山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

全体表示

[ リスト ]

【「やっぱりか」米国が円安誘導を阻止する「為替条項」を要求へ!貿易協定に盛り込まれる可能性は大! これまで説明して来た「TAG」は安倍政権による捏造だったことが確定的になった】
 日米両政府は15日午後(日本時間16日午前)、新たな貿易協定交渉の初会合を米ワシントンで開くが、日米の貿易協定交渉で、ムニューシン米財務長官が日本の円安誘導を阻止する「為替条項」を日本側に求める考えを示した。
 法的拘束力の強い通商協定に為替条項を入れるのは極めて異例で、安倍政権は一連の交渉について「TAG(物品貿易協定)」とマスコミを使って、ウソ宣伝してきたものの、これが安倍政権が、またもや、「創作した捏造」だったことが確定的になった。
イメージ 1

【安倍政権はこれまで、マスコミを使ってウソを言って来たが、完全にバレた】
 
毎度のパターンであるが、「TAG(物品貿易協定)」捏造の元凶は安倍総理だったのだ。政府関係者「総理が国会で『FTAとは違う』と発言したから、”TAG”という言葉が作られたのだ。
 以前のTBSの「NEWS23」によると、日本政府の交渉関係者が「国会で総理が『FTAとは違う』と発言したから、FTAという言葉は使えない。それで”TAG”という言葉が作られた」とコメント。安倍総理の答弁との辻褄合わせをするために、日米で交わされた外交文書が”改ざん”され、「TAG」という架空の貿易協定が生み出されていたのだ。

共同通信も報じているが削除されている。
しんぶん赤旗にあった。
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-06/2018100601_01_1.html?fbclid=IwAR0nSyixsz8oAR50bh3IRWStYGNo7vZ0n4Y73Htjnhb-mVwOhPAaVN7X3xo
ーー略ーー
【紛れもないFTA交渉】
 東京大学教授・鈴木宣弘さんのコメント:
「日米共同声明にTAG(物品貿易協定)という言葉は存在しません。英文の共同声明には「物品とサービスを含むその他の重要な分野についての貿易協定」と書いてあります。物品だけの貿易協定などと言っていません。日本側が意図的にTAGと切り取っているだけで、日米はTAGなるものを合意していません。
 今まで日米FTA(自由貿易協定)交渉をやらないと説明してきたのに、やることにしてしまったから、日米FTAではないとうそをつくために、無理やり編み出した造語です。非常に悪質です」と述べていたように、これが下の日経新聞で明らかになった形である。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日経新聞 2019.4.14によるとーー。
【日本に為替条項要求へ 米財務長官、貿易交渉で明言 】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43724560U9A410C1000000/
イメージ 6

【ワシントン=河浪武史】ムニューシン米財務長官は13日、日米が15日から始める貿易協定交渉で「為替も議題となり、協定には通貨切り下げを自制する為替条項を含めることになる」と述べた。法的拘束力のある通商協定に為替条項が盛り込まれれば、日本側の円売り介入などが制限される可能性がある。日本は為替条項の導入に反対しており、日米協議の大きな争点となる。
ーー中略ーー
法的拘束力の強い通商協定の本文に為替問題を巡る条項を入れこむのは極めて異例だ。ムニューシン氏は条項の内容として「為替政策の透明化と、競争的な通貨切り下げの自制」を挙げた。日米は円ドル相場を巡ってさや当てを繰り返してきたが、貿易協定に為替条項を盛り込めば、市場は米国がドル高是正で貿易赤字の解消を目指すと解釈する可能性もある。
ーー中略ーー
日本は自動車や農産品などモノに限った物品貿易協定(TAG)を求めているが、米国はサービスも含めた包括的な自由貿易協定(FTA)を想定しており、まず交渉範囲を取り決める必要がある。ムニューシン氏は締結期限など交渉の先行きについて「現時点で固まっているわけではない」と述べるにとどめだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Twitterの反応ーー。
●毎日新聞@mainichi
米財務長官は、日本に対し「為替条項」の導入を求める方針を改めて示しました。https://mainichi.jp/articles/20190415/k00/00m/020/055000c …
●KK@Trapelus
きょうから「日米貿易交渉」【米財務長官「為替条項」に強い意欲】外圧で「異次元金融緩和」強制終了 政府も日銀も打つ手なし 米国に急ブレーキをかけられ、6年以上走り続けた「暴走バス」が崖の下へ・・・。いよいよその時が近づいてきた(日刊ゲンダイ) pic.twitter.com/BPV5ZAHJIR


●やのっち(。・ɜ・)d@_yanocchi0519
ムニューシン米財務長官は、日本が輸出で有利になるように意図的に為替相場を安くして円安に誘導するのを防ぐ為替条項を協定に盛り込むことに意欲を示す❗️https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190414/k10011883531000.html?utm_int=movie-new_contents_list-items_003&movie=true
日本は為替操作国認定のお知らせ!アベクロノミクスは完全終了のお知らせ!今後、1ドル50円に向かう!?
●無職労オジサン@649rouojisan
「TAG]は一体どこへ行ってしまったのかい????
やはり安倍晋三は嘘つき総理!!!
イメージ 7

ーー以下略ーー
【実際のところは、あらゆる物やサービスなどが対象になる、れっきとした「FTA」である】
 いまだにマスコミ間では「TAG」なんていう言葉が散見されるGA、実際のところは「TAG」というのは、不安に感じている日本国民を騙すために安倍総理やその取り巻きが考え出した「ウソの貿易協定」ということだ。
  戦後史上かつてなかったまでの「隷米政権」である安倍政権である以上、この先とんでもない「売国協定」が結ばれてしまう恐れがある。
毎度、毎度のマスコミを使って国民を騙したり洗脳することを繰り返している安倍政権のやり口は本当に汚い。
 米国による為替条項の要求が完全に通ってしまうと、今後、急激な円高に伴う株価の下落やさらなる景気の後退が心配される。
「TAG」なんていう国民騙しのプロパガンダを流布した安倍政権と日本マスコミの責任を追及するべきだし、この先の日本経済と、庶民の暮らしの行方が非常に不安になる。
イメージ 8
イメージ 9

 まあまあ、なんでもかんでも、国民にウソを付いてきている安倍総理ですが、自動車や農水産産品に非常に影響のあり、深刻な問題なのだ。
アメリカに「ノー」を言えない安倍総理。
こういう、その場しのぎでウソついてもバレるのだ、本当に安倍晋三はウソまみれの政権である。
嘆かわしい限りである。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

転載させて下さい。
兵器の爆買の次は為替でやられますか。
アメリカの言いなりですね。
これから仕事に行ってきます。

2019/4/16(火) 午前 8:30 [ doi3751 ] 返信する

顔アイコン

転載させてくださいね。

2019/4/16(火) 午前 9:32 [ あさり ] 返信する

顔アイコン

> doi3751さん
まさにアメリカいいなり。「日米同盟」ばかりきにしていますが、経済分野では、民間の競争なのでそこまで忖度する必要などないはずです。
米国による為替条項の要求が完全に通ってしまうと、今後、急激な円高に伴う株価の下落やさらなる景気の後退が心配される。
「TAG」なんていう国民騙しのプロパガンダを流布した安倍政権と日本マスコミの責任を追及するべきだし、この先の日本経済と、庶民の暮らしの行方が非常に不安になるのです。
転載拡散ありがとうございます。
お仕事ご苦労様です。

2019/4/19(金) 午後 3:43 みさご丸 返信する

顔アイコン

> あさりさん
まさにアメリカいいなり。「日米同盟」ばかりきにしていますが、経済分野では、民間の競争なのでそこまで忖度する必要などないはずです。
米国による為替条項の要求が完全に通ってしまうと、今後、急激な円高に伴う株価の下落やさらなる景気の後退が心配される。
「TAG」なんていう国民騙しのプロパガンダを流布した安倍政権と日本マスコミの責任を追及するべきだし、この先の日本経済と、庶民の暮らしの行方が非常に不安になるのです。
転載拡散ありがとうございます。

2019/4/19(金) 午後 3:43 みさご丸 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事