水生夢宿

国を守る人になろうと思う。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

このブログ(ダケじゃー無いけど)を始めて、
一時期毎日毎日書き込まないとという気持ちと、
コメントやアクセスが気になって仕方がない時期があった。

夜更かしをして睡眠時間を削って、身体を壊し直して、
パソコンをさわれなくなってから、
少し気持ちが変わった。

自分が忘れてはいけないことを、見てもらえる人に見てもらいながら
楽しもうと思っている。

それだけのことなんだけどね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昔、スイミングクラブでコーチをしていた時、
美術館やら遊園地へ行くスケジュールを組んでいた。

長野県の穂高へ合宿に行った時は、碌山美術館という可愛い美術館に行った。
なぜか心が安らかになったのを覚えている。

こんな美術館なんだけど
「碌山美術館は、日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、
一般に公開するために昭和33年4月、29万9100余人の力によって、
碌山の生地である北アルプスの麓・安曇野の真中に誕生いたしました。

 また碌山と関係の深い優れた一群の芸術家たちの作品を併せて蒐集保存し、
日本近代彫刻の流れと展開を明らかにしようと努めております。
 皆さんの力によって支えられて来たこの美術館が、更により多くの人々にとって、美を鑑賞し、
心の安らぎを得る場となるならば、これに越した喜びはございません。」

その萩原守衛さんとお友達だったのが、「知恵子抄」の高村光太郎さん
僕の前に道はなく、僕の後ろに道があるだったか、
こんなフレーズをうろ覚えで覚えていたら、
アントニオ猪木がパクって詩を作っていた。
「危ぶむなかれ ダーッ」

ロマンチィストの光太郎さんが終戦の時に作った詩に「一億の号泣」がある。


「一億の号泣」   
            高村 光太郎

綸言一たび出でて一億号泣す。

昭和二十年八月十五日正午

われ岩手花巻町の鎮守

鳥谷崎神社社務所の畳に両手をつきて

天上はるかに流れきたる

玉音の低きとどろきに五體をうたる

五體わななきてとどめあへず。

玉音ひびき終わりて又音なし

この時無声の号泣国土に起り、

普天の一億ひとしく

宸極に向かってひれ伏せるを知る。

微臣恐惶ほとんど失語す。

ただ眼を凝らしてこの事実に直接し、

苛も寸毫の曖昧模糊をゆるさざらん。

鋼鉄の武器を失へる時

精神の武器おのづから強からんとす。

真と美と至らざるなき我等が未来の文化こそ

必ずこの号泣を母胎としてその形相を孕まん。

             (昭和二十年八月十六日午前花巻にて)

真と美と至らざるなき我等が未来の文化こそ
必ずこの号泣を母胎としてその形相を孕まん。

この言葉を心に刻んでおこうと思った昨日でした。
芸術は文化の凝集ではあるなとも思ったのでした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

報道したのは良いけれど、
報道変だと思う。

アメリカが去年の中国潜水艦事件を受けて、
グァムのアンダーセン基地の軍備を強化している。
台湾は懸念を表明している。

中国の領海侵犯の意図は?
その基本的考えは?
太平洋戦争後、各自治区の侵略と21世紀の領土拡大意図は?
台湾の実質取り込みの意図強化は?

今日の小泉さんの靖国参拝に対する、
「えらいこっちゃ」という姿勢の報道は?

マスコミ曲がってんのと違うか。
杉村君茶化してる間に報道せなあかんことあるんとチャウカ!
せめて山古志は今。ぐらいは真借り報道してくれよな。

イメージ 1

イメージ 2

この子達がB・Cチームになり画像1)
この子達がAとナショナルになるでしょう。画像2)

今日から新年度へのシーズンイン。
今月は競泳練習が1Hで厳しいものになりますが、
とても頑張ってくれました。
いつもの年以上の熱気があり、これはいけるなという手ごたえ十分。

アッと言うスピードの獲得に向け著と秘密兵器あり、
今日も親父はなみはやへいく。

この子達は良いとして、平均的小学生の、
運動能力の低下は気になります。

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事