山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

東日本代震災の被災漁師が現地生の声をそのまま伝えます。復興が遅れは何故なのか、今の安倍政権ではウソばかり、ダメです。

被災漁師の日記

[ リスト | 詳細 ]

漁師の日々の出来事とか、漁に関するこをつれづれなるままに書きます。大した記事ではないのですが、感想など書いていってくださいね。
記事検索
検索

全508ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【東日本大震災以降、8年ぶりの夏。初めて船に大漁旗を立てて、地元の港祭りに参加した】
 昨日まで、岩手県・田野畑村島越港。夏祭りでした。
 船を再建して、はじめは祭り事態ができず、3年目から始まった。私も船を再建してから最初は自粛して、祭りの「しきたり:周囲に不幸があった船主の船は参加できない」があったために。
義父が亡くなり、親戚もなくなったために祭りに出られなかった。
 昨年は、不幸もなく、東日本大震災以降、8年ぶりの夏。初めて船に大漁旗を立てて、地元の港祭りに参加しました。
 今年、最高気温の33℃の中で祭りとなりました。
    ▼祭りの最後メインの曳き船。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

▼神輿も新調して、復活である。
イメージ 7

【津波で船の再建を止めた高齢者が多く、内燃機関の動力船(船外機ではなく)は、5分の1になっていた】
震災前は、港に船はギッシリだったが、震災で60歳ぐらいの人は数千万〜3億円もする内燃機関の動力船を再建した人は、「サケ不漁もあり」船の再建を諦めて、再建しない漁師が多く、今っでは港は空きが目立つ。

▼東日本大震災直後 2011年3月30日撮影
イメージ 4

▼震災前の島越港
イメージ 5

▼震災後の島越港
イメージ 6

以前の港祭りとは大きく様変わりしていた。
【不漁で海が、元のように普通の環境になることを願って弁天様に祈った】
震災以降の不漁は本当に深刻な状況になっている。
サケ、イカ、サンマ、マダラ、ミズダコ、ナメタガレイ、毛ガニ、ヒラメ、アイナメなど激減している。
何しろ、毎年「史上最低の右肩下がり」であり、皆が負債を抱えて厳しい状況にあり、基幹産業である水産業は不振で地域経済は冷え切っている。
しかし、いくらかでも「元気と希望」をと、祭りを行っているのだ。
イメージ 8


弁天様に塩とお米とお神酒をまいて、「海が普通の海になり豊かになるように!」と祈った祭りとなった。

開く コメント(1)

【震災以降のまさかの大不漁で8年連続。 三陸の基幹産業の水産業。 経済復興に深刻な陰を落としています。自然が相手でどうにもなりません。】


昨日は沖にいってきました。
波3mで、南風が強くて難儀しました。
餌をふんだんにつけて使い切り、次はもう網を陸揚げします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今季の春漁はまたも、史上最低を更新です。
サケ、イカ皆無、サンマ、マダラ、毛ガニ、ナメタガレイ(ババガレイ)ヒラメ、アイナメなどななど、沖漁はすべてダメになり、皆がミズダコ漁に参入して3年。ミズダコも乱獲なのか温暖化なのか? ホントに、海に生き物がいないです。
イメージ 8

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


イメージ 9

もう、できる漁法がありませんよ。ホントに・・。
自分の多重債務(「震災前の倉庫建造負債」+「船と漁具の再建での負債」があと3年です。
これまでは、なんとか漁でカバーしてきましたが・・。このままこの不漁が続かも?とどうしても思ってしまいますね。11月12月のアワビも激減してるので、とても不安です。

イメージ 7

被災地にとっては、とても深刻な問題です。
魚屋、水産加工業も原材料不足で倒産もまたありました。だから、不漁で安いのです。
イメージ 10

イメージ 11


この歳になって別の商売するにも、船をなんとか無くさないといけません。
イメージ 12

しかし、全国的に不漁で、漁師で買ってくれる人がいるのか? 難しい難題ですね。



開く コメント(5)

【今日は、今季第1回目のウニの口開けでした。昨年同様に、身が痩せています。】
なるべく海藻があって、浅いところを捕ると、身がありますが・・・。
イメージ 3
イメージ 4


イメージ 1

今朝は、波が高くて浅いところに入れなかったですね。
まあ、なんとかナマを見て、なんとか獲ってきました。
朝も、昼もウニ丼。やっぱりウニは美味しいです。
イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

まあ、これも漁師の特権です!!

明日は、タコ漁ですが・・。
ホテル羅賀荘の大きな風呂に入って、腰と膝をケアします。


開く コメント(6)

「漁師の日記」ー
【今年は寒くて、あの8年前の東日本大震災の年とにています。昨日、第3弾カゴ網投入作業終えました。残りは2週間後かな?】

 今朝も寒く、標高に高い山は雪。低いところはミゾレです。午前中はふりそうです。寒いです。
イメージ 1

イメージ 2

8年前の東日本大震災の年がこのように寒かった年でした。
昨日は、南風の影響でウネリがありましたが。
無事に網入れ第3弾を無事に終えることができました。 誰も、狙った場所に入れてなくて、思った通りの漁場に投入できました。
まだまだ早くて、山からしてホントは2週間は早い感じです。
はやいのですが、はその頃おこないます。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

しかし、始まるとギリギリまで寄せて入れてきますからね〜〜。
あとの漁具のあと第4弾
はどうにでもなるので、2週間後にいれます。
イメージ 7


明日から、ようやく寒気が抜けて、気温も平年に近づきそうです。

開く コメント(2)

今日から、4月で新年度の始まりです。真冬のような20センチ以上の雪景色での始まりですもっと知恵を出し実行する村の行政になるべき!!
 今朝は冷えていますし、昨日から降った雪が20センチ以上あります。最高気温も4℃まで・・。曇っています。
雪が水分を含み重たいので、樹木が弓のように垂れています。折れた樹もあるはずですね。
今年はこれまで、雪が極端に少なかったのですが、やはり、ふりましたね。そして、低気圧が大陸から3個も発生してやってきます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4


さて、昨日は、「明戸集落の総会」があり、行って来ました。あと5年もすれば限界集落の危機感を感じる】
 やはり、震災以降の若者の転出で、高齢化が一気に進んだことを痛感。役員をやる人が同じような人がダブってやらないと運営出来ない状況で、私も役を引く受けてきました。
イメージ 5

イメージ 6

 このまま、放置すれば、あと5年もすれば、(集落で地域の共同作業など出来ない)=「限界集落」⇨ そして「限界自治体」もかなりでるでしょう。

【田野畑村の行政は、戦後最低の行政かも?もっと知恵を出して、その実行をすべき!!】

 空き家、空き畑の活用などで、早急に対策を我が村も打たねばなりませんが、首長も議会も「報酬目的」なような感じが非常に強い感じを受けます。
 村長が、気迫がないから職員までも、気迫なしで、若い職員も愛想をつかして辞めてる現実。定員にもなっていないのです。ずっとそうな状況が続いてる。
 集中復興期間に財政的に有利だった、予算獲得なのに、新規事業をやらず・・。
これは、ハード、スフト事業すべてす。非常にもったいない時間を浪費したのです。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


 「将来の村を活力あるアイデア・企画を出して実行する」そういう気迫さえ感じません。
 財政事情の厳しい状況の中で、「如何に創意工夫し、実行していく」今も昔も「知恵の出し合い比べ」なのにそうした動きが全く見えない事は、非常に残念であり、ジレンマを感じます。

新年度のスタートでそういうことを危機感を強く感じています。

全国的に寒気が3日まで。ただ今列島に寒気が南下中ですーー。
【新年度スタート 全国で不安定 関東は桜になごり雪】
イメージ 3

イメージ 10

 関東以西では、各地で見ごろを迎えた平成最後の桜。色鮮やかな桜が新生活に花を添えようとしていますが、そこへ列島に南下してきた真冬並みの寒気。新年度のスタートは全国的に大気の状態が不安定。局地的にザーザー降りになったり、雷の鳴る恐れも。一方、関東では夜、北部の所々雪が降り、場所によっては桜の花びらに雪がかぶってしまうかもしれません。

開く コメント(6)

全508ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事