山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

全体表示

[ リスト ]

東日本大震災の被災者が語る現状の声

この前、釜石市に行ってきました。
その帰りに、2つの仮設住宅で
「飛び込み聞き取り取材」をしてきました。
「僕も田野畑村の被災者です。」というと、安心して本音を話してくれたようにおもいました。

やはり、同じような、悩みがありましたね。
要約するとこのような、生の声が聴かれました。
やはり、どこも同じなんだと感じましたねーー。


クリックすると新しいウィンドウで開きます




被災地に住む人の声ーその1
 (2012.9.26)

皆、一生懸命にやってはいるが、支援を受けても失った船を取り戻せず、やる気を無くした人も多い。やれることをやるしかないのだが、個人では限界があり、難しい。

地域の生活環境が良くならないと、いつまでも不安は消えない。

息子と嫁がパートに出ていますが、毎月赤字。貯金を取り崩して生活しているので、外食する余裕なんてない。

仕事の休憩中に被災し、あのときから時間が止まったままだ。

家は津波で流されて戻る場所はなく、年齢的に就職は厳しいし家は建てられない。

・年金生活。例え、復興住宅団地ができてもそこに入居して、生活するのは経済的に無理。

・船も漁具ない。漁師復活は諦めるしかないと覚悟。しかし、ほかの仕事はない。

・不安と焦りの気持ちが消える事はない。生きていけるか・・。死にたい気分にしょっちゅうなってしまう。

・持病を持っているが、診療施設がなくて困っている。また、遠方の病院に行くには、お金が交通費で無くなるために行けない。

・漁師の妻だが、夫が廃業。どんな仕事でもするが、年齢的に仕事をなかなかみつけられない職場がない。

・仮設住宅で4人住むのは、狭ませい。職場もないし、高台移転まではいられないので、内陸に引っ越すつもり。

・貯金を取り崩しての生活。もうここでは生きていけない。限界だ、北上市に転出するつもり。

失業手当てが終わった。その前から求職して、6回面接したが全て不採用。もう、仮設から通える職場はない。

・借金を抱えて、漁師復活したはいいが、まるで不漁。放射能の風評被害でまるで魚が安い。海や魚の汚染がずっと不安だ。

・収入が全くなくなってしまった。でも、生活保護は受けたくない故郷から離れるしかもうないと思っている。

・こんな大きな災害なのに、国は何もしてくれない。被災者の生活の支援を早くやってほしい。

・漁師復活しようかと迷って、決断したが、船や漁具、倉庫などいまさら、「年齢的に借金は出来ないと言われて」断念した。でも、何をやって生きていけばいいのかわからない。

・主人を亡くして・・。不安な日々で眠れない時が増えて来た。

・妻、子供を亡くして、とても寂しい時がある。生きる気力もなくなって行くのが自分で分かる。

・切り詰めた生活も限界だ。生きるためには、どこかに引っ越すしかないと思っている。

・今年のこんな不漁は、初めてだ・・。漁師として生きていけるのだろうか・・?不安だらけの生活だ。

・国や行政は、何をしてるのか・・?頼りたくもないが、個人では出来ない事がおおすぎる・・。生活の面でもう少し、支援してもらわないと、生きていけない。

・とにかく、仮設住宅では、死にたくない。

・仮設から、病院も遠いので交通費で無くなるお金。年寄りにとっては、厳しい。年金だけが頼りだが、足りない。

・一体、国は何をやってるのか・・?全く支援されている実感がない。

・店を建てたいが、どこに建てたらいいのかさえわからないまま、今に至っている。

・とにかく、職場がなくて無収入が1年半以上続いてる。預金も底をついた。どこかに転居するしかないと切羽詰まっている。

やはり、話を聴いて、感じたのは自分を含めて、「不安、焦り、いら立ち」のようなものが、充満しています。
国や行政など、もう「当てに出来ない」という声が多かったです。また、それとは裏腹に、「何とかして欲しい」という声も多くあります。

三陸の人は、「我慢強い」とよく言われますが・・・。同じ生身の人間です。
僕が思うに、生活に、もう限界に来てる感じを強く思いました。

漁師として共感する話もあり、少し自分も救われた気分になりました。
復興が遅れ、時間が経過していくとやはり、転出する人はどんどん増えて行くと思いました。
職もなく、やることもなく、狭い仮設住宅での生活は「不安と焦り」以外のなにものでもないのです。


また、時間があれば行って、「被災者の
現状の声聴いて来ることにしました。皆さんからは、快諾していただきました。

「被災者が語る現状の声」これが、どんなニュースよりも、大事なことです。そう思って帰ってきました。

全国の皆さん。断片的ではありますが、これが、今の被災者の声です。


この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

おはようございます。

転載させていただきます。

2012/10/3(水) 午前 7:02 p_s*31* 返信する

顔アイコン

お早うございます。この記事転載させて頂きます。本当に心が痛みます。私たち年金者組合も被災地復興支援を続けていますが個人支援ではげんかいがあります。どうしても国が責任をもって復興支援に取組むことを痛感しています。

2012/10/3(水) 午前 7:03 [ かまちゃん ] 返信する

顔アイコン

私も お話を伺ったとき同じようなお話でした。命は助かったけどね… どうやって生きていこうかと苦悩の日々。
支援活動を積極的に行っているのも個人や団体。そういう人達を支えるのも個人からの寄付が殆ど…
でも、それには限界があると思います。
政治家さんたちに もっと現地の生の声を聞いてほしい。現状を知らなくては対策もできないのだから… そして、もっと積極的に復興の支援に国が取り組んでほしいと切望しています。 削除

2012/10/3(水) 午前 7:51 [ イルカ ] 返信する

きんちゃん、おはようございます!

やはり、生も声はマスコミ報道からは聞こえてきませんね。

TB試みました。


ぽち!

2012/10/3(水) 午前 8:14 Items 返信する

顔アイコン

経済的にも、精神的にも、限界がきているのではないかと、危機感を覚えました。

2012/10/3(水) 午前 9:18 [ tetsumama ] 返信する

顔アイコン

着実に前進はしているとは思いますが現実は厳しく
実際被災にあわれた方々の状況は前進しているのだろうか?

思わずそう感じてしまいました
国のますますな支援が必要なのに時の流れとともに
薄れてきているような気がして・・・

時と共にスピードあげなければいけないと思います
人の心の傷がどんどん広がってしまう前に治さなければ
手遅れになってしまいます・・・

もどかしいです

2012/10/3(水) 午後 1:00 Princess 返信する

顔アイコン

やはり、話を聴いて、感じたのは自分を含めて、「不安、焦り、いら立ち」のようなものが、充満しています。
国や行政など、もう「当てに出来ない」という声が多かったです。また、それとは裏腹に、「何とかして欲しい」という声も多くあります。やはり経済的に時間が経過して苦しくなっていますね。
産業の復興は遅れています。これでは、人口は減る一方です。
残るのは、高齢者などの弱者ばかり・・。
地域に活力がなくなると感じます。国や行政の手続きの遅れが、被災地に深刻な陰を落としていますね。

2012/10/3(水) 午後 5:21 みさご丸 返信する

顔アイコン

とても貴重なレポートです。読んでいて胸が張り裂けそうです。

どうか今後とも可能な限り続けてください。

2012/10/3(水) 午後 9:04 [ 鈍歩のばぶ ] 返信する

はじめまして。マードレさんのところから来ました。

生々しい本音ですね、涙が出ました
行政の動きが遅すぎます。

お気に入り登録させていただきます、よろしくです。

2012/10/3(水) 午後 10:04 [ 鶴姫 ] 返信する

顔アイコン

ぜひ転載させていただきます。

2012/10/7(日) 午後 11:41 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

おはようございます、みさご丸さん。

moriizumi araoさんの転載記事より伺いました。

被災地の現実を教え頂き、ありがとうございます。

この記事、転載させて頂きます。

Ps.
昨日、書いた記事です。
震災とは関係無い記事ですが・・・、良かったら御覧下さい。

三橋貴明さん 講演会(2011.01.23) マスゴミの嘘
http://blogs.yahoo.co.jp/tadashi_y77/30603007.html

2012/10/8(月) 午前 8:22 [ ただし ] 返信する

顔アイコン

この、記事が色々なところで、紹介されています。
例えば、立派なカラー印刷されたものにのなっています。
http://fukkoubon.com/fukkousa/%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%81%AE%E6%BC%81%E5%B8%AB%EF%BC%9A%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E5%85%AC%E5%93%89%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%88%E3%82%8A/

良かったら、ご覧ください。

2012/11/21(水) 午前 4:38 みさご丸 返信する

顔アイコン

私は今、あしなが学生募金事務局の局員として活動しています。あしなが育英会は病気、災害、自死により親を失ったこどもたちの進学を叶えるために募金活動、海外遺児支援等さまざまな活動がされています。春の募金をするにあたり、通行人の方たちに訴えかける呼び掛け文を作っています。しかし、私は親を失うという喪失体験をしておらず、親を、大切な家族を失うことによって感じるこころの傷を本当の意味で感じ、共感することができません。
けれど、震災にあわれた方たちの生の声を知り、被災者のこころを知りたいと思いました。

ものすごく参考になりました。

掲載、ありがとうございました。 削除

2013/4/11(木) 午後 9:35 [ くらげ ] 返信する

顔アイコン

仮設住宅について調べ学習をしております
とても参考になりました

転載させていただきます 削除

2013/7/29(月) 午後 1:44 [ えび ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事