ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

スカパーに加入している方にしか判らないかもしれないが、スカパーの新基本パックは、受信機3台分まで同一料金となった。更に番組が3つ増えたのだが、これも嬉しい。我が家は、茶の間のテレビ(かみさん専用)私のテレビ、私のデッキの3台使っているので、この料金は願ったりである。
増えたチャンネルの中には東映チャンネルがあり、往年の東映映画や東映TV映画を放送している。高倉健、藤純子などの任侠シリーズは懐かしく見ている。

若い頃通った映画館は、殆ど東映映画は上映されず、見るには東映の封切館に行かねばならず、行った回数は数えるほどしかない。それでも小学生時代まであった地元の映画館では、美空ひばりや大川橋蔵などを見た記憶がある。

さて今回は、特集で東映テレビ映画の初回放送分の特集があった。
桃太郎侍 高橋英樹
素浪人月影兵庫 近衛十四郎
刑事くん 桜木健一
スケバン刑事 斉藤由貴
銭形平次 大川橋蔵
Gメン75 丹波哲郎
相棒〜二人だけの特命係 水谷豊
あぶない刑事 舘ひろし
非情のライセンス 天知茂
科捜研の女 沢口靖子
爆走!ドーベルマン刑事 黒沢年男
徳川女絵図 藤純子
キーハンター 丹波哲郎
特捜機動捜査隊 波島進
特捜大前線 二谷英明
さすらい刑事旅情編 宇津井健
旗本退屈男 市川右太衛門
眠狂四郎 田村正和
遠山の金さん 杉良太郎
柳生一族の陰謀 千葉真一
赤穂浪士 萬屋錦之介
大奥 栗原小巻
三匹が斬る 高橋英樹

全て録画し、資料として残している。

この記事に

外食ははずればかり

イメージ 1

またまたひどい食事。

最悪なカツ鍋膳。
近くにあるトンカツのチェーン店。
いつもは黒豚ロースカツ膳を頼むのだが、今回は煮カツだろうとロースカツ鍋膳というのを頼んだ。カツと一緒に卵がてんこ盛りで、汁気は全くなし。それでも、そんな物なのかと食べていたら、最後は焦げ付いていてパサパサ。
カミサンが「お店に聞いたほうが良いよ」というので、店長を呼んでもらったが不在。こんな感じで出している料理なら、二度と行かない。大戸屋の煮カツの方が、全然旨い。値段は半分だし。

今年に入って、はずれの料理ばかり。
浅草でのてんぷら。
ラーメン屋でのチャーハン。
又違う場所での不味いラーメン。
深大寺蕎麦。
そして昨日のロースカツ鍋。

祟られている様にはずればかりの今年。

この記事に

イメージ 1

先日久し振りに深大寺へ。
我が家から近いこともあり、昔は良くいく事が多かったが、最近は年に一度か二度。
10数年ぶりに、良く行っていた深大寺蕎麦屋に入った。
最近は行く店が違っていたので、本当に久し振りで、店が綺麗になっていたのはびっくりで、店名も変わっていた様で、何か雰囲気が違う。

カミサンは天ぷら蕎麦で、私はにしん蕎麦。
誰も居なかった店も、昼時の予約が入っていたようで、団体さんがずらりと入る。

さて、蕎麦だが、カミサンと顔を見合わせてしまう。
細麺はまるでソーメンのようで、全く旨くない。
帰り際に話を聞くと、3年前ほどに店を改装して、娘さんの旦那が作っているとのこと。だから店の名前も代わっていたと納得したが、昔は旨いと思って、何度も入った店だっただけに、とても残念。

暖かいソーメン蕎麦には参った。これで1300円払うのはなんとも悲しい。
まぁ二度と行きませんけどね。(笑)
店前の写真もあるけれど、店名がわかると申し訳ないので、載せない配慮を致します。

この記事に

ウメの海水浴

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

怖がりのウメ。
息子が、やはり怖がりのワンコのいる友人が、ワンコを海に連れていたら、とても喜んで海に入ったという話を聞いて、臆病で怖がりの我が家のウメも海に連れて行こうと言う事になった。

湘南の海岸をいろいろ探して、あまり人のいない江ノ島の見える海岸。
砂地も怖がらず、どんどん海の方に向かってくる。波打ち際でも、全く躊躇なく海に入っていく。楽しみたい。

これからの時期は海水浴客が多くなるので、人が少なくなったら又行こうと思っている。ウメ12歳、初体験の海でした。

この記事に

イメージ 1

急がねばならない。
少し早すぎる気がするけれど、間もなく来そうなその時が見えてきた。
思っていたよりは怖くはないのだが、宣告されれば、それなりに焦るのかもしれない。ただ良好な確率は、実に少ないと感じている。

時間が無いので、何から片づけるか考えてはいるが、改まって考えるのが面倒でもある。まったく普段の生活と変わらないし、逆に無駄な時間を沢山使っている。
テレビでの映画に没頭したり、今までやらなかったテレビゲームをやってみたり、更には今のうちに、いろんな人とお酒を飲む機会を増やそうとも思っている。

「逢えるじゃないか また明日」も、久しぶりに見たら100万アクセスを超えていた。今までだったら、喜んでいろいろ書くのだが、もうどうでも良い。ただし、これを機会に、終活への思いを書き続けそうだ。
まぁ、最後に皆さん、さすらいとお付き合い下さい。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事