ここから本文です
山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ
東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

書庫被災地漁師の声〜東日本大震災津波

記事検索
検索

全143ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【東日本大震災で以降の大不漁で始めた昆布販売です。これまでの、感謝を込めて20%OFFで!】
〜これまでの感謝の気持ち。お鍋の季節の 冬場限定販売です

「すき昆布」、「黒昆布」を

500円⇨400円で、感謝の気持ちも兼ねて、ご恩返し販売いたします。

自動代替テキストはありません。


公式HP :「田野畑漁師の直販所」
http://tanohata.e-senju.biz/
記入フォームにしたがって、ご記入ください。
イメージ 1


Facebook:「北三陸漁師の直販「昆布」
https://www.facebook.com/kin3200/
メッセージ欄か、またはメールで、
kin322000@yahoo.co.jp
から(昆布の希望個数、住所、氏名、電話番号を明記)受け付けます。
イメージ 2


東日本大震災で全ての財産を流失」ー
【何とか漁師復活しましたが、震災の影響や温暖化でずっと大不漁が連続しています。このため、始めた昆布販売です】
この昆布乾物屋は2014年5月から始めました〜
 自分は311東日本大震災の津波で、友人、親戚を12人もなくしました。家族は震災後父がショックでなくなりました。
 そして何もかもなくしました。 私の自宅は大規模半壊、船3隻、水産倉庫2棟、冷凍庫1棟、漁具資材、操業機械類などコツコツと稼ぎ出したモノを全て流失し、まる裸になりましたが、 中古船でなんとか再建漁師に復活しました。 
イメージ 4

 
イメージ 3

 しかし、想像もしていなかった震災以降の、海底地盤沈下、これと膨大な瓦礫が海底にあり、ずっと大不漁が続いてもう6年8ヶ月。 震災の翌年、船と漁具で以前の負債を含めて多重債務の返済が厳しい現実です。何せ、震災前の20%程度しか揚がらないのです。まるで、海に魚がいないのです。
 震災以降、特に岩手沖です。ずっと不漁が続いていて、このままでは漁師としての「なりわい」がなりたちません。自殺者や逃亡者までいる深刻な状態です。今も不漁は史上最低を更新しています。
そこで、もう限界と感じ、生きて行くために、2014年5月から始めた昆布販売なんです。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

これからお鍋の季節です。この機会をどうぞご利用ください。
冬場限定です。
どうぞよろしくおねがいします。

この記事に

「東日本大震災月命日」ー
【311東日本大震災から今日で6年7ヶ月の月命日となる。東北は東京五輪で工事できない。被災者の所得も増えない現実】

被災地に来てみて欲しいです。まあ、できたらですが・。
ホントに復興完遂などという言葉とは程遠いのです。
被災者はいまだに仮設住宅やみなし仮設で暮らしてる人が被災3県で7万1千人もいます。
これも、憲法 第25条の「生存権」に抵触したまま放置してる憲法違反ではないか。と思ってしまいます。
イメージ 2

【本当の復興とは、被災者が震災前に近い「所得」がえられなければ、復興とは言えない】
 私は漁師なので、この前の「浜の一揆裁判裁判」でも強く感じたのは、震災以降の海に変化による大不漁です。
やはり、稼げないのが大きな悩みの種なのです。
でも、この不漁は漁師としての「なりわい」が成立しないほどの不漁であることです。

 そして、皆がお金の面で、「焦りと不安」がどんどん大きくなってることです。ここまで、何とか負債を抱えてやってきました。
 漁師が不漁であると関連する加工業や小売業、その他、漁業関係の資材、機械などなどにも影響がいきます。被災地全体に不景気な風が吹いているのです。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

イメージ 3

イメージ 4

▼サンマ大不漁で、倒産した岩手缶詰宮古工場 この外まだ沢山あります
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 この不景気な風は漁師にとどまりません。街も造成していますが、震災前にやっていたお店なども、人口がバラバラになり、減少してるので、売上は震災前の半分に満たない人がほとんどなのです。
あの時の、震災直後の悲惨な光景が、草が生えたり、工事の残土などによってその爪痕がほとんど見えない状況になっています。
そして、一見、高台移転先の敷地には、新築の家や復興公営住宅が整然と並んでいます。
 あれを、見ると「見た目は復興した」と感じるでしょう。しかし、被災者にとっては、ここからが本当の復興の始まりです。
何故なら、これからこれら長い負債返済が始まるからです。

イメージ 5

だから、ある程度安定した震災前に近い「所得が必要」です。お金がないと、誰でも、不安と焦りを覚えます。
そして、年齢を増して行くとますます、不安になるはずです。
だから、本当の復興とは地域経済が震災前に近く活力が出て、個人もしれなりの所得を稼げて初めて復興したいえるのではないか? と、強く感じるのです。
【昨年、北三陸は台風10号の豪雨でダブル被災した人も多く、沿岸漁業の大不漁の連続で負債返済不可能な人が続出してる】
高台移転先の工事もまだ、未完成のところもあります。
東京五輪に建設ゼネコンが東京に移動してしまい、入札できないので、復興が進んでいないのです。
 特に、住宅再建、なりわいなど生活の基本となり生活の再建がとてもおくれています。
未だに、宮城、岩手では約1万8千人の人が仮設住宅(みなし含む)に住んでいるのです。
例えば、住宅再建率は岩手・宮城を平均してもたったの61.2%とまだ、4割の人は、住宅再建していないのが現実です。
岩手県だけでも、いまだに仮設住宅(みなしなし)住まいは約8700人もいるのです。
イメージ 6

【東日本大震災死者、不明者数】2017年08月10日現在
・亡くなられた方(直接死) 15,895人。
・行方不明の方 2,550人、避難者7万740人となっています。
ドンドン、転出者が増えて、今回選挙から、岩手では選挙区1減です。
沿岸の人口がこのように減少してるんですから、仕方がなにですが・・。
イメージ 7


【国民の関心もなくなり。311被災地への関心は今年に入って激減してる現実】

今や「東日本大震災の報道など皆無」となりました。しかし、東北限定の報道はNHKを中心になされています。
私は、「これこそ、全国放送して欲しい」といつも思うのです。
今年に入って、感じるのは「被災地視察ツアー」など激減しています。
たしかに、この6年半の間には、色々な災害がありました。
熊本県地震、その他、ゲリラ豪雨災害などなど・。

しかし、あの「東日本大震災は千年に一度の大きな災害」であり、「福島原発事故」も発生して、これの収束には40年〜50年と言われています。しかし、中間貯蔵施設まで含めたら、100年もかかるのではないでしょうか?
世界で、全く例のない事をやるのですから・・。
イメージ 8
イメージ 9

【住宅再建の先を行ったのが、漁業の船や漁具などの負債をかかえての生業復興でした。これが、震災以降の大不漁で非常に難儀しているのです】
 自殺者、行方不明者(夜逃げ)まででてる危機的現実なのです。
この先、如何にして被災地の経済活性再生をできるのか? そして、個人の生業や雇用が安定して、所得をえられるのか?にかかっていると強く感じます。 これも、やはり個人では限界があります。
これから、行政に求められるのは、こうした不安の解消。つまり、「地域経済再生復興」しかないといい切る事ができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【震災6年7カ月、現状知って 衆院選で被災地の有権者】
岩手日報 2017年10月11日
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20171011_1
【写真=候補者の第一声に耳を傾ける被災地の有権者ら。復興政策が争点から遠ざかる中、誰に1票を託すか慎重に考えている=10日、宮古市】
イメージ 1

 東日本大震災から11日で6年7カ月。10日は衆院選公示を受け、沿岸被災地でも各候補が支持を訴えた。遺族の犠牲者への思いは今も絶えず、再建を夢見ていまだに仮設住宅で暮らす被災者もいる。だが、各党の公約に占める復興政策の割合はずいぶん小さくなった。「生活再建はこれから」「被災者の声に耳を傾けて」。被災地の有権者は、震災の風化を感じさせる政治に疑問を抱きつつ、古里の復興を託す1票を慎重に考えている。 
 陸前高田市竹駒町の仮設住宅で暮らす自動車販売店経営吉田達雄さん(52)は、11月にようやく同市気仙町の高台の宅地が引き渡される。だが、建築費高騰で自宅の再建計画は進まず、店の売り上げも経済の冷え込みなどで大きく落ちた。
 金銭面の不安は募るばかりで、震災で亡くした父に「もっと相談したかった」と悔やむ。「どの政党になっても生活は変わらないと思うが、せめて貧富の差を解消する経済策を考えてほしい」と注文する。
 大槌町小鎚で子育て世代や若者を支援している一般社団法人代表理事大久保彩乃さん(27)は、震災で祖父が犠牲になった。「このタイミングで解散総選挙に踏み切る意図が分からない」と困惑しつつ、「大槌など過疎地域は保育環境が不十分だ。地方の声を国の政策に反映させる選挙戦にしてほしい」と訴える。

この記事に

「17衆議院選挙・岩手」ー
【岩手県内の小選挙区は「1票の格差」是正に伴い、4から3に削減 日本一広い選挙区は香川県+佐賀県と同じ広さだ】
 今回選挙から、岩手県内の小選挙区は「1票の格差」是正に伴い、4から3に削減された。また、国政が遠くなった感じがしてならない。復興はまだ道半ばで、今も約8千人が仮設住宅ぐらしをしているし、復興工事もなかなか進まない。
イメージ 4

イメージ 5

 イメージ 3この6年半を振り返って見て、県選出議員の現場視察訪問は見たことがない。非常に残念である。完全に、全ての前職はそういう意味では「公約違反」ではないだろうか?【進まにぬ復興。今でも約8千人が仮設暮らしをしているのに・・。選挙の争点とはなっていない】
イメージ 1

イメージ 2



2014年衆院選に比べて立候補者は6人減り、戦後の本県衆院選では最少となる
イメージ 6

 自民党前職3人、民進党前職と元職の2人、自由党前職1人、共産党新人1人の計7人が出馬を予定。社民党は戦後の旧社会党時代を通じて初めて県内選挙区の独自候補の擁立を見送る方向となった。2014年衆院選に比べて立候補者は6人減り、戦後の本県衆院選では最少となる見通しだ。
 約4年9カ月にわたる「安倍政治」の是非が最大の争点で、安倍晋三首相(自民党総裁)と新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事が対決する政権選択選挙となった。首相は北朝鮮外交やアベノミクスの実績を前面に訴える。「脱しがらみ政治」を掲げる小池氏は候補者を大量擁立して政権奪取を狙う。

【小沢氏、無所属出馬へ 共産擁立見送り 岩手3区】
 自由党の小沢一郎共同代表は3日、希望の党に合流せず、岩手3区から無所属で立候補する意向を表明した。
 小沢氏の無所属での出馬表明を受け、希望の党を軸とした結集に反発している共産党は対抗馬の擁立を見送る見通し。
 3区では、これまで県内で進められてきた民進、共産、自由、社民の野党共闘の枠組みが維持される公算が大きくなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【岩手県内3選挙区立候補予定者】
【1区】
・高橋比奈子59 元環境政務官 自前②
・階   猛50 元総務政務官 民前④
・吉田 恭子36 党県常任委員 共新 
【2区】
・鈴木 俊一64 五輪相 自前⑧
・畑  浩治54 元国土交通省職員 民元②
【3区】
・藤原  崇34 党県連副会長 自前②
・小沢 一郎75 元自治相 由前⑯
(注)敬称略。氏名の並びは衆院党派別勢力順。自は自民、民は民進、共は共産、由は自由。囲み数字は当選回数。

この記事に

「選挙公約またダマサる」ー
【自民党は本当に、消費税増税するつもりなのか?実感のない景気 中間層以下は20年で年収減少122万円 これで、消費税増税できるのか?】
ほらね。賃金が下がっているのには改めて見ると酷いなあ。
 昨日、NHKニュース7で、何故か(アベのヨイショだろうが)
選挙での、消費税増税の公約を受けての報道だろう。
「戦後1番めに長い好景気」を報道していた。
しかし…。
同じ番組NHKニュース7ではその前に【実質年収は減少なのに好景気?】ということで、以下のように報道している
●20年前に比べて中間層の年収の中央値122万円も下がった事を報道をしている。
 これで戦後1番目の長さの好景気って言われても、全くその実感を感じない人が多いのではないだろうか?
 低所得層が311被災地を含めて非常に増えてるす、全国では、間違いなく格差拡大してる。 殆どの人は「好景気」などの実感はないのではないだろうか?
 これで、アベノミクス効果で「景気回復で賃金上がってる」とか言われても、全く説得力ない。
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3


経団連の言うことを聞き入れて大企業は減税優遇し、個人には増税、社会保障費増額で格差は広がっている
 従って、財布の紐が固くなって、個人消費は全く伸びていない。
 
イメージ 6

こんな、時にホントに消費税増税して、中間層から下の人間は生活していけるのだろうか・・? また自殺者がふえるのではないか?
彼らは、庶民の暮らしなど全く理解していないから、弱者など気にしない。

イメージ 4

【アベ氏を含み自民党に多い世襲議員らの、「浮世音痴」「世間知らず」なのだ。彼らは、金など困った経験などないのだから】
 世襲議員の困るのは、「苦労」とうことを知らない。庶民の暮らしを全く知らない。
 3世、4世ともなれば「浮世音痴」「世間知らず」だ。 選挙でも、親の七光りで大した苦労もなく当選する。 
憲法上、これを規制するのはみりだろうが、何とかならないものなのだろうか?
イメージ

まるで、世襲議員は昔の「貴族」である。それが、代々つづいている 
 だから、庶民優先の視点思考がないのだ。従って、党利党略だけで、政治が進む、経済政策のアベノミクスは、経団連の言いなりになり、「大企業に大減税をやりながら庶民増税」であった。
富裕層と大企業に応分の負担をさせなけば、庶民は雑草を食べていくしかなくなるのだ。
イメージ


「革命」とか、カッコイイ名前はつけてるけど、また自民党が過半数とると・・。
「2年先の消費税増税の使いみち」などを盛んにいっているが、消費税増税の財源は「財政赤字に回さず」、選挙後は、今度は「北朝鮮危機だとか言って防衛費」に使う予定でいる」のではないか? 
また、ウソを言っている。
以前もあったが、TPPなどなど、選挙公約を平気で破るからなあ・・。
イメージ 5

【自民党は、「生産性革命」と「人づくり革命」とか言ってるが、だ。 またお約束(公約)の無視になるのは目に見える】
アベ自民党の選挙公約など信じられるか?
世論も解散総選挙に反対してるし、森・加計学園に納得していないのだ。
イメージ 7

そんな中での選挙は、「何を焦点に争うのか」見えてこない。
自民党と同じ土俵に乗っても、なんの意味もない。


無党派の有権者なら「2年先の消費税増税の使いみちが「なぜ今なのか?」と思うだろう。 「森・加計学園」を逃れる選挙で「アベ保身選挙」だ。800億円の経費がかかる。もったいない、税金である。

「国難突破解散」とか言って、一昨日、アベ氏はテレビ局をハシゴして「何故いまの解散なのか?」に答えていたが、つじつまが合わない説明
イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

イメージ 11


「国難」で北朝鮮情勢が危険な状況なら何故政治空白をつくるのか? 
そして、こんなに賃金が下がってるのに、ホントに消費税増税をして、また景気が失速して、格差がひろがらないのか? 完全に意味不明だ。
もはやアベ総理の存在そのものが国難である。

この記事に

「311私が反自民になった訳とは」ー再掲
東日本大震災から3ヶ月経過して、避難所でみんなで、国会放送を見て全員から「なんだ!自民党は!」と大声 自民は復興関係予算、法案に全て反対したから
その時の記事を再掲載します。

「被災地の生の声」非人道的な、国会議員、特に野党自民党のみなさんへ。 復興関係の予算、法案に全て反対。あなた方は何んのため政治家になったのですか・・?

  • 2011/6/10(金) 午前 6:07

    あなた方は何んのため政治家になったのですか・・?

    国民の生命と財産を守り、国民の福利に貢献するためですよね。
    非人道的な、自民党のみなさんは何故反対ばかりして・。被災地を思わないのでしょうか? 完全に「被災者を政治利用」しています。 民主党の批判ばかり。 選挙に勝って与党になりたいのでしょうね。
    その国会議論の内容は、全く被災地をみすえたものではありません。
    被災地の議論とはかけ離れた、与党民主党の小さいことの重箱の隅を啄くような議論ばかり、自民・公明党はしています。・。
    果ては、与党案を否定して、「解散」しろと自民党はそればかり。
    あんあ議論に今、なんの意味があるのでしょう。

    大きな災害で、辛く、苦しんでる国民がいるときに・・。
    ▼岩手県・田野畑村島越漁港付近 
    イメージ 16
    イメージ 17
    イメージ 19

    はずかしくないのでしょうか? ホントに呆れてしまいます。▼東日本大震災・復興予算委員会
    クリックすると新しいウィンドウで開きます
    ▼東日本大震災の復興支援の法案と予算の説明する菅直人総理大臣
    クリックすると新しいウィンドウで開きます

    【特に、野党の自民党は自分本位の行動をしてようにしか見えません? 今は、とにかく与野党結束してオールジャパンで取る組む時では?】 
     自民党には、ホントに愕然と非常に強い怒りを感じます。
    避難所でみんなで、国会放送を見ていて、被災者全員から「なんだ! 自民党は!」と大声が上がったのですよ!!
     何故、野党の自民党は民主党が提出する東日本大震災関係の補正予算や法案に反対ばかりしてるのですか?
    国家の大災害の緊急事態の時に、国会は与党も野党もないはずです。 宮城県東松島市の指定避難所を襲った津波の犠牲者(2011年3月17日)
    【青森県から千葉県までの被災地では、未だに大きな余震で恐怖を感じ、3ヶ月も避難所にいて、家族の死を悲しみ、途方に暮れている、国民がいるのですよ。】
    クリックすると新しいウィンドウで開きます 野党となった自民党は、ただただ民主党をなじり、ヤジまでとばして罵倒する姿はとても、良識ある、政治家の姿とは思えません。こんなことをやっていては、何も進みません。
     この前一般質問で「民主党には何もできない、我々自民党なら早急に現場に行き、もっと早く対策を立てられた」という政治家がいました、矛盾してることを言ってはこまります。
     ならば、「野党であろうと足を運び被災地を見たことがありますか? 国会議事堂や議員会館にいるだけではないですか? 自民党議員の姿など見たこともありません。政府の民主党議員は現地をみています。それで、復興策を提案してるのです。」それに、反対ばかりしていたら、何も進まないではないですか? 

    【復興予算特別委員会でも、民主党のやることなすことに、自民党議員が一丸となって「全て反対」 被災地に自民議員は目を向けていない】
     被災地、被災者のことはまったく考えず、「反対ありき」で国会の臨んでいる態度には、唖然とし、怒りを覚えます。 2万人以上の死者がでて、500万人以上が避難生活してる、国家の非常事態なんですよ。
    イメージ 20
    【福島第一原発では煙が出て、爆発して放射能が海から空気から拡散されているのです。今です。】
     国政の政治家は、こんな水掛け論をしてる場合ではないはずです。福島第一原発では放射能がもれ、日本だけではなく、海外にも広がっているのです。
     世界から福島にマスコミがもの凄い数で取材をして世界に報道しています。津波被災地でも海外メディアが多く来て、この惨事を世界に報道してるのです。
     原発の難しい理論はわからなくても、とりあえず福島住民を非難させる事を優先させるべきです。津波で助かったのに、これで死ぬかもしれないのです。
    ▼福島県楢葉町を視察に訪ねた菅直人総理
    クリックすると新しいウィンドウで開きます
    1000年に一度の災害なんです。
    【まるで自民党が与党なら、何でも出来るような、威張った発言をしていますが、ならば最低限、今必要とされている被災地の命を守るための行動を起こしてください。
     民主党は確かに、与党には慣れていないかもしれません。でも、この大災害でパニクっているのはむしろ野党の自民党に僕らは見えてきます。この災害で詰って、民主党の無能さを主張して国民から、自民党の信頼を回復させたいのでしょう。一般国民はどう見てるかわかりませんが、少なくても被災地では、自民党議員が悪魔や火事場の野次馬的な存在にしかみえません。
    【外の人の批判をするのは簡単です】
     野党としての被災者支援の具体策を示してから反対すべきです。現地を見てないからできないでしょうけど・。
     何も示さぬまま、ただただ反対してるだけでは無駄な時間が経過するだけです。
    自民党の議員の政治家は、民主党よりも優れているという事をしめしたいのでしょう。
     それは、「被災地を利用した政治行動です」国会をみていてもそれはミエミエなんです。
    クリックすると新しいウィンドウで開きます
    そんな場合ではないのです。被災現地は。
    【与党も野党もなく、一丸となってとりあえず、補正予算や東日本大震災の支援法案は満場一致で可決すべきです】
     被災地の避難所では、家族を複数人も亡くした悲しさにすすり泣く声が聞こえます。それは、「悲しみ」というレベルを超えていると思うのです。行方不明の遺族はこれまで、毎日、毎日、遺体安置所を訪ねて探してきたのです。
     みんなが、家も船も、何もかもなくしてしまって、明日からどうやって生きていくのか? 強い不安でいるのです。
    その不安に輪をかけてるのが、国会での野党の自民党の態度なのです。気がつかないでしょうかね。
    ホントになんのために、国会議員になったのでしょうか・・? 
    国民の不安を更に酷くするために、なったのでしょうか? 野党自民党には呆れてしまいます。

    僕は、これまで政治にはあまり関心がありませんでしたし無党派です。特に支持してる政党はありません。
    でも、この非常事態での自民党の醜態には呆れてしまい。強い、怒りを感じます。これで、僕は反自民党になるのは間違いないだろうと思います。また、
    イメージ 18
    国会を見て「なにやってるのだ? 自民党。 反対ばかりしやがって!!」と言った、避難所の被災者も同じ気持ちではないでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東日本大震災
 東日本大震災は、2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分、宮城県牡鹿半島の東南東沖130kmを震源(北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24km)とする東北地方太平洋沖地震が発生した地震です。 地震の規模は(Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震です。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7
 まず、初めの揺れが縦揺れで、ドーンとう音と共に地面かた突き上げられるよう感じで、その後、横揺れに変わり立っていられない地震でした。
 すぐに津波が来ると直感しましたね。
ここでは、28m以上の大きな波がが襲いかかり、一瞬にして1万9千人以上の方が溺死しまし、未だに行方不明の方 2,552人、避難者9万740人となっています。
岩手県沿岸には、高さ8mの津波防波堤がありましたが、なんの役にも立たす、壊れたところ沢山あります。また、鉄筋コンクリートの建物も破壊されて瓦礫と化したのですから、やはり津波の破壊力は凄まじいと感じるのが、率直な感想です。

この記事に

全143ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事