ナザレのイエスと釈尊道元の思想の深化。日本人の知性で考える!

人類は自滅する!人口爆発で(特に、アフリカ中東・イスラム圏、テロ)!金融資本主義の暴走で(格差の拡大、無職、衆愚政治)!

全体表示

[ リスト ]

●キリスト教には、多種多様な、いろいろな信仰が含まれている。
その中で、歴史的に見て<主流・中心は贖罪信仰>である。

なぜ、小生は、贖罪信仰を受け入れることができないか?
を考えてみた。

第一は、歴史上のイエス自身は自分の十字架刑での死を、<人々のための贖罪>とは考えていない。
 ということである。
 贖罪信仰は、ペテロや弟子達の生み出した信仰であり、伝道者パウロが引継いだものである。

第二は、歴史上のイエスは<差別を生み出す>エルサレム神殿体制(社会問題)を、いのちを懸けて批判した。
 だから、その結果、支配者階級・権力階級が、邪魔なイエスを、<不当にも、殺した>。
 という<重要な事実>を隠蔽してしまう。
 
 贖罪信仰から、
 ファナティックなキリスト教は、この世の事、社会の事は関心を持たず、
 ただ、<こころの世界・罪の赦し>だけを重視する誤びょうに陥った。
 政治の世界と宗教の世界を、頭の中だけで、分離し、政治はタブーとした。


●20代の若い頃、臨済宗妙心寺派の秋月・龍「王民」(アキヅキ・リョウミン)老師に、
毎日曜、東京の自宅に通っていたが、
その時の教えで、

「禅宗の偉い坊さんがみんな先の戦争に協力をした。反対したのは誰もいない。」
「だから、<禅の境地が高い>だけでは、不十分である。」

「第二の<差別智>が必要である。社会科学の眼が重要で、現在社会を批判しなければならない。」
と何度も強調していらした。

歴史上のイエスが、当時の最大の権力、エルサレム神殿批判を行ったのと、
小生の中では、重なって理解している。

閉じる コメント(2)

アバター

はじめまして、カテゴリーから伺いました。
福音書、公生涯のイエス様は贖罪意識を感じさせないですよね。
とってもいい記事だと思います。ポチ。

2012/2/24(金) 午前 0:51 たみ 返信する

顔アイコン

イエスの神理解は「無条件にその人の存在を許す」
「そのままで受け入れる」「勿論、罪は赦す」です。
だから、<神への贖罪>など全く必要はありません。と考えます。

このような<絶対的な・無条件の神の赦し>を教えたので、殺されました。

<イエス御自身の信仰>と<歴史的・伝統的・正統的キリスト教>は分けて理解する必要があります。
そして、重要なことは後者のキリスト教が間違いということではなく、
<歴史上のイエスとは別の内容の信仰>であり、
これが、この2千年間、本当に人々を救ってきた。この事実です。
どちらの信仰を取るのかは、その人の決断です。

2012/2/24(金) 午前 8:06 [ イエスちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事