ナザレのイエスと釈尊道元の思想の深化。日本人の知性で考える!

人類は自滅する!人口爆発で(特に、アフリカ中東・イスラム圏、テロ)!金融資本主義の暴走で(格差の拡大、無職、衆愚政治)!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

★1.沈黙の春 ─ 福島原発周辺、鳥が減少
   鳥は人間に対する早期警戒システム
                 (たんぽぽ舎ボランティア 冨塚元夫)

 東京新聞2月4日朝刊に小さい囲み記事で

「福島原発周辺、鳥が減少。日米チームなど調査」
(2月3日ロンドン発共同)という記事がありました。

日米など研究チームは1986年に事故が起きたウクライナのチェルノブイリ原発と

福島第一原発の周辺で、放射性物質放出による生物への影響を調査する、、、
生息数への影響、寿命が短くなったり、オスの生殖機能が低下、脳の小さい個体
が発見。
このほかDNAの変異が上昇、昆虫の生存期間が大きく減少、云々とあります。

 この記事を見て私は、1994年に肥田俊太郎医師と斎藤紀医師が翻訳した
「死に至る虚構―国家による低線量放射線の隠ぺい」
という本を思い出しました。
カリフォルニア州サンフランシスコ近くのポイントレイズという場所の鳥類観
測所で1986年から87年にかけて、鳥類学者デサンテ博士が観測したことが第三
章『沈黙の春』に出ています。

10年来観測してきたことと違って、繁殖期の6月・7月に繁殖率が下がったのです。

さまざまな調査・研究の結果、鳥類の
減少はチェルノブイリ原発の放射性降下物が原因という結論になりました。キ
ツツキとツバメは減少しなかったのですが、それは親鳥が雛にカブトムシなど
の死骸を与えていたためで、

毛虫や幼虫を与えていたほかの鳥類は50%以上減少しました。

毛虫や幼虫は植物の新芽を食べます。

新芽に放射能があったのです。

1986年から87年にかけて生存率が極度に下がった鳥は、若鳥と年寄りの鳥
だけだったといいます。

鳥類学者は一般に≪鳥は人間に対する早期警報システムである≫といいます。

 鳥以外にも早期警報システムはあるようです。2月19日に行われたたんぽぽ
舎第24回総会で講演した菅井益郎さんは群馬県伊勢崎市の自宅の庭で異常花を
つけた小菊を発見したと写真付きで報告されました。スリーマイル原発事故の
とき周辺で発見された巨大たんぽぽなどの写真も示されました。インターネッ
トには自宅や近所で発見した異常花の報告が沢山あります。私が昨年感じたの
は蚊がほとんどいなかったことです。我が家(マンション)の裏にはどぶ川が
あるので、春から冬近くまでマンションのまわりに蚊が舞い洗濯物に蚊が付き
大変でした。市役所に連絡して年に2回殺虫剤をまいてもらっていました。そ
れが去年は全く気にならないほど見かけませんでした。

 このような現象の研究にはしっかりデータを取った体系的研究が必要と思い
ます。日米など研究チームの研究結果を注目したいと思います。しかし私たち
素人にもできることがあります。たんぽぽ舎等で長年おこなってきた「さくら
調査」です。日本全国にあるソメイヨシノは各地で調査すれば地域別の違いが
分かります(疫学調査を念頭に置く必要があります)。何もない年や場所では、
異常花は1000に2か3ですが、原発事故のあとの原発周辺では何十倍にもなる
そうです。今年は自宅近所で観察してはいかがでしょうか。     以上



たんぽぽ舎です。【TMM:No1356】
                               転送歓迎


◆ 地震と原発事故情報 その341 ◆
4つの情報をお知らせします(2月21日)

 2月20日、関西電力高浜原子力発電所3号機が定期検査で停止
 残るは東電1基、北海道電1基の計2基、全原発停止へあと一歩
  【東京電力:柏崎刈羽6号 2012年3月26日に 定検入】
  【北海道電力:泊3号 2012年4月末までに 定検入】



★1.沈黙の春 ─ 福島原発周辺、鳥が減少
   鳥は人間に対する早期警戒システム
                 (たんぽぽ舎ボランティア 冨塚元夫)
★2.「脱原発杉並デモ」に参加しました
  ─ 5,000人、手作り多し・たくさんのアイディア・デモ参加者割引き商店
                           (源八おじさん)
★3.<テント日誌 2/19(日)>
    週明けの攻防戦を前にした日曜夜の霞ヶ関
    ―― 経産省前テントひろば 162日目 ――
★4.イベントのおさそい
  ◇第2回グリーンズカフェ東京「脱原発への道・ドイツツアー報告会」
  2月22日(水)午後7時から、スペースたんぽぽ、参加費500円
  ◇江東上映会 映画「第4の革命」
  3月11日(日)14:30分上映開始、亀戸駅ビル・アトレ7階

開く コメント(0)

カント哲学の学徒だった<明晰な頭脳で>
自分の戦争体験を、分析、施策して、
戦後、自分の体験を訴え、反戦運動を進めていらっしゃった。
小生も、3度お話を伺った。この生き方は素晴らしいです。

これが本当の日本人であると、小生は考えます。

前回、紹介した<横浜・証言集会>で、発売する筈です。いつも発売していましたので。

=====(引用)====================
Aです。
絵鳩さんの三部作が完成しました。
まだの方はぜひお買い求めくださいませ。


絵鳩毅さんの手記、完成のお知らせです。
https://docs.google.com/viewer?url=http://kanagawa.uketugu.org/uketugu-kanagawa/uketugu-kanagawa/ebato3.pdf
好評販売中

現役の証言者=絵鳩毅さん(98才)の手記
(戦争体験から、シベリア抑留を経て、撫順戦犯管理所から帰国まで15年間の手記が完成しました。)

「撫順戦犯管理所の6年」(第1作)2010年3月1日発刊 A4版64ページ
「シベリア抑留の5年」(第2作)2010年11月7日発刊 A4版68ページ
「皇軍兵士の4年」(第3作)2011年9月25日発刊 A4版73ページ

・各冊400円 ・3部作1セット1000円 (各送料別)(10部以上は発行者負担)
ご希望の方は下記へ 注文内容(各冊毎ごと部数、またはセット数)及び送付先(〒、住所、氏名、筺砲魑入の上、FAX、またはメールでご連絡ください。

発行者 松山 FAX(箏麝僉046-871-4263 アドレス kan.mat.hid@tbc.t-com.ne.jp

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事