無用之無用

日々の読書や映画、テレビのノート

全体表示

[ リスト ]

四季〜ユートピアノ〜

「四季〜ユートピアノ〜」、中尾幸世主演、佐々木昭一郎演出、NHK製作、1980

女の子(中尾)が音の記憶とともに成長し、ピアノの調律師となり、昔の記憶と出会う話。数多くの賞をとっていて知っている人は知っている作品。たしかしばらく前にNHKアーカイブスでかかったのを見たはずなのだが、どうも内容が頭に入っていなかった。今回CSの日本映画専門チャンネルでかかっていたので見た。

主演の女の子、中尾幸世がすごい。ドラマ出演は2作目で学生ということだが、圧倒的な存在感がある。表情がどんどん変わる。番組が終わった後で、出演者(中尾)、演出、撮影らスタッフの「同窓会」のビデオが放映されていたが、製作から25年以上たっているのに中尾はドラマとまるっきり雰囲気が同じ。おそるべし。

しかし出演者(主演以外はみな素人だとのこと)をここまできれいに撮るのは脚本と演出の佐々木の力だろう。ストーリーはあるのかないのか、ドラマなのかドキュメンタリーなのか、よくわからない脚本だが、それがなんともいえない味わいになっている。時間の流れを忘れさせるような作品。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今また、スカパー!やケーブルで視聴できる「日本映画専門チャンネル」で、佐々木昭一郎作品が放送されてますよ! 映像や音楽がとても綺麗で、独特の雰囲気の作品なんですよね。 今月に全16作品放送して、来年1月からも毎週放送するらしいです。 私も6月に見ましたが、また楽しもうと思ってます。 削除

2006/12/12(火) 午後 0:56 [ ゆき ] 返信する

顔アイコン

なんだか深夜帯に集中放送しているようですね。わたしはHDDレコーダにとってDVDにおとしているのでいいのですが。佐々木昭一郎のドラマは見る人を選ぶので、民放の地上波とかでかかるのは難しそうです。こういうときはスカパーに入っていて、ほんとによかったと思います。

2006/12/13(水) 午後 11:49 [ sat*n ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事