佐藤整体蘇生術院の相談コーナー

あなたの健康生活をお手伝いします。

全体表示

[ リスト ]

立位での運動例

長時間座って居てもコピー利用やトイレに行く為に立ち上がった時は筋肉を動かすチャンスで、⑤背伸びで全身を解す。両手をコピー機や壁に添え、脚を開いて背伸びして、脹脛の筋肉を動かす。更に、⑥脚横上げ運動で、お尻の筋肉を解す。この運動ではつま先が外に開くと腿の付け根に負担が掛かるので、つま先を真っ直ぐ前に向けるのがポイント。また、時間が許すなら、⑦左右に重心移動して見る。骨盤を正面に向けて行う。更に、片膝を曲げて交互に引き上げる⑧腿上げ運動も取り入れる。姿勢を保ち、膝の曲げ角度が、90度程度になるまでゆっくり上げ下ろす。デスクワークに集中する時間が続いた時に効果的なのが⑨背筋伸ばしで、椅子や壁に手を添え、脚を開いてお尻を後ろに引きながら背筋を伸ばす。自律神経を刺激し、作業効率を高める事が出来る。



http://www.sato-revive.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・気導術と東洋整体蘇生術
・血液セルフチェック
・栄養補助食品
つらい症状の改善、健康維持、予防医学へ貢献する
健康と笑顔!がモットーの
佐藤整体蘇生術院のホームページは
http://www.sato-revive.com

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事