さて今日は何をしよう?

8ヶ月deたっちぽんが大好きなこいちゃんです。

毎日のこと

[ リスト | 詳細 ]

日々の小さな楽しみとぼやき…。
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

お昼はジャージャー麺〜♪
トマト抜き、豆板醤入りで大人向け。夏はこれですね〜^^



北大阪生まれの私ですが、どっぷり大阪って訳でもないので、
自分がどれだけ大阪弁な奴なのか?分かっていません。
この頃、娘たちをビデオに撮っていると、自分の声が入ります。
先日の海遊館、タッチプールにて、
  
まま:サメ触ってみぃ、どーお〜?

むすめ:うーわっ?なんやこれ〜?
  
まま:ザラザラするやろ〜?
  んじゃ、エイは〜?

むすめ:ああーーめっちゃツルツルや〜!

後で聞くと、なんやのん?めっちゃ大阪弁やん?

小学校に入った途端、娘がきたない言葉を使うようになって…とママ友と喋ってたけど、
”めっちゃ”、”むっさ”、使ってるん私やん?
  あかんな〜(^^;;

言葉が出始めた頃、言葉に”やー”が勢いよく付いていたのを、(ワンワンやー!くるまやー!)
まだ喋らないと思われるちびっこい赤ちゃんが大阪弁なんで、大人気だったりしてたなぁ。

今や、世間話が大人と出来ちゃう大阪のおばちゃんっぽい娘ですが、
先日、新しく大阪弁を入手しました。

”こいちゃん”です。

私の友人のあだ名なんですが、
「名前に関係ないのに、なんでこいちゃんなん?」
ってギモンを持ったようで…

いとはん、こいさんと言うのは、大阪の使用人がいるような大きめのお家で、
その家のお嬢さんって意味合いです。(いとさんは長女、こいさんは、末娘。)
    googleってみたら、こいさんが、
    ”小さいいとさん=こいとさん”から来ているってはじめて知りました。


「じゃあ、私が いとちゃんで、妹は こいちゃん。よいなぁ…うふふ〜^^」
とニコニコしています。

良家のご令嬢ではございませんが、しばらく呼んでみることにします。

「ちょっと いとちゃん、 いらんことしとらんと ちゃっちゃとしまっとき!」

うーん。ドラマばりでんな(^^;;

開く コメント(5)

とびひ発生

イメージ 1

お昼ご飯をこんなので済まして、母乳は大丈夫なんだろか?
長女→次女ベビー→で風邪を貰ってノドが痛いです。夏風邪ってツライなぁ。

ややこしちゃんの細々ケアをちょっとサボっていたら、

『ママ〜
もう一つ皮めくれた…。』

どれどれ?
ん?とびひやん?
ん?こっちもやん?
ええーーー、とびひだらけやん!!!

ママが悪かったわ。

昨夜早く寝かせること考えてたら、処置してやるのをすっかり忘れてた。

とびひは細菌性の疾患で抗体が出来ないけど、抗生剤はだいだい効くわけで、早々に医者に連れて行かないと…

なのに、強情な娘は午後遊んでからとゴネゴネ。。
気づくのが遅かったママが悪い。
と、思ったけど、
何だか、やりとりを振り返って思えば、
不注意で怪我したと思い、怪我をしていることを怒られるから黙ってたんだわ。
以前は、何でも逐一報告してくれていたのに。

カサブタをとっちゃダメ!
虫さされ痕を掻いちゃダメ!
って言い過ぎたし。何故ダメなのかをちゃんと説明してなかったしなぁ。

夏らしいけど、包帯ぐるぐるで暑い上に、プールに入れない拷問みたいな疾患です。
夏休み始まった日になるとは…
ごめーん!

開く コメント(0)

おっぱいの顔

イメージ 1

小さいおまんじゅうがおっぱいに見えます(*^^*)
顔にすると…アンパンマンかも。

ママの顔、赤ちゃんから見るとおっぱいの顔。
おっぱいの顔をいち早く認識するようになり、他の人は おっぱいじゃない奴。
赤ちゃんだけでなく、おっぱいじゃない奴らまで ママ=おっぱいと思うようになってきます。
でも待って、ママは赤ちゃんの付帯物ではないのです。




産後にブルーになるのはホルモンのせいなのに、
理解して貰うのは難しい。
6年前は産後鬱って そんなに一般に認識されていなくて、
夫・実母もそんなこと思ってもみなかったと思います。
私の場合は、産後でなくても問題があったことは後で分かったのですが。

今回はまだ大丈夫。
でも、ちょうど2ヶ月くらいは一人目の時も大丈夫だったのです。
4ヶ月には娘を全くかわいいと思えなくなり、そのときの絶望感というか、
虚無感を未だ覚えています。それから数年の私の不調はたぶんここからはじまっていたのでしょう。

 さっき授乳したばかりの赤ちゃんが泣いていたら、おっぱい欲しいんじゃない?
 栄養を吸い取られてか、睡眠不足なのか、おっぱい以外は骸骨みたいに痩せて、
 そんなんじゃ、お乳がでなくなる、ちゃんと食べているの?と言われ、
 またおっぱいか…誰も私の心配をしない。
 赤ちゃんも、夫も、実家の者も、私を必要としているって訳じゃない。
 私はおっぱいが無かったら、居なくてもいいんじゃないか?
 赤ちゃんが泣いているのは、私に不足があるからなんだ。 

ホルモンってホントやっかいです。
妊婦の間の幸福感も、あのブルーも、ホルモンに操られているんです。
ネジが抜けたのほほん妊婦に戻りたい(笑)
今回は難なく乗り切りたいなぁ…。。

開く コメント(4)

生まれたよ♪

イメージ 1

パンパンのオナカとアバラの痛みに、早く出てきて欲しい〜とも思います。
同時に妊娠中期から後期のオナカの人との日々はとても幸せで、
このままずっと入っていて欲しいなぁ…と思うのです。
でも、予定日より早く、入学式よりも早くにその日はやってきました。

一人目のときには、予定日を過ぎ、
私の小さい骨盤に対して赤ちゃんの頭が大きくなってきて、
経膣で産めない危険が迫り、計画分娩になりました。
分娩自体は自分にとっては大変なものでしたが、
産院へ痛くも何ともない状態で行って入院したので、
自分で判断して入院する通常のお産を知らないの。
陣痛が来たら、破水したら、どうしたらいいのか分からない初産と一緒です。

今回は自然分娩を経験できました。
面白い程、本などに書かれている通りに進むのです。
前々日くらいから、本格的に前陣痛が来て、
おりものが増え、おしるしの出血があり、
だんだん陣痛が強く、長く、間隔も縮まり…。
その間も気持ちを落ち着け、ゆったり過ごします。
マタニティヨガに少し参加して呼吸法を習ったのが大きい気がします。
この陣痛の間に、イテテ…と言いつつ、娘とピザを焼き、
10分間隔の合間に昼寝をして…と自宅でゆっくり過ごせました。
横になっていたら、胎動と伴にプツンって感覚がして、痛みが強くなり入院しました。
破水してたんですね。
分娩の段になって、
呼吸を整えて上手に陣痛を乗り切ると、
かえって波が弱まってしまうことに気づいたは良いけれど、
なかなか痛みと向き合うことが出来なくて、そこからが長くて痛くて大変。
自分で出すしかない。とやっと覚悟が出来て産めた感じがします。


年齢と筋腫と一人目からの間隔も開いているからか、
一人目よりも更にするっと出てくることはなくて、下がって来なくて相当に力が要りました。
いきみ終了後、つるんと出るはずの赤ちゃん、
ところが骨盤が小さいので、出てくるのを待つ…その間、悶絶しました。
ぎゅっとコンパクトに畳まれて出てきているのをあり得ない痛みの中でぼんやりと見て(メガネしてませんので)、
こんな狭いところから頑張って出てきてくれてるんだなぁ…
とか思える、どこか余裕があったのは、ヨガのおかげです。
コントロールし過ぎて、陣痛が弱まる事態になったりしましたが、
気持ちを落ち着け、パニックにならずに集中できたことが何よりでした。
(あ、でも、痛くて叫びました…^^;;それを外で聞いた娘が泣いてしまいました。

カンガルーケアで赤ちゃんを抱っこした後、
部屋で一人で眠る時、
一人目はペッタンコのオナカを感じて泣いた私でしたが、
無事に出てきてくれたことに感謝し、
今回は、とても幸せな気持ちで横になりました。
翌日は、全身の筋肉痛で泣きましたが(笑)

お姉ちゃんに瓜二つ。
何しろかわいいと思えます。
私が成長したのを感じます。


ママのところに来てくれてありがとう。

開く コメント(4)

こっこ@臨月。
オナカが張り易い妊婦って、日常生活も制限されたり、張り止めで動悸はするし、
結構なんにもできないのですが、
産み月に入ったら、動いてね〜って言われるのです、急にね。
で、OKでたことだし、
マタニティ・ヨガに参加してみました。我流ヨガを卒業です(^−^)
先生も妊婦という、のんびりした雰囲気で、
呼吸と気持ちを整えていく感じがとても心地よいです。

テキトウにしていたヨガポーズ、結構良い感じでした。
でも、参加して思ったのは、
先生の声に合わせて、吸って・吐いて…と呼吸する、
そのタイミングと、体を解していく時間、雰囲気がリラックスにつながっているんだな〜と。

先生の声聞いて、ごろーんと転がってたら、すぐ寝てしまいそうなのに、
一人で復習していると、なかなか寝てしまうなんてならないもんね。



今回の私は、仕事の内容もだけれど、通勤も運動量が少なく、
娘がいるので、その分の世話と家事の量が違いますが…
テクテク歩いて通勤、残業もしてた以前とは、全く違ってのんびり。
だから、
突然、体を動かしたり、ほぐしたりすると…
もみ興しの筋肉痛で、翌日動けなくなるだろうな〜と思ってたら、その通りになりました。
フラフラです。帰ってきた夫に八つ当たりしてしまいました。。
リラックス…どこへやら。。

開く コメント(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事