日本全国グルメ旅 和菓子・洋菓子店スイーツの名店もめぐる

こんなすばらしい、こんなおいしい名店がこんなところにも!!!

全体表示

[ リスト ]

こんばんは、今日は群馬県高崎市のガトーフェスタ ハラダ 新本館シャトー・デュ・ボヌールをご紹介します。
 
イメージ 1
 
JR高崎線新町駅より約1km、徒歩15分の中山道(国道17号線)沿いに、ガトーフェスタ ハラダ 新本館シャトー・デュ・ボヌールはあります。
 
イメージ 2
 
ガトーフェスタ ハラダは、1901年、現在同社の中山道店が位置する高崎市の新町で、和菓子店「松雪堂」として原田丑太朗氏が創業しました。1942年に法人化、1952年に「有限会社原田本店」と改称し、2003年には株式会社に改組・現社名となりました。
 
イメージ 3
 
太平洋戦争終戦後の食糧統制下にあった1946年にパン製造を開始し、更に洋菓子製造にも参入します。その後も学校給食向けパンをメインとした地場メーカーとして製造を続けます。
 
イメージ 4
 
自社のパンをさらに菓子として加工したラスクを販売していると、好評だったので「グーテ・デ・ロワ」といのブランドで2000年から発売することになります。この製品の大ヒットで全国有名百貨店への出店、催事などで洋菓子メーカーとして急成長。現在の全国展開に至っています。
 
イメージ 5
 
新本館のシャトー・デュ・ボヌール(幸福の館)は、2004年春に創業の地 新町で開店。外観はギリシャ建築風の列柱が立ち並んでいます。ラスクだけではなく、生菓子も含め洋菓子全般の製造および販売を行っています。
 
イメージ 6
 
新本館は、最寄駅であるJR高崎線新町駅から徒歩15分という場所にあり、現在では工場見学なども実施されています。
 
イメージ 7
 
ガトーフェスタ ハラダのラスクは本当に人気がありますが、この日は生菓子コーナーでチョコレートケーキを購入します。ココアスポンジにチョコ生クリームをサンド。ウォルナッツの食感がおいしかったです。
 
イメージ 8
 
群馬県高崎市の代名詞となったガトーフェスタ ハラダ。JR新町駅から本館に向かう間にタクシーの運転手さんが言っていました。「新しい洋菓子ブームがすぐに来るので、ラスクブームがいつまで続くのやら」と。新本館を見まして、ブームを突き抜けた独自の世界を創りつつもあり、今後の展開が楽しみなガトーフェスタ ハラダです。新本館一見の価値あります。
 
 
ガトーフェスタ ハラダ 新本館シャトー・デュ・ボヌール(GATEU FESTA HARADA
 
〒370−1301 群馬県高崎市新町1207
電話 0274−43−1100
営業時間 10:00〜19:00 
店休日 1月1日

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事