しでも前に進むんだという精神にはいつも私のほうが励まされている次第でコメントするのが恥ずかしくなってきます。私はきんちゃんの記事を読ませていただいて確信しました。きんちゃんの付けた足跡には必ず後進の道しるべになっているはずだと確信しました。「チャレンジの向こう側にしかハッピーはない」その通りだと思います。皮肉なことに3.11は思いっきりハッピーを遠ざけてしまいましたがそれでも前進するしかないし、必ず神がかり的な奇跡も後押ししてくれるに違いありません!本当にお辛い気持ちはお察しします。どうか目の前の幸せを目にしながら前進する気持ちだけは失わないでくださいね!私も必ずお力になります!!

    [ - ]

    2011/9/10(土) 午前 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させてください。

    p_s*31*

    2011/9/10(土) 午前 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ご無沙汰してます。
    転載させていただきます。

    [ kazusa ]

    2011/9/10(土) 午前 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます
    もう半年ですね〜
    なんいか下からの「生きる」力は感じても国の声が全然聞こえてこないのがむなしいですね
    こんなに、きんちゃんががんばっているのに・・・
    どんどん何でもはきだしてね♪

    ladybird♪

    2011/9/10(土) 午前 10:01

    返信する
  • 顔アイコン

    人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
    歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。
    悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、


    きんちゃんが繰り返し、読んでいる訳が分る気がします。頑張って下さい…。
    ポチと転載です。!!(*゜Д゜) ☞凸

    あめかる

    2011/9/10(土) 午後 2:48

    返信する
  • 顔アイコン

    今回は此の詩を、ツイッター、FBでも拡散しました…。

    あめかる

    2011/9/10(土) 午後 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    この詩、本当に感動しました
    自分のブログでも紹介させていただきました!!

    [ ブンタ ]

    2011/9/10(土) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい詩を紹介してくださってありがとうございます。

    極限に近い状態の中で、みさご丸さんの精神的な強さをみて、いつも私が、勇気づけられています。
    張り詰めた糸が切れないように、どこかで愚痴を吐いてください!!

    [ yu_rwing ]

    2011/9/11(日) 午前 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    きんちゃん、おはようございます。
    あの日から6か月経ったのですね。

    青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。

    難しいでしょうかず、そういう気持ちを私ももちつづけたいと思います。
    転載させて頂きますのでよろしくお願いします。

    [ mushin1967 ]

    2011/9/11(日) 午前 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    深ーいお話。人生の岐路に立ったとき、どう選択するのか、考えますよね。

    [ - ]

    2011/9/11(日) 午後 11:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事